カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2012/09/11

映画「るろうに剣心」

「最近、日記書いてないね」

 ……と、複数の方に言われてしまいました。
 ぶっちゃけ、北海道旅行以来、書けるネタがなかったんですよ~orz
 そりゃ小ネタはあれこれありましたけど……(-_-;)。

 てなわけで、今日は先日観た映画ネタを。

■るろうに剣心
http://www.youtube.com/watch?v=M5nPcNIl36w&sns=em

 観ようとしたきっかけは、予告かなぁ。
 元々原作は知っててドラマCD(緒方恵美版)までは買ってて、でもアニメは見てない(笑)。
「実写映画化ぁ?……って、どんだけネタないわけ?」(^^;)
 一報聞いたときはマジそう思った。
 でも、予告で香川照之がガトリングガンぶっ放してんの見て、「お、これは面白そうかな?」と。

 面白かったです。はいo(^∇^)o。

 なんか久々に、アクションものは単純に楽しい!と思えました。
 洋画だと撃ち合いか殴り合いになっちゃうけど、剣劇(チャンバラ)だと見てて楽しい楽しい♪
 あ、そーいやLotRも剣劇だったっけ(^^;)。

 ちなみに剣劇だけじゃなく、あれこれ突っ込みどころがあるのも楽しかった☆
 手拭いも大事だけど、そっちより団子無くしたことに気づけ~(爆)>剣心

 あ、そうそう。タイトルロールで、この映画はR14でした。
 ま、そりゃ、当然だろな~。初っぱなから斬殺シーンバリバリだもん。
 が、しかし、となると、TV放映どーなんだろ?

 出演俳優さんたちも豪華でしたねー。しかも配役が自然で良かった☆
 ただ、桂小五郎は存在感まるでなかったのが笑えた。エンドロールで役名見るまで、居たことにも気づかなかったもん(爆)。
 あと、時代考証のみじゃなく、陸軍考証も表記があったのが良かったです。違和感なかったのはそのせいでしょう。
 しかし、
「動物には危害がくわえられておりません」
 には、思わず噴いちゃった。
 映像化って大変なんだなぁ。

 とゆーわけで、公開3週目まで邦画トップだったのも納得でした。

 もしまだ未見の方はぜひどうぞ~♪(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/11

DVD-BOX「メイちゃんの執事」

水嶋ヒロ
ポニーキャニオン
2009-06-17
powerd by Amazon360

 またもやご無沙汰しておりましたm(_ _)m

 ……えー、なんでこんなにBlogの書き込みがなかったか……といえば、↑にどっぷり超弩級にハマり込んでいるせいです……(^^;)。

 えぇ、よもやまさかオリジナル一辺倒のこの私が(!)二次小説を書く日が来るとは、本当に夢にも思ってませんでした。
 だって、昔々に何度か書こうとして思いっきり挫折!(...orz)しましたから。はい。
 しかも1本書いただけじゃ飽きたらず……(もごもご)。

 ま、そんな与太はともかく、別に執事萌えでもイケメン好きでもない、んですが、けどまぁ、なんでハマッたかといえば、理由は超簡単。
 唯一「ヒロインを猫可愛がりする主人公」には、超弱かったりするのです……あはは、は、は……。

 しかも、放映当時は思いっきりヘタレてくれまして(笑)>Sランク執事・柴田理人
 あのどこがSランクだ~~! ってくらいに(笑)。
 実際、某掲示板は非難囂々でしたもんねぇ。

 でも、私はヘタレ時もワクワクしてしょうがなかったです。
 だって「暗ければ暗いほど、夜明けは明るい」というのはお約束ですから!
 そしてヘタレから覚醒後の逆転は、まさに「圧巻!」の一言でしたo(^o^)o
 えぇもう、なによりそれが見たくって、5~7話を手ぐすね引いて観てたんだから(笑)。

 実はBlogに書くのも悩んだんですよねー(^^;)。
 でも半年経ったし、もうそろそろいいかと(笑)。

 かくて今に至るまで(本放送が終わって半年以上経つのに!)、熱が冷めてくれない。
 通勤途中のBGMは相変わらず主題歌とサントラをエンドレスで掛けっぱなしだし。

 そだ。ついでにサントラ盤もどうぞ(笑)。

CD「メイちゃんの執事」オリジナル・サウンドトラック(2009/3/4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/30

24時間テレビ・愛は地球を救う

 なんの気なしにTVザッピングしたんですが、今日だったんですね~>24時間テレビ

 他に見るものもないからぼーっと見てみてるんですが、あのサブタイトル
「愛は地球を救う」
が会話に出てないのがちと寂しくなりました(^^;)。ベタだけど好きなタイトルなのに。
 もちろん新聞の番組欄にはちゃんと書いてあるんですけど。まぁ、年度タイトルのが方がやはり大事ですもんね。

 また、初期は必ず特番アニメがあったんですが、今はアニメじゃなくてドラマになってるんですね。それもなんかさみしいなぁ。
 しかし、第一回を見た(弟は武道館まで募金しに行った(^^;))一人としては、よく続いてるなぁ、と感慨無量です。
 オープニングを見ていて、ふと、坂本九さんの手話合唱を思い出しました。
あの歌は24時間テレビのテーマだったと思うんですが、またやってくれないかなぁ……。

 とりあえず、今日は眠くなるまで見てみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/17

ショート・サーキット

ショート・サーキット
ショート・サーキット2<br />
 がんばれ!ジョニー5
ショート・サーキットショート・サーキット2
 がんばれ!ジョニー5

 唐突ですが、衝動買いしてしまいました(^^;)。
 とはいえ、吹替版が入ってなくって、とっても寂しい~~~~~~o(T^T)o
 だってだって、ジョニー5役の三ツ矢雄二さんは、絶品だったんですよぉ~~~!!!!!
○ショート・サーキット(1986年)
キャスト
吹替
ナンバー・ファイブ
(ティム・ブレイニー)
三ツ矢雄二
クロスビー
(スティーブ・グッテンバーグ)
富山 敬
ステファニー
(アリー・シーディ)
土井美加
ベン
(フィッシャー・スティーブンス)
江原正士
フランク
(ブライアン・マクナマラ)
羽佐間道夫
スクローダー
(G・W・ベイリー)
坂口芳貞
○ショート・サーキット2/がんばれ!ジョニー5(1988年)
キャスト
吹替
ジョニー・ファイブ
(ティム・ブレイニー)
三ツ矢雄二
ベン
(フィッシャー・スティーブンス)
安原義人
サンディー
(シンシア・ギブ)
岡本麻弥
 公開からもう20年も経ってるなんて思わなかった(^^;)。
 確か、きっかけは新聞のTV欄。キャストだけで観たんですよね。
 しかも私が目を引いたのは富山さんだったりしまして(^^;)。
 今でこそ「ショート・サーキット」の主役はナンバー5だと断言できますけど、初見なんてそんなもんです(^^;)。
 だってだって、三ツ矢さんのナンバー5、めっちゃいいんですよっ!!!
 えーもう、代表作の一つでしょう!(力説)

 そんな不純な動機で見た「ショート・サーキット」でしたが、とにかくすっごい感動したんですよね~~☆
 どこがいいって、ナンバー5が「生きてる」ってクロスビー博士が理解して飛び上がって喜ぶトコ。
 その直前、朝焼けの中でクロスビー博士とナンバー5が向かい合ってるシーンがしっかり目に焼き付いてるくらい☆
 実を言うと、あのシーンのジョーク、……笑えませんでした。意味がわかんなくて。
 本編でも「オチを間違えた」って言ってるから、どこがどう笑えるのか……(^^;)。
「神様が、コインを、お取りになる」のが、どうしておかしいのって?
 ナンバー5は「おかしい!」って爆笑するんですけど。
 今はちょっとだけ、わかります。
 神様がコインを取ったら、そりゃおかしい!(笑)

 そして、
「笑うことができるのは、生きているものだけ。生きているものだけが、笑うことができる」
 のです。
 ナンバー5は、生きている!

 そんなお気に入り作品だもんで、続編をTVでやると知ったときは、しっかりテープ用意して録画して観ました。
 えー、もう、ラストは泣けましたよ!(;o;)
 1より2が好きな映画なんて滅多にないんですが、この「ショート・サーキット」に限っては、断然2が好き!

 1では脇役でしかなかったベンとジョニー5が、とってもいいコンビで☆
 ベンの恋の手助けをジョニーがするとこなんか、ドキドキしながら観てました。
 そしてラスト、バッテリーが切れてしまったジョニー5に、ベンが必死に人間用の電気ショックを与えて……ってとこが、もうメチャクチャ泣けて……。
 あとで見直した時に、「電圧かけっぱなしのジョニー5に触れたら、へたしたら感電するんじゃない?」と笑ってしまったんですが(^^;)。

 ああ、ううっ、どっかで吹替版を再放送やってくんないかしら?
 そしたら絶対録画するのにっっっっっっっっ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/24

NHK「アフガニスタン~命の水を求めて」

この人この世界(2006年 6ー7月)この人この世界(2006年 6ー7月)(NHK出版)
 お休みだったので、何の気なしにTVを点けていたら、ふと見入ってしまいました。
○この人この世界「アフガニスタン~命の水を求めて/中村哲(医師・ペシャワール会現地代表、PMS総医長)」
http://www.nhk-book.co.jp/shiru/shousai/06_06_07/mon.html

パキスタンとアフガニスタンを拠点に活動する医師がいる。診療所建設から用水路の開拓へ。真の幸福とは何か。「極貧の国」から送る日本人へのメッセージ。
縁──人に与えられた共通の恵み

 私が見たのは「第7回 旱魃の大地に水を拓く」の再放送でした。
 アフガニスタンといえば、最近の日本ではもう既に忘れられたきらいがあります。

 でも、そのアフガニスタンで地道に、しかも「お医者さん」が潅漑水路を造ってる人がいる。
 それもNGOの自己(寄付)資金と地元のアフガン人たちだけで。

 米軍ヘリが轟音をたてて飛んでくる戦場の脇で、こつこつと、ひっそりと。
 地元の人たちも、政府主導の道路造りより日当が少ないのに、みんな率先して働きに来ている。

 工事方法はアフガンの石工の技術と、中世日本の河川技術である「蛇篭」の技。
 高度な土木技術を使ったら、地元アフガン人は直すことができない。
 でも、アフガン人たちが生まれた時からやりなれた石加工と、単純に網篭に石を詰める蛇篭なら、金網と石さえあれば現地の人達がすぐ直せる。
 実際、工事の途中で決壊してしまった部分を、みるみるうちに直してしまったそうだ。

 本当の援助というのは、こういうものを言うんじゃないだろうか。

 あまりに見入ってしまったので、録画するのをすっかり忘れてしまった……orz
 元々再放送だったらしいので、次(続き)がどこで見られるのかわからないのがなんとも悔しい!

 国際外交問題を云々するなら、もっとこーゆーことを取り上げて欲しいもんです。

 明日本屋でNHKテキスト探してこようっと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/01

DVD「名探偵コナン シークレットファイル」

名探偵コナン<br />
 シークレットファイルVol.1
名探偵コナン<br />
 シークレットファイルVol.2
名探偵コナン
 シークレットファイルVol.1

名探偵コナン
 シークレットファイルVol.2

コナンについてのエントリーはこちらをご覧ください☆

 少年サンデー応募者全員サービスのビデオがDVD化されましたんで、遅ればせながら買ってみました。
 幾つか持ってるんですが、もともとコミック追っかけでサンデーは買ってないので、持ってないのもありました。
 それにしても第1弾は2001年なんですが、今見ると絵がめちゃ古い……(^^;)。
 コナンは今よりもっと顔が丸くて目が大きくて(^^;)、子供っぽかったです。
 でもそれは、この特典映像だけじゃないですね。
 というのも、Vol.2には過去9作の映画の予告が入ってます。
 それを一気に見るとやはり初期に比べてキャラデザインがだんだんカッコよくなってきているのがわかります(^^)v
 ついでに言うと、初期の古い予告はフィルムが焼けているのか、なんか色目が違うのまでわかったりして(^^;)。
 たぶん、コナンの製作現場がセルアニメからCGアニメに変わったあたりから、劣化がないのでしょうね。
 そうそう、最新作第10弾の予告も入っていたのは嬉しかったp(^o^)q☆

 なんか映画全作を観たくなっちゃったなぁ♪
 GWはDVD三昧……かな?(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/28

DVD「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

ハリー・ポッターと<br />
炎のゴブレット 特別版ハリー・ポッターと
炎のゴブレット 特別版
 はいはーい。映画第4弾です。
 最初に余談から。
 一番安い密林で予約したんですが、予約特典のボールペンがついてませんでした。
 別に正直要らないんですけど……付いてるはずの物が付いてないとゆーのもね。
 まぁ、安いからしょうがないかなぁ。

 さてさて、原作的にも折り返し点的作品ですよね。
 死者が出るのも初めてだし、仲の良かった仲間であるはずのロンと仲違いしたのも、この巻です。
 話的には三大魔法学校対抗トーナメントという、本来なら明るく盛り上がるはずのものです。
 でも、それすらも、悪の権化には復活の手立てとされてしまって……。

 劇場で観た時から思ってたんですが、シリウスの出番がほとんどない~~。
 ラストで出さないのなら、全く出さないで欲しかったですね。
 話の進行上ちゃんと意味があって出番があったはずなのに。
 特にラストでは、次巻への布石的会話があったのに、あの大事な出番が削られてはなぁ……。
 うーん、DVDで観ても、や~っぱ消化不良だわ……。

 ええと、特典ディスクバージョンを買ったんですが、今回の特典は半分がゲームでした。
 ゲームは素っ飛ばして特典映像だけ見たんですけど、面白かった☆
 いつも思うんだけど、せっかくの未公開映像、どうせならDVD特典で本編に入れてくれてもよかったのになぁ。
 LotR3部作はちゃんとSEE版があったんだから、そういう売り方でもよかったと思うんだけども。

 さて、第5部は今撮影中なのかな? 公開が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/16

映画「名探偵コナン『探偵たちの鎮魂歌』」

 毎年恒例GWの定番! というわけで、10周年記念作品「名探偵コナン『探偵たちの鎮魂歌』」を観てきました。
 いや、ほんとはもちょっとしてから観に行くつもりだったんだけど、諸般の事情(^^;)で、初日に行ってきました。
 や~~、ホンットにマジで混んでました(^^;)。
 映画館で予告タイムに広告が出たんですが、なんでも今、学生3人だと一人1000円にしてくれるキャンペーン実施中なんですって。
 だからか、学生服が多かったですね。でもって、当然ながらグッズ売り場も人が殺到してて……。
 お目当てだった「懐中時計」が初日だってのに既に売り切れだったのには、すっごくがっかり(/^T)。
 ま、それもいつものことか(^^;)。

 さてさて、まず観終わってのショージキな感想なんですけど……。
 うん。それなりに、面白かったです。
 まず、事件そのものは真面目なもんだったし、前回みたいな推理ロジック的な大穴もほぼなかった(全くなかった、とは言わない(^^;))です。
 また、いきなりコナンの正体が新一だとバレてる! ってのは初めてじゃなかったかな?
 それに、最初から事件解決まで時間制限がされている、というのも初めてかも。

 だけど、だけど、です。
 なんつーか、タイトル負けしてませんか? 今回。

 ……ホント、前振りであんだけシリアスに煽ってくれた割には……という印象は、残念ながら否めない、です。
 だって私、今、「もっかい観に行こっ♪」という気にならないんですよ。マジで。

 実は今回は、前振り予告でけっこうわくわく楽しみにしてたんですよ。
 でも、実際に観終わったら、拍子抜けしたというか、中途半端というか、物足りなさいっぱい、というか……(^^;)。
「探偵たち」と銘打った割には、メインで活躍する探偵が3人というのは、ちょっと……ねぇ。
 しかもそれも、いつものメンバー……にしか思えない(^^;)。
 というか、中盤で思わず「世紀末の魔術師」を連想しちゃいましたよ、ホントに。

 同じ「探偵たち」というなら、昔やったTVの2時間スペシャルの方が、よっぽどタイトル通りだったように思います。
 原作で先に読んでいたにも関わらず、わくわくしながら観られましたし。
 あ、そうそう、今回はできればこれ↓を先に観てから今回の映画を観るとよいかも。
 少なくとも、アニメではこれにしか出てこないキャラ(白馬探)が、今回再出演してますから、これ見てないといったい何者だかちっともわからないと思います。

#2196 「集められた名探偵 工藤新一vs快盗キッド」
名探偵コナン<br />
 PART8 Vol.7/コナン名探偵コナン
 PART8 Vol.7/コナン

 それに、スリリングさもちょっと物足りなかったような気がするのは、ホントになぜなんだろう……?(^^;)。
 コナンと小五郎と平次だけでなく、蘭と探偵団と和葉までが人質になってるのに、なんでかなぁ。
 だいいち、予告にあったジェットコースター上のコナンのシーンはどこいったのっ!?
 もちろん予告がウソになったのがないわけじゃないですけどねぇ。
 どきどきスリリングな展開なら、「時計仕掛けの摩天楼」~「ベイカー街の亡霊」の方がドキドキワクワクしましたよぉ~。

 せっかくの10周年記念作にしては、正直、かなり残念です。
 うーん、もっかい観に行ったら、感想、変わるかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/01/03

DVD「名探偵コナン『水平線上の陰謀』」

名探偵コナン 劇場版<br />
 水平線上の陰謀(DVD)名探偵コナン 劇場版
水平線上の陰謀(DVD)

 ※映画公開時の感想についてはこちらをご覧ください☆
 今年のコナン映画版がDVDになりました。
 残念ながら楽天ショップには画像付き商品がありませんでしたので、画像なしです。
<2006/1/18 画像付きがありましたので差し替えました>

 で、改めて観たんですけど、、……うーん、やっぱりストーリー的にアラがパカスカ目立ちますね。
 映画公開時のエントリにも描きましたけど、何をまかり間違ったって、一度救命ボートに乗った乗客をボートから降ろしたりしません。
 だけど、降りてアレを探しに行かないと最後の展開にならない……。
 でも、あり得ないネタで感動出来なくしてるのは脚本のせいだと思うんですが。
 それと、犯人がとうとうと船長を追いつめるくだりのやりとり、水上バイクに乗ってるコナンには聞こえるはずがありません。
 もしかして、あのやりとり、毛利小五郎はずーっと隠れて聞いていたんでしょうか(^^;)。
 で、あの秘密アイテムのおかげで聞こえたと。なんか「話は聞いたよ」とゆー往年の名ぜりふが聞こえてきそうですが。
 だったら、聞こえてくる事に驚くシーンくらい加えてもよさそうなもんです。
 うーんうーんうーん……。
 やっぱり納得いかな~い!

 ラストですが、映画館同様、「次回は10thアニバーサリー」だとのミニショットがありました。
 やはりこういうのもDVDに入れてくれると嬉しいですよね。

 でも、次回作はせっかく10周年なんだから、展開が破綻しない内容にして欲しいものです……p(T^T)q

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/11/27

DVD「ハウルの動く城」

【DVD】【原作】
【DVD】♪ハウルの動く城(4枚組)<br />
特別収録版魔法使いハウルと火の悪魔
【DVD】♪ハウルの動く城(4枚組)
特別収録版<2005/11/16>
魔法使いハウルと火の悪魔

 実を言うと、初めて買いました>ジブリのDVD
 いえ、LDでなら「魔女宅」と「耳をすませば」を持ってますけど。

 あらためてハウルを観てみて、動きが凄いのに感動しました。
 キャラがちっともじっとしていない(笑)。細かく細かく動いてる。
 たとえば寝ているハウルが首を振ると、ちゃんと枕の模様が動くのよね~~。全編フルアニメ。
「紅の豚」だったかな? 有名な「順調に遅れています」をあらためて納得してしまった(笑)。
 まぁ、TVシリーズでこのクオリティを保つのはゼッタイにムリでしょうけどね(^^;)。

 DVD観直して気づいたんですが、サリマンのところから逃げ出したあと、ハウルがソフィーと別れて追っ手を引き受けるシーン。ナウシカを思い出してしまった。だって、ナウシカが腐海でマスクをとった時と、仕草と表情がそっくりなんだもん☆

 さて、↑でDVDと原作を併記した理由ですけど。
 映画公開時に友人に言ったんですが、宮崎ハウルは原作を読まないと意味が通じません(笑)。
 ・この世界ってどういう世界?
 ・サリマンは本当は何者?
 ・かかしのカブに呪いをかけたのは誰?
 ・カルシファーの正体は?
 ・ソフィーはなぜハウルとカルシファーの呪いをとけたのか?
 ・ソフィーの呪いはどうしてとけたのか?
 これらの答はアニメでは省かれちゃってありません(笑)。
 というか、そもそもアニメは、本筋以外は原作とはまったく話が違ってしまってるんですから(溜め息)。

 私としては原作のハウルの方が好きです。
 女の子にほれっぽくて一目惚れした女の子を捜し回って、ド派手でへんちくりんな衣装に固執してて、弱音ばっかり言ってる情けない弱虫でも、ね☆
 だからってアニメもキライじゃないですよ。ただできればもうちょっと原作テイストをメインにして欲しかったなぁ(^^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (2)