カテゴリー「コミック」の記事

2009/10/14

ひみつの姫君 うわさの王子

(可歌まと/花ゆめコミックス/白泉社)

ひみつの姫君うわさの王子(1)

ひみつの姫君うわさの王子(2)
 えーと、少女マンガ続きですね。
 でも実はこの2冊。完璧に青田買いで買いました(笑)。
 ネットカフェでLaLa本誌を読んで、たまたま載ってた読み切りの作者が可歌さんだったんです。
 で、それがとても面白かったので、コミックが出てるというので買ってみました。

 えぇ、やはり面白かったです☆ふふっ。
 だってやっぱり「ヒロインを猫可愛がりする王子さま」なんだもんねー(^^;)。

 まだたぶん新人さん?なんだと思います。
 でも、そういうのって関係ないんだなぁとしみじみ思っちゃった。
 だって「うわさの姫子」なんて、パースは粗いわ、ファッションセンスないわ、小学生が無人島で遭難したり話自体が荒唐無稽だわと、物凄くとんでもなかったけど、今読んでも面白いもんねー(^^)v(いや、比べたらどっちにも失礼なのはわかってますけど)。

 LaLa本誌の読み切りも連載になったみたいで、これから楽しみな作家さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/13

CD「執事様のお気に入り」

CD執事様のお気に入り

CD執事様のお気に入り(2)

CD執事様のお気に入り(3)

 コミックを買った後でCDが出てるのに気づきました(^^;)。
 しかも、伯王役が櫻井孝宏さんってのが……めちゃ笑えました。

 や、笑えるって言っても、似合わないっていう訳じゃなくて、単に個人的に魔王陛下のイメージが抜けないだけなんですが(^^;)。
 だって、理皇役が斎賀みつきさんなんだもん(笑)。連想するなって方が無理でしょ(^^;)。

 そうそう、原作ではあまり出番のない仙堂くん(Vo.平川大輔さん)だけど、CDだとけっこうあれこれ出番があって楽しいです☆
 次期寮長決定戦なんて、原作にはない話がボーナストラックになってて、仙堂くん出まくりですもんねぇ。

 あ、ヒロインを忘れてた(笑)。
 良(折笠富美子さん)も薫子さん(今野宏美さん)も、二人ともども、イメージぴったりで、全然違和感なかったです☆
 おっと、向坂さん(遊佐浩二さん)も忘れちゃいけない(^^;)。いやー、策士って感じがすっごくいいです(笑)。
 ぜひぜひ、原作通りCD第4弾か第5弾に再登場して欲しいですね☆
 6巻でアル君の執事してた向坂さんは、メチャカッコよかったですもん。
 特にアル君を諦めさせるあたりなんか、甘やかすだけじゃなく、主人のためならばときに執事は主人の意に反することもするのだとよくわかりましたし。
 いえ、もちろんメインは騙された伯王の大使館での台詞ですけど~♪(^^;)

 とりあえず第4弾出てくれるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/12

執事様のお気に入り

執事様のお気に入り(1)執事様のお気に入り(1)
(伊沢玲/花ゆめコミックス/白泉社)
執事様のお気に入り(2)
執事様の
お気に入り(2)
執事様のお気に入り(3)
執事様の
お気に入り(3)
執事様のお気に入り(4)
執事様の
お気に入り(4)
執事様のお気に入り(5)
執事様の
お気に入り(5)
執事様のお気に入り(6)
執事様の
お気に入り(6)

 えー、決して「メイ執」にハマッたからではないのですが……。
 まぁ、きっかけになったことは確か、ですね(笑)。

 いや、ホントはね、行きつけのネットカフェになかったんですよ、コレ。
 で、最寄りの駅ビルの書店に行ったらなぜか5冊揃ってありまして(^^;)。
 絵柄も悪くなかったし、こりゃ「買ってくれ」と言われてるようなもんかと思い、大人買いしました(笑)。

 結論としては、私の本に関する食指はいつも正しいなぁと(^^;)。
 うん、呼ばれるんですよね、指が。で、気がつくとレジに立ってる(笑)。

 そしてやっぱりヒロインを猫可愛がりする彼氏(^^;)。
 だ・か・ら……弱いんだってば(笑)。

 まぁ、これに出てくる執事は同級生なので、「メイ執」ほどはぐだぐだしてません(笑)。
 だがしかし、専属になるのはLクラスの「女生徒」だけ、なんだろうか?(^^;)
 坊ちゃん付きの執事がいたっておかしくない(事実伯王の弟理皇には桐生さんという執事がついている(^^;))わけだし?
 Lクラスの男子生徒にも「誓いの言葉」をやるのかしら?
 ……いや私は普通の少女マンガではBL的妄想はしませんが。想像してちょっと笑ってしまった。

 それにしても、このマンガに出てくるお菓子は毎回毎回物凄く美味しそうですo(^Q^)o
 先日など、やたらに蒸しパン(^^;)が食べたくなって……でも作れない私は、スーパーに買いに行ったんですが……。
 どこにも売ってない!m(゚o゚;=;゚o゚)m
 駅前のサンメリーで売ってることはわかったんですが、夜(仕事帰り)だと棚にない……orz
 作ろうにも「蒸しパン」でしょ? うちは蒸し器ないし、茶碗蒸しはカレーなべで作るしなぁ。
 もっと近所で売ってればいいのに~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/18

G・DEFEND(34)

G・DEFEND(34)G・DEFEND(34)
(森本秀/いちラキ/冬水社(2008/10/20))
既刊についてはこちらをご覧ください

 新刊です☆……と喜びたいトコですが。
 なんと、今巻(2008年10月刊行分)から、口絵カラーが廃止されてしまいました(/_;)。
 原油高騰による印刷費値上げの余波から苦渋の決断、だそうですが、やっぱり寂しい……。

 えー、しっかり描き下ろしが定着したG・DEFENDですが、今回は「こうきたか!」と叫んでしまいました。
 や、いつかくるとは思ってたんですが、思ったより早かったですね。
 いえ、もう34巻にもなるのに……とは思いますが、それでもなんか「早いなぁ」と思ってしまって。

 ただ、タイトルの「ありがとう」、この一言がすべてを物語ってる気がします。
 おめでとう! よかったね!o(^o^)o>岩瀬&石川

 そうそう、岩瀬ファミリーのうちお母さんだけが未出だったんですが、なんとなく、想像以上にぴったりなお母さんでした。
 やっぱ、岩瀬家の女性は強い!(笑)

 続いて後日談?の54th「if」。いやーもう、メッチャクチャ受けました(笑)。
 にしても、なんで童話ネタ?(^^;)>宇崎

 お后さまがクロウってのもメチャはまり役ですが、魔法の鏡が浅野ってのがなんとも。
 嘘をつくと割れちゃうのに、嘘(浅野にとってはホント)ついて、割れて人間に戻って……ってラブ話なのが、クロウらしいとゆーからしくないとゆーか(^^;)。
 あ、でも、なんでかちゃんとパティシエエプロンしてんのね(笑)>浅野
 一番意外だったのは石川の王様! なんで王様? しかも、このネタは「眠り姫」でしょ?
 だって、石川の寝てるベッド、どっからどう見ても「お姫様仕様」なんですもん(笑)。

 後日談その2「scoop」のラスト。いったいどんな写真だったんだろ? うー、見たかった!

 さて、そんなこんなの今巻、なにがよかったって、岩瀬の言ったこのセリフです。


悠さんを守るなら 自分も死ねないって思ったんだ
俺は 悠さんに生かされているんだ

 これですっ! これなんですっ!o(^o^)o
 愛する人を守っても、守りきることができても、いなくなったり死んじゃったら、全っ然意味がないのっ!
 それじゃ、決して守ったことにも、守りきったことにもならない。
 何があってもどんなことをしても、そばにいて、一緒に生きて、ふたり一緒に幸せにならなきゃ、意味ないの!

 これが欠けてるお話は、本当の意味ではラブストーリーじゃないの。
 一番大事なこのことを、なんでかないがしろにするお話が多すぎるっ……(/_;)

 次巻は3月ですか……あーあ、待ち遠しいなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/14

rein klar(2)

rein klar(2)rein klar(2)
(咲真ユミ/いちラキ/冬水社(2008/9/20))
既刊についてはこちらをご覧ください

 うっふっふ~☆ 続きがサクサク出るのっていーですねぇ☆
 だって、1巻が出て(6月)からそんなに時間経ってませんもんっ☆o(^o^)o☆

 さて、早速冒頭から調子の悪いハク。
 しかし、倒れた理由が脱水症?……つか、稼動&活動にエネルギー源(媒体)が必須だと知らないってのがどうにも……。
 そもそもそういう基礎情報くらい自分で持っててしかるべきでしょーが。
 それが「水のみ」ってのは、どうにもよくわかりませんが。
 うーん? 体皮の水分維持とエネルギー源(水素発電?)を兼ねてるのかな?

 2巻まできて思うのは、ハクってユニセックスな割に、思考傾向とかしっかり「乙女」なんだよねぇ。
 もちろん女の子にも「男らしさ」ってのは普通にあるし、心のピュアさに男女の差異はない(実は男の方が純情かつロマンチストだったりする)けど、やっぱり朔夜が惚れちゃうくらいのことはあるかと(^^;)。

 ラストのオマケマンガ。
 北斗じゃないけど、その安易なネーミングはやっぱりちょっと……。
 実際、連載当初から、ヒロインの名前にしては変だ変だと思ったもん。
 まぁ、本人が気に入ってるし、今さら変わらないでしょうけどねぇ……。

 さて、続きはいつかなっ?o(^o^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

SILVER DIAMOND(15)

SILVER DIAMOND(15)SILVER DIAMOND(15)
(杉浦志保/いちラキ/冬水社(2008/9/20))
既刊についてはこちらをご覧ください

 えー、今回の目玉は、「落ち込む千艸」だと思います。
「凹む千艸」でもいいですが(笑)。
 あ、「ぶち切れる羅貫」と「ぶちキレた成重&灯二」でもありですね(^^;)。
 にしても、白琵ってば、しっかり警備隊に溶け込んじゃいましたねぇ。

 さて、とうとう、妖芽の皇子側も体勢が整い、さらなる追撃に入った模様ですね。
 対する沙芽の皇子=羅貫側はどうなるのだろう?
 続きから目が離せないっ!(笑)←?

 あー、それと、ラストのオマケマンガですが……。
 こんだけ文字だらけでこんだけ千艸を落とすだけ落とすマンガもないかと(笑)。
 しかもサムイ、サムすぎっ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/12

天気予報ノ恋人(2)

天気予報ノ恋人(2)天気予報ノ恋人(2)
(街子マドカ/あすかコミックCIEL/角川書店(2008/9/30))
既刊についてはこちらをご覧ください

 ふっふっふ~♪ 出た出た出た~♪o(^o^)o♪
 えーと、ハマッたのが遅かった(1巻発売は2006年)んで、あんまり待たなかったのですが、やっぱ続巻は嬉しい~☆

 えーっと、めでたくくっついたカップルにお邪魔キャラが出てくるのはお約束ですが、これまた定番というか、しかも周囲に手を回して二人の間に嵐を起こしてるとこなんか、デフォルトとゆーか(^^;)。

 しかし、いくらお約束とはいえ、メジャー会社から視察にきたスペシャルゲストに、たとえ本人が希望したとはいえ、視聴率が一桁?番組をあてがう……のは、無理があるんじゃないかと(笑)。
 あ、でも、これくらいじゃないと面白くないか(^^;)(どっちだ>自分)。

 にしても、この2巻ってば、一番イートコで切ってくれました(^^;)。
 追っかけてって再会して……その後は~~~????(^^;)
 まさか3巻が出るのはまた2年後とか~~?(それはやだ~~~!!!)

 でもま、CIEL本誌での連載も続いてますし、ますます続きが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/17

G・DEFEND(33)

G・DEFEND(33)G・DEFEND(33)
(森本秀/いちラキ/冬水社(2008/7/20))
既刊についてはこちら
 えー、ここのBlog読んでる方は知り合いばっかだと思うのですが、まずはご無沙汰でした(^^;)。
 でもねっでもねっ! 7月はマジで買いたい本が出なかったんですっ!
 7月買った本、たったの2冊よ、2冊! 月間本代3万デフォの私がっっっ!!! 信じらんないっ!凸(-_-;)
 私の煩悩はどこに行きゃーいーんだいっっっっ!!!!!!!!!
 ……、……、えー、えー、どきっぱり別のトコに行きました……。
 行ったまんま、心と頭と思考が某作品から帰ってきません……。マジで寝ても覚めても……って感じ(^^;)。
 こんなことで毎年の恒例行事に出かけられるのかっ?! と本気で心配している今日この頃……(゚゚;)。

 あー、とゆーわけで、気を取り直して「G・DEFEND」新刊です。
 ……つまり、7月はこれともう1冊しか買えてない訳ですが……orz

 1冊まるまる描き下ろしになったせいか、ちょっとテンポが追いつきませんー(^^;)。
(一瞬、某作品に頭が素っ飛んでるせいかと思ったけど、それとはちょっと違う気も……)
 連載だと1回ごとにメリハリつくけど、1冊丸ごとだとそうもいかないせいかな?

 さて、今回は香りとテロの2本立て(笑)でした。
 ……とはいいますが……えー、そんなに香水(フレグランス)つけてる隊員多いんですかねぇ(^^;)>国会警備隊
 爆班は、火薬臭を嗅ぎわけなきゃいけないから、逆に仕事中は香りなんかつけないと思うんですけど。
 仕事終わったら、逆につけてそうですが。あ、でもクロさんはンなこと無関係か(笑)。

 しかし、今回のテロ(つーかテロマシン)、そうそう個人集団にできる武装でしょうか?(^^;)
 つか、そう簡単に作れる装備じゃない気がするんですけど(^^;)。

 まぁ、ストレッチャーが反重力式(笑)の世界だから、なんでもありかなぁ?(笑)
 本当に2023年にそんなもんができたら、技術革新どころじゃないと思うけど(爆)。

 さぁて、2ヵ月連続発刊の「G・DEFEND」でしたが、次の続きは10月♪
 それはそれで楽しみなんだけど、となると「アスタリスク」の続きは当分先だなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/01

G・DEFEND(32)

G・DEFEND(32)G・DEFEND(32)
(森本秀/いちラキ/冬水社(2008/6/20))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 ううっ、雑誌掲載が止まってから初のコミック発売です。
 とはいえ今巻はまだ雑誌掲載済分なんで、普通に読みました(^^;)。

 まずは岩瀬パパ登場~~♪
 次に会う時はカミングアウトする、と約束してたけど、心の準備ができてるはずもなく(^^;)。
 でもねぇ、前回の偶然の出遭い時に、パパにはバレバレだったと思うんだけど。
 なのにパパさんてば、意地が悪すぎ(笑)。
 ちゃんと自分の口から、というのは、告白する方もされる方も、あとで後悔や負い目にならないために必要なことなんですけど、にしても、あのやり方は~~~(^^;)。

 でも、めでたく認めてもらえて、よかったよかった☆\(^o^)/☆>岩瀬&石川

 続いて、同期逆恨みネタ(^^;)。
 えーと、皆の弱点曝露(?)話ではありましたが、弱点が昔のままなんて、あるわけないじゃん(笑)>犯人
 まがりなりにも現役警備隊隊員なんだから、弱点放置のままではやってらんないでしょ。
 しかし、康が泳げないとは知らなかった(^^;)。
 まぁ、はっきり言えば脇役部署だし、作中で水泳シーンなんて出てきませんから。
 そうそう、西やんに化けたSP! 思いっきり怪しすぎ!(爆)
 てか、なんであれでバレない? 面通しなんて、一番にやるもんじゃん。
 元訓練校出なら、それぐらい基本でしょ~~~(^^;)。

 さてさて、そんなこんなの本編でしたが、ラスト定番の書き下ろしには笑いました。
 西やんの実家って、そうだったの!?(^^;)
 そら、検診嫌いにもなるわなぁ(^^;)(^^;)

 てなわけで、雑誌掲載済分はこれでおしまい。
 次巻はホントに描き下ろし! 早く20日になぁ~れ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/30

彩雲国物語(3)

彩雲国物語(3)彩雲国物語(3)
(由羅カイリ/あすかコミックCIEL/角川書店(2008/5/26))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 なんか、買ったまんま、忘れてました(^^;)。
 愛が薄れたわけじゃないんですけど、アニメが終わったらどうも気抜けしちゃって……。
 いえ、原作が怒濤展開だからってのはあるんですけど。

 もちろんマンガは原作に忠実なわけで、しかもかの戸部アルバイト話なわけで。
 まだ先の展開に夢を持てた頃で……思えば遠くへ来たもんだ~~~って感じです(笑)。
 この後を知ってるだけに、ねぇ……。
 あ、でも、楽しみはあります、うん。
 マンガならではの書き下ろし!(笑)
 これが楽しみでコミック買ってるようなもんな気がしないでもない今日この頃……(^^;)。
 でも、これってファンとして哀しくないか?>自分

 とりあえず安心してコミック読むためにも、原作の続き希望~~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧