« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年1月の記事

2009/01/15

BS2今日からマ王!第3部(第33話)
予期せぬ再会

 こちらから出向くとのたもうたアラゾン。
 力を失っていくジェネウス。それは存在の危機なんだけどなぁ。

 大シマロンの混乱は当分続きそうだ、との情報あり。
 まぁ、そうだろうなぁ。民にも恨まれ、臣下にも見放されちゃ、王様やってられる方がおかしいもんね。

 サラレギーに手紙を出した有利。サラはどうでるか?

 赤ん坊の頃の夢を見てる?サラ。
 目覚めて、無意識にベリエスを読んでしまうサラ。

 ベリエスを問い質すコンラッド。
 あの矢を射たのはベリエスだった。

 連絡なしにたった一隻でやってきたサラ。
 馬車の車中、二人だけで対峙する有利とサラ。
 怒っていると告げる有利だが、「やっぱり面白いなぁ」と喜ぶサラ。
 うーん、懲りないやっちゃ。

「今まで通りってわけにはいかないけどさ」
 こう、堂々とにっこり笑って言ってのける有利が大好き!

 迎えに来たサラに「帰れません」と告げるベリエス。
 彼にも何かまだあるのかな?

 城の中に風が吹く。……と、誰も彼も眠りこけてゆく。
 あれ? 有利の愛馬・アオは寝ない。人間だけ?

 兵士の異常に気づいたコンラッドたち。
 そんな中、有利の背後に音もなく立つアラゾン。魔族の国でそんなことができるのって凄いなぁ。
 神剣を鎮めた有利こそが、神剣の持ち主だと言うアラゾン。ホント懲りない人だこと。
 と、牢で法力を発揮するベリエス。牢破りをした彼の髪の色が金髪に変わって?

 アラゾンはベリエスを知っている? とそこにサラが現れる。
 サラに気づき、アラゾンは去った。

「……あれは、母上」

 えー、わかっちゃいたが……このあとどーすんの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/14

BS2今日からマ王!第3部(第32話)
吹き抜ける青い風

 当然というか、小シマロン城から逃げ出したコンラッド。
 命冥加というか、ランジールは助かったそうで(笑)。

 さて、大シマロンですが……反乱軍・青い風……えーと、どう見てもコンラッドなんですが(笑)。
 仲間がアーダルベルト一行とヨザックだもん。

 そして、ランジールは白いカラスに他の世継ぎの暗殺依頼をした証拠がバレ、臣下から疑惑の目で針のむしろ。
 意外とこの手の潜入役、うまいんですねぇ。
 で、助けるため?にやはり潜り込んだヴォルフラム。ヨザックとなんとか合流?できたかな?

 所変わって小シマロン。懲りないやっちゃなぁ>サラ
 コンラッドを捕らえよと命じるサラだけど……。

 え? まだアラゾンてば勝利or有利を狙ってるの?

 町中でランジールを留めた青い風。街の住民から石持て追われるランジール。
 ヨザックに連れられコンラッドと合流できたヴォルフラム。
 有利の帰還を聞き、眞魔国へと帰ることにしたコンラッドたち。
 と、その途上に待ち構えるベリエス。

 一対一の真剣勝負……ベリエスは二刀流とはいえ、ふっふっふ~♪法術なしならコンラッドが負ける訳ないもんねっ♪
 めでたく勝ったコンラッド……と、現れたのはジェネウス。
 有利と勝利がいないと呆気なく引いちゃいましたねぇ。

 無事に眞魔国に戻ったコンラッドたち。
 ベリエスが捕らえられたと聞き、唖然とするサラ。
 ふっふふふ。少しは懲りたか?>サラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/13

BS2今日からマ王!第3部(第31話)
マ王辞めます

 ベリエスの不意を突いて、勝利は有利を抱えて海に飛び込む。
 続けて村田も飛び込んで……有利と勝利は地球へ。村田は眞王廟へ。

 有利が戻らぬままに、十貴族会議は紛糾。

 花壇に、大地立つコンラートの隣に新しい花。名前は「有利の天真爛漫」。
 みんな、お前を待っている。

 脚気の検査(笑)で魔力復活がわかるの?(笑)>ロドリゲス
 ボブに会いに来た有利。……ってボブ、その和風テイストたっぷりの部屋はなんなわけ?
 つか、いつの間に日本にきたのか(笑)。

 傷心の有利……。
 渋谷家の風呂場に届く、数々の花。

 ……一晩寝たら、いつのまにか大人になっていた有利……。
 社会人がこんだけ似合わないキャラもいないよなぁ。
 眞魔国のことがすっかりなくなっている未来。
 どうでもいいけど、使われていない番号はそもそもコール音がしないと思うんですけど?(笑)

 大地立つコンラート・麗しのヴォルフラム・内緒のグウェンダル・ツェリの桃色吐息
 そして、……有利の天真爛漫。

 ――たとえ何百回、何千回裏切られ傷つけられても、俺はサラを信じる。

 ……って、ボブの仕業だったのか(笑)。
 かくて、帰ってきた有利。

 ところで、コンラッドは?(^^;)
 有利が留守してた間にあった進展って、なに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/12

BS2今日からマ王!第3部(第30話)
開戦

 コンラッドが向かったのは小シマロン。
 まだランジールとの会談手はずが整っていないと、待機させられる。

 コンラッドが出かけたと知って、「大地立つコンラート」をみつめる有利。

「僕の兄だからな、当然だろ」
 よもや、ヴォルフラムの口からこのセリフが聞けるとは!

 コンラッドを閉じこめて、サラは国境の海に向かう。
 濃霧の立ちこめる海峡……。ニアミスどころか接触事故。
 しかもその海はバルトラーナが展開している海。

 戻ってきた眞王……って、籠もってたんじゃなかったの? どこへ出かけてたんだ?

 村田は大賢者だけど、有利は村田は村田。
 眞王に協力を頼み、勝利の力も借りて、一度地球へ戻り、そして、眞魔国へ。
 にしても、渋谷家はお風呂に水はりっぱなし、なのね(^^;)。

 でも、なんで樽の中?(^^;)
 って、出たのは小シマロンの軍艦の中……まぁ、とりあえずショートカットできたのはよしと(笑)。

 甲板に出てきた有利とサラ。勝利と村田を遠ざけて……。
 まもなく眞魔国との開戦が始まる。
 そう告げて、有利に魔の瞳を向けるサラ。

 操られて、上様となった有利。
 たぶん、サラに裏切られた衝撃もあったんだろうけど。

 マ王ではなく、魔王となった有利……。
 どうなる!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/11

BS2今日からマ王!第3部(第29話)
思いの果て

 冒頭からまたぞろなんか企みモードのサラ。
 眞魔国では、十貴族による勝利の査問会が。
 まぁ、しゃーないよね。

 で、なんでいきなり中庭でバーベキュー?(^^;)
 いやまぁ、有利と勝利の気持ちをほぐそうとしたんだってことはわかるけど。

 でも、勝利は軟禁。サラからの手紙が届き、戦争の気配がひたひたと血盟城を埋める。
 隠れてしまった眞王。

 それぞれの思惑、企てが絡み合って……。

 甘ちゃんマ王だけど、それが有利の有利らしいところなんだけど。

 勝利に面会しにきたコンラッド。何かを考えているみたい。

 そして、コンラッドの頼みを受け、査問会で聖砂国の話をぶちまける勝利。
 案の定、聖砂国を助けると言い出す有利。
 ……ま、当たり前っちゃ当たり前の反応だけど(笑)。

 一人、快速艇に乗るコンラッド。
 さてさて、どこへ向かう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/10

BS2今日からマ王!第3部(第28話)
発動

 アラゾンと行くと言った勝利。
 外は大シマロン軍が投石機で攻撃してきている。
 にんまりと微笑むアラゾン。彼女と逃げる勝利。

 だから、お人好しはぁ……。

 大シマロン軍と戦闘を開始した白いカラス。
 ランジールの傍らにいたジェネウスも、アラゾンの下へ向かう。

 脱出し、合流した有利とヴォルフラム。
 包囲されたアラゾンたち。彼女から神剣を受け取った勝利の手の中で、神剣は目映い光を放って発動した。
 発動した神剣に取り込まれ、勝利は遺跡前の地面に神剣を突き立てる。

 経験値がないのね……>勝利

 神剣から拡がった力は、大地を緑に染める。兵士も武器も遺跡も。
 有利が駆けつけると、アジトは崩れかけようとしていた。

 うーん、これって、神剣が暴走? 力がなかったんじゃないの?
 確かに元々聖砂国に実りをもたらす力の源だったわけだけど。
 剣が勝利の力を吸い上げている?と村田は言うけど。

「帰ろう、一緒に」
 有利の言葉に、勝利の瞳に正気が戻る。
 そして拡がっていく有利の力。

 力はただ力でしかない。その力を使う者の本質と意思によって、その影響力を変える。
 悪に使われれば悪に、正義に使われれば正義に。

 神剣を奪い、アラゾンの下に降り立つジェネウス。

 うー……まだ続くんかいっ!
 まぁ、サラとの話がまだあるもんなぁ。

 そして、すっかり誤解しまくりのランジール。
 おいおい~~。

 って、久々にサラ登場! って今度は戦争?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/09

BS2今日からマ王!第3部(第27話)
神剣

 早速アーダルベルトに案内される有利一行。
 ランジールも白いカラスには手を焼いている?

 アラゾンはといえば、勝利に神剣を示し、勝利がその使い手だという。
 そしてアラゾンは、自分が神族の国・聖砂国の王だと告げる。
 神剣は、もともと聖砂国の中心にあり、国を支えるものだったという。
 だが、神剣は数十年前に盗まれた。親権を失った聖砂国は荒れ、民の持つ法力も衰えていった。
 神剣を取り戻そうとアラゾンは国を出、長い時間(その間にジェネウスを作り、白いカラスを作った)をかけて神剣を探し出した。
 けれど取り戻した神剣は力を失っていた。
 神剣に力を戻すには、使い手が必要。
 国と民を守るためなら、なんでもする、とアラゾンはいう。

 言葉は綺麗だけど、やってることは正反対よねぇ。
 ホントに全てをなげうっても国を救おうと思ってんのかしらん?

 さて、アーダルベルトたちは、白いカラスに仲間を潜り込ませていた。
 勝利は魔力を封じられていただが、部屋にはカギが掛かってなかった。
 って、遠見鏡(?)ですべて見てるんだもんなぁ>アラゾン
 部屋から出た勝利は、ジェネウスが作られた場所へと迷い込む。
 現れた青息吐息のジェネウスを気遣う勝利。ジェネウスじゃないけど、お人好しだって>勝利
 ジェネウスの秘密、道具でしかない彼の正体を知った勝利。

 動き出した大シマロン王ランジール。向かったのは……アラゾンたちのアジト。
 白いカラスの頭領がジェネウスじゃないと知った有利たち。
 そうと知り、別行動をとる村田。
 有利たちの動きも、大シマロン軍の動きも、遠見鏡で見通すアラゾン。
 そして村田は、ジェネウスが作られた場所へ。ジェネウスの記憶の詰まった法石をたたき壊す村田。
 マ王一行、アラゾン、大シマロン軍が一堂に会して……。

 帰ろう、と呼びかける有利。けれど勝利は……。

 うーん、お人好しは騙しやすいのね。はぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/08

BS2今日からマ王!第3部(第26話)
白い鴉

 さて、あらためて血盟城での作戦会議。
 ヨザックやヒューブの調べでも、白いカラスの本拠は不明。

 大シマロンに逃げた彼らだが、ランジールの思惑とは無関係な様子……。
 というわけで、ここで村田が種明かし……つーか、ジェネウスの正体ばらしといったところ。

 確かに、これでは眞王が憂慮するのもしょうがないかなぁ。
 でも、それは結果論であって、村田が言うとおり眞王が気に病むことじゃないのに。
 大賢者(の生まれ変わり)が勝手にやったことだし。その間眞王だって、一人で頑張ってたんだから。

 でも、まさかそれをアラゾンみたいなのに利用されるとは。
 それすらも、眞王は気に病んじゃっているんじゃないかな。
 けど、悪いのはアラゾンであって、眞王じゃないんだけど。

 って、何をするつもり?(;¨)>眞王

 おっと、ここでジュリアが出てくるとは思わなかった。しかも声つき(笑)。
 うーん、ギャラが豪華☆

 アラゾンの本拠地にやってきたジェネウスと勝利。
 辿り着いたとたんに倒れたジェネウス。
 うーん、アラゾンの法力で動いてるとはいえ、ホント、アラゾンって悪女だなぁ。

 大シマロンに辿り着いた有利たち。ヨザックが心強い助っ人がいるというが……アーダルベルト!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/07

BS2今日からマ王!第3部(第25話)
荒野の追跡

 攫われたのはエルじゃなく、勝利だった。不安げに空を見上げる眞王が意味ありげ。
 捜索に向かう有利とグウェンダルたち。

 一方、檻つきの馬車で逃げる白いカラス。
 馬車を捨てて崖下に逃げるジェネウス(勝利)。崩れ落ちるジェネウスを見捨てられない勝利。

 ジェネウスの動向を読む村田。そこに現れた眞王。
 ……って、ここでお笑いネタにしますかっ(笑)。

 そして、村田の読み通り港に現れた白いカラス。
 ヴォルフラムとグウェンダルの魔力を、命がけで溌ねのける白いカラス。
 そこに、怒りに満ちた上様降臨! だが、勝利を盾にジェネウスは逃げる。
 兄を攫われた有利に冷静さを求めるのは……そりゃ無理でしょ(^^;)>村田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/06

BS2今日からマ王!第3部(第24話)
選ばれし者

 さて、攫われたエルを追っかける勝利。
 襲ったのは白いカラス。先に馬で追いついたヒューブが倒れたところに駆けつけた勝利。
 魔力を使ってエルを救い出した。

 ヒューブのことを感づいていたニコラ。
 女性は、母は強いです☆

 さてさて、みんなで血盟城へ。
 もちろん、白いカラスが狙ってるわけですが、

 え? お化け屋敷がダメだったの?>勝利
 なんか、意外(笑)。

 場面変わって眞王廟。
 えーと、魂だけなのに、夢を見るんだ?>眞王
 なんの夢を見たんだろう?
 そして、眞魔国にやってきたジェネウスは……。

 まもなく血盟城……ってところで、白いカラスの襲撃。
 が、エルを狙ったと見せかけて、攫われたのは勝利。

 攫われ姫が一番似合わない人だと思うんだけど(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/05

BS2今日からマ王!第3部(第23話)
エル誘拐事件

 すっかりご無沙汰のマ王感想(^^;)。
 23話なんて、10月半ばですよ……はぁ。

 さて、いきなりエルに目を付けたアラゾン……って、エルの情報なんてどーやって掴んだんだか?
 地球はといえば、衣装選びに余念のない美子さんと疲れきった勝馬(^^;)。
 で、眞魔国に向かうべく風呂場に……と、なぜかくっついてきた勝利(笑)。
 しかもどうやら、勝利がくっついてきたおかげで到着位置がずれちゃった3人。
 でもって、着いた先はグリーセラ家の領地。ゲーゲンヒューバーの家。

 ……エルを見るそのにやけ面……意外というか、当然というか(笑)>勝利
 エルをあやすとこなんか、顔面とろけきってるし。

 で、いきなりヒューブとニコラの結婚式って……うーん、有利っぽいなぁ。
 つか、今までやってないことに気付けよ(笑)>有利

 そして、タイトル通りエルが誘拐!
 なにやってんだ! 勝利 ……ってここで切れるの? えー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/04

タクミくんシリーズ-Pure(2)

タクミくんシリーズ-Pure(2)タクミくんシリーズ-Pure(2)
(おおや和美/あすかコミックCIEL/角川書店(2008/12/1))
既刊についてはこちらをご覧ください
 はいっ!コミック版です。
 とはいうものの、今回収録の表題作は、どう見ても真行寺×三洲ですね。
 けど、シンミスカップルも好きなので、まとめて読めて眼福・眼福♪

 で、本命はこっち。「あの晴れた青空」。
 今になってこのお話をマンガで読めるとは思ってませんでしたが、やっぱりマンガになると格別ですね~~。
 もちろん原作は原作でよいのですが、視点が変わるというか、表現が変わるというか。
 ホント、同じお話を二度楽しめて、天国・天国♪
 やはりおおやさんは凄いなぁ☆

 コミックはこれで区切りがつきましたが、次はどの話かな?♪ 楽しみっ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/03

タクミくんシリーズ-誘惑

タクミくんシリーズ-誘惑タクミくんシリーズ-誘惑
(ごとうしのぶ/ルビー文庫/角川書店(2008/12/1))
既刊についてはこちらをご覧ください
 やっと、やっと「プロローグ」の続きです!
 ほんっと、どんだけこの日を待ったか~~~っ!
 あんっっっなところで切られて……マジで臓腑が絞られる思いがしましたもん。ホントにっ!o(T^T)o

 ……に、しては、案外つーか呆気なく元に戻っちゃった気がしないでも……(^^;)。
 でも、いいの。ギイと託生が幸せなら☆(←安直(^^;))

 けど、ギイってば、ホンッッットに託生くんが好きなのね~~~o(^o^)o
 経済界の親たちがこぞって目の色変えるくらいスゴイ大財閥の御曹司なのに、カミングアウトを考えるとは……。
 いや、嬉しいんだけど。嬉しいんだけど!
 その分、待ち構えてる障害の高さに、託生くん自身が怖じ気づいてしまいそうな気が……。
 でも、うん、それでも、艱難辛苦を乗り越えて、絶対に離れずに、幸せになって欲しい。
 ホントそう思います。

 次は……さすがにまた暮れ、よねぇ。ううっ、長いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/02

クラッシュブレイズ12
-追憶のカレン

 ご無沙汰~(^^;)。
 えー、先月は年賀状描きとDVD整理に追われて、まったく更新できませんでしたm(_ _)m
 ……って、言い訳ですね。すみません。
 さて、ほっぽりっぱなしの感想をば~~~。

クラッシュブレイズ12<br />
-追憶のカレンクラッシュブレイズ12
-追憶のカレン

(茅田砂胡/C☆NOVELS/中央公論新社(2008/11/25))
既刊についてはこちらをご覧ください
 正直、びっくりしました。
 公式サイトの早読みで読んだ限りでは、シェラ誘拐の顛末がこーなるとは……。うーんうーん。

 それにしても、ホント、今までのちょっとしたエピソードからお話ができてますね(^^;)。
 まさか「あの恐喝ネタ」がここで出てくるとは思いませなんだ。
 しかし、連邦にもいろいろ蠢く連中がいるようで。
 まだまだ彼らがあれやこれや活躍してくれそうですね。ふうう。

 次は3月かな~~。
 あれ? そういやレディ・ガンナーは~~~~?????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/01

あけましておめでとうございます

 旧年中はお世話になりました。
 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて、これは近所の某所を初詣途中に撮ったものです。
あけましておめでとうございます
 このイルミネーションは毎年あるんですが、うまく表すもんですね。

 初詣はいつものご近所にある八幡様に行ったんですが、今年は凄い混雑でした(^^;)。
 しかも意外にも中高生や子供がいっぱいだった。なんでかなぁ?

 どうか、今年がよい年でありますように……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »