« 豪華客船で恋は始まる(6) | トップページ | 今年も一年間お世話になりました。 »

2008/11/18

G・DEFEND(34)

G・DEFEND(34)G・DEFEND(34)
(森本秀/いちラキ/冬水社(2008/10/20))
既刊についてはこちらをご覧ください

 新刊です☆……と喜びたいトコですが。
 なんと、今巻(2008年10月刊行分)から、口絵カラーが廃止されてしまいました(/_;)。
 原油高騰による印刷費値上げの余波から苦渋の決断、だそうですが、やっぱり寂しい……。

 えー、しっかり描き下ろしが定着したG・DEFENDですが、今回は「こうきたか!」と叫んでしまいました。
 や、いつかくるとは思ってたんですが、思ったより早かったですね。
 いえ、もう34巻にもなるのに……とは思いますが、それでもなんか「早いなぁ」と思ってしまって。

 ただ、タイトルの「ありがとう」、この一言がすべてを物語ってる気がします。
 おめでとう! よかったね!o(^o^)o>岩瀬&石川

 そうそう、岩瀬ファミリーのうちお母さんだけが未出だったんですが、なんとなく、想像以上にぴったりなお母さんでした。
 やっぱ、岩瀬家の女性は強い!(笑)

 続いて後日談?の54th「if」。いやーもう、メッチャクチャ受けました(笑)。
 にしても、なんで童話ネタ?(^^;)>宇崎

 お后さまがクロウってのもメチャはまり役ですが、魔法の鏡が浅野ってのがなんとも。
 嘘をつくと割れちゃうのに、嘘(浅野にとってはホント)ついて、割れて人間に戻って……ってラブ話なのが、クロウらしいとゆーからしくないとゆーか(^^;)。
 あ、でも、なんでかちゃんとパティシエエプロンしてんのね(笑)>浅野
 一番意外だったのは石川の王様! なんで王様? しかも、このネタは「眠り姫」でしょ?
 だって、石川の寝てるベッド、どっからどう見ても「お姫様仕様」なんですもん(笑)。

 後日談その2「scoop」のラスト。いったいどんな写真だったんだろ? うー、見たかった!

 さて、そんなこんなの今巻、なにがよかったって、岩瀬の言ったこのセリフです。


悠さんを守るなら 自分も死ねないって思ったんだ
俺は 悠さんに生かされているんだ

 これですっ! これなんですっ!o(^o^)o
 愛する人を守っても、守りきることができても、いなくなったり死んじゃったら、全っ然意味がないのっ!
 それじゃ、決して守ったことにも、守りきったことにもならない。
 何があってもどんなことをしても、そばにいて、一緒に生きて、ふたり一緒に幸せにならなきゃ、意味ないの!

 これが欠けてるお話は、本当の意味ではラブストーリーじゃないの。
 一番大事なこのことを、なんでかないがしろにするお話が多すぎるっ……(/_;)

 次巻は3月ですか……あーあ、待ち遠しいなぁ……。

|

« 豪華客船で恋は始まる(6) | トップページ | 今年も一年間お世話になりました。 »

コミック」カテゴリの記事

BL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G・DEFEND(34):

« 豪華客船で恋は始まる(6) | トップページ | 今年も一年間お世話になりました。 »