« 春を抱いていた(13) | トップページ | ちょっとショック…… »

2008/03/31

クラッシュ・ブレイズ10
-サイモンの災難

クラッシュ・ブレイズ10<br />
 サイモンの災難クラッシュ・ブレイズ10
 サイモンの災難

(茅田砂胡/C☆NOVELS/中央公論新社(2008/3/25))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 定期刊行をきっちり守ってくれてる(笑)クラブレ新刊です☆
 しかもしかも、今回は公式25日発売なのが、21日に平積みになっていました☆
 いやー、作者が頑張ったのか、編集が頑張ったのか、印刷所が頑張ったのか。
 みなさん、おつかれさまでした>出版関係者サマ

 ではでは、肝心の内容ですが。
 まず、発売予定でタイトルを見た時に、「サイモンって誰?」(^^;)。
 で、公式サイトのちょい読みで「アイリーン……って、えーと、もしかして……あの人?」
 えぇ、勘が当たってて嬉しいです(笑)。

 で、本編は映画ネタになるわけですけれど。
 正直、怪獣夫婦が活躍してるようで、最後いいところを女帝に持ってかれたのが、ちょっと不満~~(^^;)。
 つか、あれでケリですかっ!>ジンジャー
 もっとケチョンケチョンに、徹底的にメタボロにして欲しかったんですけど。

 にしても、いつも茅田さんが凄いなーと思うのは、その発想のとんでもなさ、です。
 宇宙船が橋に落っこってくる……それも普通の橋に(^^;)。
 で、その橋から遺体が出て……。
 うーん、どんなに科学が進んでも、犯罪は原始的なものなのね(^^;)、うん。

 あと、今回、思わず噴き出したのは、このシーンです。
「ずいぶんと焼きが回ったもんだ。あんたがいるのに……」
 だって確か、金銀、毒蛇と死神が目指してるのは「一般市民」だったはずですよね。
 その割に、戦士・暗殺者としての技能や勘が落ちることにがっかりするのは、おかしいでしょ?(^^;)
「一般市民」なら、そんな技能も警戒も必要無いんですから。

 さて、気になる次巻。
 8・9・10と金銀たちがメインでしたから、今度こそ怪獣夫婦だといいなぁ☆
 だって7巻の密輸団、あっさり1行で終わっちゃって、つまんなかったし☆

 てなわけで、次は7月~♪……おっと、その前にレディ・ガンナーの続きはいつかなぁ?

|

« 春を抱いていた(13) | トップページ | ちょっとショック…… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラッシュ・ブレイズ10
-サイモンの災難
:

« 春を抱いていた(13) | トップページ | ちょっとショック…… »