カテゴリー「文化・芸術」の記事

2005/02/05

翡翠展

 昨日(4日)はお休みだったので、友人と3人で上野に「翡翠展」を観に行ってきました。

 翡翠が多色だとは知ってたけど、赤と緑、とくに緑一色のイメージが強かったんですが、意外と白が多いんですね。
 白と緑のマーブル模様が一番多かったかな?
 それと、黄色や青があったのは知ってたんだけど、黒と紫があるとは知らなかった。
 紫……といっても、見た目は殆ど白っぽくて、うっすら紫がかってる、という感じなんですけど。
 大きな原石(差し渡し50センチ以上もある!)も置いてあって、触るとひやっとしました。
 そういや確か鑑定団に翡翠がでた時、ガラスと翡翠を見分けるには、触ってる間いつまでもひんやりする方が翡翠で、だんだんあったかくなるのがガラス、って説明があったかな?

 そしてもちろん、一口に翡翠といってもピンキリなわけで、透明度が高く、碧色が濃いほど価値が高いわけです。
 緑色の透明な粉をまぶしたようなのは、すっごく綺麗でしたよ☆
 ただ、個人的には、翡翠とダイヤは合わないような気がするんだけどなぁ……(^^;)。なんか、せっかくの碧色がもったいないような……。

 <王の帰還DVD-SEE>
 昨日、出かける前に届きました! 思わずほおずりしちゃいました。
 ただ、すぐ出かけなきゃならなかった(↑の約束があったから(T_T))ので、パッケージは開けたものの、まだ映像は見ていません。
 ちなみに、SEE付録の住民手帳はモリアだった……。CE版はシャイアでダブらなかったのは良かったけど、ゴンドールが欲しかった……(;_;)。

 明日も仕事だし、とりあえず今日は特典ディスク1を見ます~。本編は今度の休みにゆっくりじっくりノンストップで見るの~~~p(^o^)q
 でも、今計算したら、特典ディスク1だけで203分ある……ひえぇぇぇ~~('o';)

 ……ところで、特典見始めてふっと思ったんだけど、トールキン研究家のディビッド・セイロ氏……。
 前から誰かに似てるなーと思ってたんだけど、ひょっこりひょうたん島のハカセにそっくりだと思うのは、私だけ……?(^^;)(^^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)