« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の記事

2008/10/18

BS2今日からマ王!第3部(第17話)
小シマロンへの招待

 やーっっと本編の続き?です☆

 なんか今さら気づいたんだけど、サラの瞳って金色なのねー。
 サングラス?かけてるから、いつもは紫色に見えるけど。

 骨飛族狩り……えーと、眞魔国貴族の遊びって、いつできたんですか(笑)。
 ポロリンって単位も初めて聞きましたが、見た感じ「重さ」だよね?
 コンラッドは「大きさ」って言いましたけど(笑)。
 ……で、有利の獲物は、初登場だと思うけど……あれってミニガメラですか?(笑)

 さて、反対を押し切って小シマロンへ向かう有利。
 ムラケンの懸案は相変わらずで、謎の剣も法力を注いでも変化なし。
 でも、まだまだ秘密・謎は謎のまま、かぁ。

 というわけで、小シマロン編始まりましたが、はて、サラの腹黒さはいつ曝露されるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/17

BS2今日からマ王!第3部(第16話)
ウィンコットの遺産

 まず、なんでいきなり眞王陛下?(¨;)
 やはり今回も話数稼ぎ回……ですなぁ(笑)。
 そして相変わらず元気なリンジー君。
 けど、今回しみじみ見たら、リンジー君ってジュリアそっくりのお父さんとは、あまり似てないなぁ。髪も栗色だし。
 あ、そうだ。リンジーは魔族なんだから、小さく見えてもホントはグレタより年上のはずよね。
 それにしては幼すぎない?(笑)。

 エアハルト・ウィンコットって、毒作りだけじゃなくて、いつのまに魔道研究家になったのかしらん?
 あと、血盟城って何度も壊されてるのに、4000年もみつからなかったのもおかしくない?(^^;)

 えーとそれに眞王。
 幽体なんだから、眞王廟から移動するのにいちいち歩かなくてもいいんじゃ……。やっぱおかしい。
 んなことしてるから、グレタたちに見つかっちゃったんじゃん(笑)。

 それにそれに、4000年経ってるのに、石像の仕掛けがするっと動いちゃうのって、変だよぉ(笑)。
 いや、そもそも4000年前の魔道装置がまともに動くのも変だ(笑)。
 見た目の質感からいって、金属製だし。
 しかも、大賢者を模してるのになんでお菊人形になるの?>ダイケンジャー初号機

 ……骨飛族って成長するの? どうやって羽根が生え替わるの?

 で、結末は、上様登場でスパッと解決!っと。スパッとしすぎてるような気がしますが(^^;)。

 にしても、眞魔国最強なのは眞王なのかな? はたまた大賢者なのかな?(笑)
 ホンットこの手のオリジナル回って、眞魔国クオリティ爆発! だよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/16

BS2今日からマ王!第3部(第15話)
風の子守歌

 今回はグレタのお話でした。
 正直、グレタの生い立ちって、よくわからないんですよね。
 ゾラシアが滅んだ国だというのはわかるけど、なぁ。
 その後預けられていた親戚の国で虐待されていた?はずだけど、その国は結局どうしたんだっけ?(^^;)

 でも、グレタ、いくら涼しくって静かでも、どーしてそんなところに入り込むかな?(^^;)
 あと、なんで母=女装?(^^;)>ヨザック
 有利とヴォルフラムと女装した意味がわからん。

 あ、そうだ。魔力のないグレタが、有利と同じベッドで寝てるから魔鏡を使えた……とゆーのは、すごく無理のある設定なんですけど(^^;)。
 まぁ、そーゆーのが眞魔国クオリティ?だから、いっか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/15

BS2今日からマ王!第3部(第14話)
水に映る月

 こちらも感想が溜まってしまいました……orz
 でもね、正直、ここらあたりは「話数稼ぎかいな?」と思うくらい、本編が進まないのです。
 実際、この「水に映る月」も、お兄ちゃん話ですし(笑)。

 そもそも、数学を口で読み上げながら解く……というのは、あり得ないよーな気がするんですが。
 しかも、「寝ている間に覚えたろうくん」……ネーミングは最高なんだけど、単体で人格を入れ替えるのは凄すぎ(笑)。
 だって、普通は、2つあって、かぶったもの同士を入れ替えるもんじゃない? SF的には。

 しかし、お月様でキャッチボールなんて、発想がすごいよね>有利
 で、ホントにキャッチボールしちゃう勝利もすごいかも?

 そして魔道装置使わずにキャッチボールで人格が戻っちゃうのも、有利らしいかなぁ?(^^;)
 でも、期末テストを忘れて眞魔国に戻っちゃうのは、もっと有利らしい(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/14

rein klar(2)

rein klar(2)rein klar(2)
(咲真ユミ/いちラキ/冬水社(2008/9/20))
既刊についてはこちらをご覧ください

 うっふっふ~☆ 続きがサクサク出るのっていーですねぇ☆
 だって、1巻が出て(6月)からそんなに時間経ってませんもんっ☆o(^o^)o☆

 さて、早速冒頭から調子の悪いハク。
 しかし、倒れた理由が脱水症?……つか、稼動&活動にエネルギー源(媒体)が必須だと知らないってのがどうにも……。
 そもそもそういう基礎情報くらい自分で持っててしかるべきでしょーが。
 それが「水のみ」ってのは、どうにもよくわかりませんが。
 うーん? 体皮の水分維持とエネルギー源(水素発電?)を兼ねてるのかな?

 2巻まできて思うのは、ハクってユニセックスな割に、思考傾向とかしっかり「乙女」なんだよねぇ。
 もちろん女の子にも「男らしさ」ってのは普通にあるし、心のピュアさに男女の差異はない(実は男の方が純情かつロマンチストだったりする)けど、やっぱり朔夜が惚れちゃうくらいのことはあるかと(^^;)。

 ラストのオマケマンガ。
 北斗じゃないけど、その安易なネーミングはやっぱりちょっと……。
 実際、連載当初から、ヒロインの名前にしては変だ変だと思ったもん。
 まぁ、本人が気に入ってるし、今さら変わらないでしょうけどねぇ……。

 さて、続きはいつかなっ?o(^o^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

SILVER DIAMOND(15)

SILVER DIAMOND(15)SILVER DIAMOND(15)
(杉浦志保/いちラキ/冬水社(2008/9/20))
既刊についてはこちらをご覧ください

 えー、今回の目玉は、「落ち込む千艸」だと思います。
「凹む千艸」でもいいですが(笑)。
 あ、「ぶち切れる羅貫」と「ぶちキレた成重&灯二」でもありですね(^^;)。
 にしても、白琵ってば、しっかり警備隊に溶け込んじゃいましたねぇ。

 さて、とうとう、妖芽の皇子側も体勢が整い、さらなる追撃に入った模様ですね。
 対する沙芽の皇子=羅貫側はどうなるのだろう?
 続きから目が離せないっ!(笑)←?

 あー、それと、ラストのオマケマンガですが……。
 こんだけ文字だらけでこんだけ千艸を落とすだけ落とすマンガもないかと(笑)。
 しかもサムイ、サムすぎっ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/12

天気予報ノ恋人(2)

天気予報ノ恋人(2)天気予報ノ恋人(2)
(街子マドカ/あすかコミックCIEL/角川書店(2008/9/30))
既刊についてはこちらをご覧ください

 ふっふっふ~♪ 出た出た出た~♪o(^o^)o♪
 えーと、ハマッたのが遅かった(1巻発売は2006年)んで、あんまり待たなかったのですが、やっぱ続巻は嬉しい~☆

 えーっと、めでたくくっついたカップルにお邪魔キャラが出てくるのはお約束ですが、これまた定番というか、しかも周囲に手を回して二人の間に嵐を起こしてるとこなんか、デフォルトとゆーか(^^;)。

 しかし、いくらお約束とはいえ、メジャー会社から視察にきたスペシャルゲストに、たとえ本人が希望したとはいえ、視聴率が一桁?番組をあてがう……のは、無理があるんじゃないかと(笑)。
 あ、でも、これくらいじゃないと面白くないか(^^;)(どっちだ>自分)。

 にしても、この2巻ってば、一番イートコで切ってくれました(^^;)。
 追っかけてって再会して……その後は~~~????(^^;)
 まさか3巻が出るのはまた2年後とか~~?(それはやだ~~~!!!)

 でもま、CIEL本誌での連載も続いてますし、ますます続きが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »