カテゴリー「ドラマCD」の記事

2009/10/13

CD「執事様のお気に入り」

CD執事様のお気に入り

CD執事様のお気に入り(2)

CD執事様のお気に入り(3)

 コミックを買った後でCDが出てるのに気づきました(^^;)。
 しかも、伯王役が櫻井孝宏さんってのが……めちゃ笑えました。

 や、笑えるって言っても、似合わないっていう訳じゃなくて、単に個人的に魔王陛下のイメージが抜けないだけなんですが(^^;)。
 だって、理皇役が斎賀みつきさんなんだもん(笑)。連想するなって方が無理でしょ(^^;)。

 そうそう、原作ではあまり出番のない仙堂くん(Vo.平川大輔さん)だけど、CDだとけっこうあれこれ出番があって楽しいです☆
 次期寮長決定戦なんて、原作にはない話がボーナストラックになってて、仙堂くん出まくりですもんねぇ。

 あ、ヒロインを忘れてた(笑)。
 良(折笠富美子さん)も薫子さん(今野宏美さん)も、二人ともども、イメージぴったりで、全然違和感なかったです☆
 おっと、向坂さん(遊佐浩二さん)も忘れちゃいけない(^^;)。いやー、策士って感じがすっごくいいです(笑)。
 ぜひぜひ、原作通りCD第4弾か第5弾に再登場して欲しいですね☆
 6巻でアル君の執事してた向坂さんは、メチャカッコよかったですもん。
 特にアル君を諦めさせるあたりなんか、甘やかすだけじゃなく、主人のためならばときに執事は主人の意に反することもするのだとよくわかりましたし。
 いえ、もちろんメインは騙された伯王の大使館での台詞ですけど~♪(^^;)

 とりあえず第4弾出てくれるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/17

CD「鍵のありか」

CD鍵のありかCD鍵のありか
(きたざわ尋子/リンクスロマンス/幻冬舎(2008/5/25))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 シリーズは完結してますが、最初の「鍵のかたち」の完結編です。
 まだこちらでは竹中が悪役のまま(笑)。
 実浩は最初から雅人以外見ることはないのに、そこらへん、わかってるんだかわかってないんだか?

 わかってるようで、わかってなかったんでしょうね。
 でなかったら、「参戦」なんて言えるはずもなく。
 だって、逆の立場なら、竹中は久貴をとられるような真似をするかしらん?
 つか、久貴が竹中以外になびくわけないでしょうし、邪魔者はすべて排除するでしょう、うん。

 知らないって、怖いなぁ(笑)。

 で、肝心の主役カップルですが。
 うん、雅人の嫉妬深さが段違いに上がってますねぇ☆
 逆に実浩はオトナっぽくなったかな。
 演出じゃ「はかなげに!」と言われたみたいですけど、「はかない」というより、「綺麗」になったんじゃないかな?
 だからこそ、竹中にコンプレックスの雅人は気が気じゃなくて囲い込みに入ったんでしょうけれど(^^;)。

 だがしかしCD中、原作のラストが省略されたのは、ちょっと、いや、すっごく不満なんだけど~(-"-;)。
 実浩の会社の社長たちに、絵里加の結婚式で雅人と実浩がそれとなく出会ったことにしたことや、そのあとのつきあいとか、実浩の独白で終わらせてくれちゃって……ううっ、そこらへん楽しみだったのにぃ~~。

 さて、「鍵」はこれで完結しましたが、「部屋」の方はまだ「部屋の明かりを消して」と「部屋は夜明けに眠る」があります☆
 こっちもCD化されるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/09

CD「両手に君の告白を」
-その指だけが知っている4

CD両手に君の告白を<br />
-その指だけが知っている4CD両手に君の告白を
-その指だけが知っている4

(神奈木智/CharaCDコレクション/徳間書店(2007/11/30))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 ふっふっふ~~。原作3巻の後半に収録されてるお話です。
 3巻は「くすり指は沈黙する」と「両手に君の告白を」とはほぼ同じ分量(^^;)なんで、3がCD化されたとき、収録されてなくって哀しかったんですよね。
 CD化ばんざいっ!\(^o^)/です。
 しかも今回のCDジャケット、CD3の裏イラストだわ☆
 つか、元々原作3巻のカラー扉表なんですけどね(^^)。で、今回の裏イラストは、カラー扉裏……ふっふっふ~~~♪
 あー、でもどうせなら、2巻の沖縄編もCD化して欲しかったなぁ……。

 さて、今回の目玉は初登場の架月祥平氏でしょう☆
 思っていたより低めの声(小西克幸さん)で、原作以上に全編で悪役の雰囲気丸出しです(笑)。
 あ、小西さんといえば、CD「恋愛操作」の奥村役では役柄より若めでしたけど、この祥平役は、年齢ぴったり(笑)。
 悪役なのもぴったり(笑)。

 主役二人は、相変わらず初々しくてまっすぐで、そのくせラブラブですっごく幸せ~~o(^o^)o。

 ……正直、4巻のラストが辛いまんま生殺し状態なので、ちょっと救われたかも……(;_;)。
 あ。今気づいた。原作4巻てば、カラー扉が1枚しかなかったんだ~~……1~3巻は両面カラー扉なのに、なんか損した気分……orz

 あら、ラスト近くで、悪役舞衣ちゃんが泣きながらオークションに戻ってくるシーン、削られてる。
 ま、あの娘は悪役のまんま終わってもいいや。
 知らないからとはいえ、さんざん傲慢な台詞吐いてくれましたからね。ふんっ(-"-メ)。

 3巻がCD化されたってことは、4巻も、続いて(完結編?の)5巻もCD化されるのかな?
 ここでわざわざ祥平を出したってことは、そーゆーことよねっ♪

 それよりなにより、5巻、早く出して下さい~~。
 もう生殺しはいやです~~~~~o(T^T)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/01

CD「豪華客船で恋は始まる5」

CD「豪華客船で恋は始まる5」CD「豪華客船で恋は始まる5」
(水上ルイ/CEL/リブレ出版(2007/10/31))
原作や既刊CDについてはこちらをご覧ください☆
 ビブロスがリブレとリニューアルしてから初めてのシリーズ新譜です☆
 やー、ビブロスが倒産したときは原作ともどもどうなるのかとすっごく気を揉みましたが、CDも無事に(キャスト変更せずに)原作に引き続き出てくれて、とっても感無量です☆

 さてさて、5は「無人島漂流編」ですけれど、これも王道ネタ、ですよね~。
 ……に、しても、あのー、聴いてて恥ずかしかったです(^^;)。
 いや、原作が元々デロ甘なんですが、CDは輪を掛けてるってゆーか、過激さ200%ってゆーか(笑)。
 シチュエーション的にはシリアスな話のはずなんですけど、ねぇ(^^;)。
 本編でも声優の皆さんがメチャ楽しそうです。
 子安さんも一条さんも、そこかしこで遊んでる~~(笑)。

 余談なんですが、途中、湊が某NHKアニメ主役にダブって聞こえてしまい、参りました(^^;)。
 まぁ、ある意味すっごく美味しかったんですが(^^;)、ご本人以外は他キャストがまったくかぶらないので、ほんとにちょこっとだけね(笑)。
 あ、もちろんダブって聞こえたのは、ラブシーンじゃなくって遭難シーンやシリアスシーンです(^^;)。
 σ(^^;)はBLじゃない作品にBLテイストは感じない人なんで(笑)、そーゆーシーンは逆に湊以外には聞こえない、うん。

 あ、そーだ。声優さんといえば、今回、檜山さんがめちゃワイルドでよかったです☆
 今までどっちかっていうと美人(受)役が多かった方(笑)なので、聴いててすっごく楽しかったです♪

 もうもう、すっごく楽しいCDでした。
 CD全体としても、今回は2枚組だったんですよね。
 1枚目が本編で、2枚目はボーナストラック「セルジオ・バルジーニ氏の休日」と、1枚分の値段で2度美味しい、メチャクチャ得した気分でした♪
 特に2枚目は書き下ろしだったんですが、若本さんってばノリすぎっ!(笑)
 今までもノリノリのセルジオパパですが、若本さんじゃなかったら、こんなに印象なかったかも?
 
 さて、これで原作全部CD化されちゃったので、当分CDは出ません。
 あーあ、早く本編新作が出ないかなぁ。
 あ、外伝でもいいな(笑)。ジブラル×フランツが聴きたいもんっ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/18

CD「あなたの隣に座らせて」
CD「恋愛操作」

CDあなたの隣に座らせて CD恋愛操作
CDあなたの隣に座らせて CD恋愛操作
原作についてはこちらをご覧ください
 買ったまま聞くのを忘れていました(^^;)。  ていうか、実は「恋愛操作」のCDが先に出てたのに買ってないかったのに気づかなくって(^^;)、追っかけで発注したりしたもんで~。

 てなわけで?、同時入手だったので、原作の発行順通りに聴きました。

 えー、まず、聴いて驚きました(^^;)。
 いや、ドラマCDはいつも先入観を抱かずに聴くことにしてるんですけど、馴染みの声優さんが攻受逆転(^^;)するのは、やはりそれなりにびっくりします(笑)。
 BLでそれを言っても始まらないことは重々承知なんですけどね~(^^;)。
 今回は2枚とも、だったりするので(^^;)。

 さて、まず「あなた……」ですが、なんといっても亜澄くんが可愛かったです☆
 信仁役の石川英郎さんも男らしくてカッコよかったし☆
 まさしく原作通りで、つい、コミック開きながら聴いちゃいました☆

 続いて「恋愛操作」
 原作は2巻出てますけど、内容は1巻目☆
 山代啓役は成田剣さんなんですが、原作より男らしかったです(^^;)。
 原作はモロに美人~☆って感じなんですが、成田さんはいつもとトーンを変えてないので、第一声でちょっと驚きました。
 でも、聴いてるうちに、「うん、こーゆーのもありかも♪」と馴染んじゃいました☆
 ただ、奥村(小西克幸さん)と啓が同年代に聞こえてしまって、ちょっと残念。
 だって、原作じゃけっこう年の差があるカップルなんだもん……(^^;)。
 あ、そうそう、実は(アフレコレポートにもありますが)成田さんって、小西さんより(かなり(^^;))年上だったりするんですよ~(笑)。

 その、奥村役の小西さん、「今日からマ王!」の勝利お兄ちゃんなんですが、最初そうと気づきませんでした。
 あのお兄ちゃん、かなり印象的だったのに、変わるもんですね~。

 肝心の内容ですが、原作より(^^;)「大人の男同士」っぽくて良かったです(^^;)。
 や、原作が物足りないって訳じゃなくて、別の意味で美味しかったって感じ☆

 あ、この「恋愛操作」、神谷裕史さんが出てるんですが、復帰第1作だったみたいです。
 ホント、元気な声が聴けてよかったです~。
「恋愛操作2」もCD化されるといいなぁ☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/09

CD「真夜中の部屋で」

CD真夜中の部屋でCD真夜中の部屋で
(きたざわ尋子/リンクスロマンス/幻冬舎(2007/8/25))
シリーズ既刊についてはこちらをご覧ください☆
 お久しぶり~。大会明けから1週間、やっと日常が返ってきました。

 というわけで、大会前に発売されたCD「週末の部屋で」シリーズ2枚目です。
 原作通りに、1巻(枚)目ではまだまだな二人が、より親密に~~って王道ですね☆
 しかも、攻氏が実はかなり嫉妬妬きのワガママ王様だった、ってのは王道の王道(笑)です♪
 そのうえ、ドラマCDで聴くと、一段と艶っぽさが増して……♪o(^o^)o
 ドラマCD好きとしてはとっても美味しい1枚ですね☆

 さて、今回は久貴が襲われるお話なんですが、やー、犯人の大野教授ってば、ほんっと悪人!(笑)
 でも、ホントの悪人は竹中かも? 口調は丁寧なのに態度がモロ王様で、慇懃無礼を地でいきますし(笑)。
 ドラマCD聴いてると特にそう思います。
 だって、それでいて一番美味しいトコ持ってくし~~~♪ ねぇ?o(^o^)o
 や、久貴が優柔不断なのがいけないんだけど。もう少ししっかりしてたら、あんなことにもこんなことにも、この先もならないはずだもん(笑)。
 けどまぁ、そんな彼だからこそ竹中は久貴に参ってしまっているのかも?(笑)

 実を言うと、竹中役の賢雄さんって、某アニメの熱血正義感のイメージがすっごく強かったんですよね。
 だから竹中役はちょっと意外だったけど、ラブシーンはらしくっていい☆
 あ、でも、冷静に冷ややかにドスきかせるところは、熱血らしくない冷酷悪役っぽくて竹中にピッタリ~♪(笑)
 うーん、やっぱり賢雄さんは賢雄さんだわ☆o(^o^)o☆

 声優さんといえば、久貴役の鈴木千尋さん。
 私には「春抱き」の沢雪人役がお初なんですが、声変わんないですね~。
 鈴木さんは「胸騒ぎシリーズ」で眼鏡の委員長・一秀役をやってて、そのときもそう思いましたが、7年も経ってて声質が変わらないのは嬉しいです☆
 原作シリーズは、「鍵のかたち」の続きが1冊、「週末の部屋で」の続きがあと2冊ありますから、ぜひぜひCDも続きを出して欲しいものです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/23

見つめていたい

見つめていたい見つめていたい
(きたざわ尋子/花丸文庫/白泉社(2007/7/20))
※きたざわさんの既刊については、目次ページの「きたざわ尋子」さんを参照してください☆
 1巻「いとしさは罪じゃない」の奥付が「1999/2/25」ですから、あしかけ9年……(^^;)。
 シリーズ既刊(といっても、1巻と2巻以降で主役は違うけど(^^;))合計11冊!の長期シリーズです。

 正直、まさか続きが出るとは思いませんでした(笑)。
 だって、前巻(10巻)出たのは「2006/2/25」でしたもの(^^;)。
 てっきり10巻で完結……かなぁ、と思っていました。
 それでもタイトル(と挿絵)から、「あ、続き出るんだ」と購入リストに入れた私。
 う~、つくづくシリーズに弱いわ……σ(^^;)。

 でも買って良かった~~!o(^o^)oふっふっふ☆
 まさかまさか、11巻目にして馴れ初めネタが出るとは思いませんでした♪
 やっぱ片瀬ってばヤキモチ妬き~~☆
 端から見てると丸わかりなんだけど、そのあたりを深里がわからないのは、片瀬に近すぎるせいなのか、片瀬が一枚上手なのか。
 たぶん後者なんだろうなぁ(^^;)。

 ドラマCDも続きが出てくれるといいなぁ♪

【シリーズ既刊】
いとしさは罪じゃないだまされたいでも素直じゃいられないふらちに落ちたいその気にさせたい
腕の中で溺れたい唇でとかしたい壊れるほど愛したい焦らされたい追いつめたい
【ドラマCD】
CD だまされたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/26

冬の蝉マキシCD【初回限定版】

冬の蝉マキシCD冬の蝉マキシCD【初回限定版】
(新田祐克/リブレ出版/アミューズソフトエンタティメント(2007/1/26))
※原作既刊については、目次ページの「新田祐克」さんを参照してくださいね☆
 OVA「冬の蝉」のテーマソングCDです☆
 歌ってるのは岩城京介(CV:森川智之)とゆー、とっても美味しい?CDだったりします。
 でも、テーマソングの「冬の蝉」って、実はさだまさし作詞作曲、なんですよね。
 そもそも「冬の蝉」は、新田さんがさださんの曲からイメージして作った話だそうです。
 ……CD買うまで、↑は知りませんでした(^^;)。
 実を言うと、唄よりもオマケDVD目当てだったもんで(^^;)ゞ

 で、このさださんの「冬の蝉」、今回のOVA化にあたってさださんに曲使用の許諾をお願いしたところ、ご快諾いただいたそうで、かくてめでたく岩城(森川)さんが唄っていただけることになった、ということだそうです。
 元のさださんヴァージョンを聴いてないから、なんとも言えないんですが、ホント「さだ」さんっぽい曲だと思います。
 これがEDかぁ……o(*^o^*)o

 OPの「華百景」インストゥルメンタルですが、1分くらいしかないのがもったいないくらい、とてもよい曲だと思います。

 OVA観るのが楽しみっ!o(^o^)○♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/05

CD「春を抱いていた7」

CD春を抱いていた7CD春を抱いていた7
(新田祐克/リブレ出版/インターコミュニケーションズ(2007/1/26))
※既刊については、目次ページの「新田祐克」さんを参照してくださいね☆
 ……1年ぶりの「春抱きCD」です。いろいろあってやっと聴けました……orz
 前回6がビブロス倒産の直前だったから、一時はどうなるかと思いましたが、出てくれて感無量! です☆

 さてさて、今回のCDの内容は「7巻」をまるごと収録♪
 あ、とはいえ、さすがにラストのEISWEINは(時間制限的に?)入れられなかったみたいで、残念。
 好きな話だったんだけどなぁ。

 原作7巻は割と現実の既存番組(某とん○るず(笑)とか某み○もんた(笑)とか筋○番付(笑))が出てきてるんでどうするかと思いましたが、筋肉番付以外はさらっとスルーしてくれました(^^;)。
 でもうーん、「実食!」は聴いてみたかったかも?(笑)
 コミック初版が2003年9月で、もう4年も経ってんだから、出しても別段問題な……あるか(^^;)。

 しっかし、あそこまでリアルに演っちゃっていーんですか~~~~~?(^^;)>森川さん
 や、まぁ、演ってる方はメチャ楽しかったんでしょうが(^^;)……音声のみ聴いてるこっちは……ii|||orz
 ……今回のCDは絶対真っ暗な部屋でお布団かぶった中で聴くべきでしょうね……。
 決して皓々と明かりの点く場所で聴いてはいけません。
 えぇえぇ、ウォークマンで聴くなどもってのほか! です……。

 それにしても、CDのラストが「あらかじめ失うべき存在」。
 ……ボーナストラックですか、これ(笑)。

 さて横恋慕男・宮坂ですが、キャスティングが鳥海浩輔さんだったのは意外でした。
恋する暴君」の森永役のイメージが強かったのかなぁ(^^;)。
 次回、つまり8巻以降に岩城を脅す役柄なんですから、それなりの悪役声で聴きたいなぁと(^^;)。
 ホントは小野塚の方がワルなんだけど。
 でも、小野塚役の遊佐さんは『PREMIERE』で共演済だからか、なんか慣れてる雰囲気?です。
 まぁ、今回鳥海さんは春抱き初出演ですから、次回以降に期待~♪

 しかし、某単語、そんなに言いにくいかな?(^^;)>フリートーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/27

CD「仮面侯爵に囚われて」

CD仮面侯爵に囚われてCD仮面侯爵に囚われて
(真船るのあ/小学館/フィフスアベニュー(2007/1/25))
※原作については、目次ページの「真船るのあ」さんで「ときめき古城ロマンス」を参照してくださいね☆
 CD「伯爵はラブゲームがお好き」のCD第2弾で~す☆
 舞台はフランスですけど、このお話はシリーズ4冊中、唯一の日本人カップルです(笑)。
 あ、ついでに唯一の高校生カップルでもあるか(^^;)。

 そうそう、今回キャスト見てぶっ飛びました(笑)。
 だって、前回千裕(受)役演った岸尾さんが今回は慧史(攻)役なんですから~☆
 今までが大人×高校生で、今回が高校生カップルだから、かな?
 つか、ひさびさの学園モノ~~~っ♪るんっ☆
 ここんとこ大人の話ばっかりだったけど、学園モノはやっぱいい~~☆p(^o^)q☆

 原作と同じく、CDでも陽太がやんちゃな男の子してるのがいいですねぇ。
 さすがに慧史にヘビースモーカーとのエピソードがなかったのが、残念といえば残念です。
 あと、「おまえには、僕がいるだろう」のシーンのラストで、慧史がぼそっと呟いた、
「もっと早く言え」
 これが入ってなかったのが寂しい。
 CDのジャケット裏にもこのシーンの挿絵が使われてんのに。
 一番好きな台詞だったのに~。

 さて、CD第3弾はいつ出るかなっ?☆
 それにつけても、パレット文庫が休刊になったのが、返す返すも寂しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)