« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の記事

2008/02/22

咲きほこる蜜月

咲きほこる蜜月咲きほこる蜜月
(真船るのあ/花丸文庫/白泉社(2008/2/19))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 真船さんの新刊です☆
 いやー、去年の7月(俺サマなハニー)以来、7ヵ月ぶりの新刊!
 ううっ、……できればも少し早めに出してほしいなぁ(/_;)……年末進行だとは思うんだけど……。

 さてっ、今回は現地ガイド(碧)と財閥エグゼクティブ(慶吾)のお話。
 ……えー、なんか水上ルイさんティストを感じたのは、気のせい?(笑)
 うん、気のせいだ気のせい(^^;)。

 しっかし、タヒチで生け花とゆーのは、すっごい発想だと思います。確かに花材には困らないでしょうが……(^^;)。
 あと主人公が華道家元の御曹司?で、家出してきたって設定もブッ飛んでますね。
 このあたりは後付の発想かな?
 あと、エグゼクティブが実は花好きっていうのも、あんまりありませんね(笑)。
 でも、普段は恰好付けなのがメタ惚れしてしまった自分に苦悩してる姿……ってのは、私的にすっごいツボです☆
 しかもしかも、そんな自分に狼狽えて碧をイジメてしまって落ち込んで、でも、忘れられなくて思い切れなくて、玉砕覚悟で逢いに来て告白。
 うん、王道パターンだ(笑)。

 いつも思うんですが、どうも私はこーゆー攻に弱いようです(笑)。
 でねー、くっついた途端に開き直って恋愛優先、逢瀬の時間を作るために超多忙を強引に片付けて無理矢理休暇をもぎ取り、恋人の元に駆けつけるんだよね☆
 うんうん、王道☆(笑)

 そしてそんな溺愛中の恋人といえば、高価なプレゼントは嫌がって、手作りのおにぎりと味噌汁だけで幸せになってくれる♪
 でも、そのおにぎりと味噌汁……こしひかりのご飯に、有明産の海苔と博多明太子に紀州産梅干し、日高昆布。味噌は仙台味噌に豆腐に油揚げ、下仁田ネギ……。
 素材がとんでもなく高価だと思うんですけど?(笑)>慶吾
 ところで、味噌汁のダシは?(^^;)

 あと、ちっとも御曹司らしくないけど、都内に敷地千坪の屋敷がある華道家元の息子が、なんでそうも庶民的かな~?(^^;)>碧
 いや、そこが可愛くていいけど(笑)。ねぇ?>慶吾

 てなわけで、7ヵ月がぶっ飛ぶくらい面白かった一冊でした!
 願わくば、もうちょっと刊行間隔が短いと嬉しいな……(切に切に!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/21

BS2彩雲国物語第2部(第36話)
人生いたる所に青山あり

 劉輝彷徨編……という回……というより、回想編なんじゃなかろうか。
 てか、第1部第1話からの回想ばっかですっごい手抜き~~(^^;)。
 まぁ、劉輝が「王として」の自分を探す回なのだから、それもありだ、とは思いますが(^^;)。

 でもね、誰かのために生きる、という生き方もありだと思うんですけどね。
 究極、王というのは、国民のために在る存在でもあるのだから、劉輝のこれまでだって間違ってはいないでしょ。
 それに、王様が独断で決断してばっかりというのは間違いになりやすい。
 だって、双花菖蒲の言であれ、それを容れて決断してきたのは王様。
 秀麗を茶州州僕に任じたのも、王様である劉輝。
 それは、決して間違った任官ではなかったでしょ。
 その劉輝の王としての決断を認めたからこそ、悠舜は戻ってきたんじゃないかな?

 少なくとも無自覚で甘ちゃんの双花菖蒲より、よ~~~~っっぽどマシな王様だわ(笑)。

 あ~~~~っ! 楸瑛ってば、そんな登場はないでしょ~!(笑)。
 つか、劉輝って、火熾しできなかったの?(^^;)
 野宿旅の基本でしょーがー(笑)。

 それにしても、火にあたるパンダ……野生動物は火を怖がるはずなんですが(^^;)。
 しかも焼いた茸なんて、パンダは食べたことないだろうに(^^;)。

 あ、またそんなとこで立ち聞きしてるんじゃないっ!>楸瑛

 かくて社に辿り着いた劉輝。
 第2期の残りはあと3話。さてさて、次回は如何に?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/20

恋の翼(2)-ARRIVAL

恋の翼(2)<br />
 ARRIVAL恋の翼(2) ARRIVAL
(水上ルイ/ルビー文庫/角川書店(2008/2/1))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 はい、「恋の翼(1)」続刊です。
 えー、2カップルの成立編とでも言いましょうか(^^;)。
 リーフ版では同時発売だったのが、1ヵ月遅れなので、ちょっとやきもき(^^;)。

 まずは冒頭、前巻の危ないラストの続き、です☆
 やっとストーカー男にもケリがつきました。ケリっつーかパンチでしたけど(笑)。
 とはいえ、当分はおあずけ(笑)。
 まーね、今までさんっっっっっざん冗談扱いしてたんですから、これはトーゼンの報いとゆーやつで♪>九條

 で、CA組がくっついたんですが、まだまだ五里霧中のパイロット組。
 でもって、お邪魔虫もしっかり出現し、そのせいで体調を崩した桂人は……♪
 ここらへんはお約束、ですけど、ラストでまたまた危機が(笑)。
 だがしかし、こんなに事故続きでいーんですか?(^^;)>旅客機
 だいたいリーフのときも思ったんですが、コクピットであ~んな台詞言っちゃって……いーのか?(^^;)
 だって、事故が起きたときって、フライトレコーダーはあとでしっかり検証されますよねぇ。
 通話スイッチを切っても、録音は続いてるんじゃないのかしら?(^^;)

 てなわけで、2組ともめでたく結ばれ、めでたしめでたし☆o(^o^)o☆ 

 文庫版書き下ろしは、パイロット組のバカンス短篇☆でした。
 ……それにしても、毎度毎度、美化が凄すぎませんか~~?>水上さん
 いやまぁ、惚れた欲目、なのかもしれませんが(^^;)。

 さて、次巻はホントに「恋の翼」続編です。
 早く月末になんないかなっ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/13

SILVER DIAMOND(13)

SILVER DIAMOND(13)SILVER DIAMOND(13)
(杉浦志保/いちラキ/冬水社(2008/1/20))
シリーズ既刊についてはこちらをご覧ください☆
 やっとやっとの新刊でーす☆
 まず表紙!
 はいっ、これがホントの綺麗どころ(笑)。
 そして表紙に対抗するかのように、扉絵は桜と主役4人組☆
 風呂上がりで花見、ってシチュエーションかな? 虹が千艸の肩にいるのがちょっと意外かも。

 さてさて、やっと主匪たちと合流しました☆
 もちろん灯野兄弟も再会☆
 って、「ハジメマシテ」はないだろ?(^^;)>灯二

 で、ここで再会の感動に忘れ去られてた「金弦の警備隊」とも会話。
 うーん、確かに隊長の言葉にも一理あるけど、それにしても頭固いなぁ。

 話が終わって、いざ出立……って、ここで手錠使いますか?(;^^)>千艸
 そーいや、こっちにくるとき、灯二の手に手錠かけたままだったっけ。
 いやー、すっかり忘れてたわ(^^;)。

 で、宮処の皇子と金隷。
「――死んだら死んでしまうのだったな」……って、忘れんな、ンなあたりまえのこと(笑)>皇子
 しかしこれで正真正銘、皇子と金隷は結託したわけですねぇ。
 しかし、「世界を玩具に遊ぶ」……遊ぶな~~~~っ!!! はた迷惑だっ!!!(^^;)

 さて、空き屋敷に辿り着いた羅貫たち一行。
 ついたらまず掃除って……うーん、すごい(^^;)。お風呂が三つもある屋敷ってのも凄い(^^;)。
 で、ここでこの世界のイロイロが出てきました。
「うみ」がないとか、頭でつながってる椿たちが、実は個々でちょっと違うとか。
 そうそう、「沢」が「うるおい」って意味とは知りませんでした(^^;)。
 辞書引いても出てない……と思う、うん。
 でも、なんとなくそうかな、と思える、うん。

 屋敷の戸を閉め切って、植えて育てまくった羅貫。
 そうして戸を開け放ち、風呂から上がったみんなでお花見☆
 うーん、楽しそー☆

 しかし、風呂上がりだと、みんな髪型が違うので、ちょっと見分けつかなかったりする(^^;)。

 真珠さまと一緒の三重。
「母さまと友だちに」とのお願いと引き換えに、黒曜の処へ向かいます。
「口に入れるよりはカンタンね」と言われたのに、しっかり口に入れて、すごいぞ!>三重
 そしてめでたく「卯の花」を解放☆
 取り引き、って言ってるけど、親切ですねぇ>大蛇さんたち

 羅貫たちはといえば、白琵をどんどん仲間に洗脳してます(笑)。
 それから椿も蛇紋たちも名前を付けてもらいました。
 うん、「青椿」ってかわいいね。呼びにくいけど(^^;)。
 蛇紋たちの名前、「きれい」で、「かっこよく」、「強そうな」、「可愛い感じ」……。
 それでそーなりますか。うーん(^^;)。まぁ、合って……る……かな?
 確かに、頑張ったなー(^^;)>宮

 さてさて、てなわけで、どんどん進む「沙芽の皇子の警備隊」。
 そろそろ「妖芽の皇子」が迎撃、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/12

誕生日♪

 今日はマイバースディ♪
 まず日付が変わったとたんにグリーティングカードをいただきました。
 その後、今日は夕方までに続けて何人もの方からいくつもグリーティングカードをいただき、いつも時期的に忘れられることが多い(^^;)んで、大変嬉しかったぁ~\(^O^)/

 職場では特に言わなかったのと、それどこじゃないくらい忙しかったのでなんにもなかったんですが、気分はるんるんと自主残業。
 そしたら、音香さんとくまさんからお食事のお誘いが~♪
 急いで残業を切り上げ、池袋の鍋ぞうへ。
「おめでとう」とお祝いの乾杯をしていただき、おまけにご馳走にまでなってしまいました\(^O^)/
 いやー、誕生日当日にお祝いなんて、なかなかしてもらえるもんじゃないから、すっごく嬉しかったです☆o(T^T)o

 てなわけで、今日はすっごく幸せな誕生日でした。

 お祝いをくださったみなさま、本当にありがとうございました☆
 これからもどうぞよろしくお願いします☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/11

PREMIUM BOOK

Premium_bookPREMIUM BOOK
(きたざわ尋子/リンクスノベルズ/幻冬舎)


“部屋シリーズ”についてはこちら
 あまりこーゆーことはしないんですが、楽しかったんでご紹介☆
 ホントは年内に届いてたんですが、封を開けるの忘れてまして、ついさっき読み終わったとこです♪
 ま、現物写真アップのテストを兼ねて~~(^^;)。

 本編はこちらで完結していますが、その完結記念本(全員サービス)です。
 正式には「きたざわ尋子PREMIUM BOOK」。
 背表紙には「NOT FOR SALE」の文字が~♪
 もちろんISDNもありません☆

 中身は短篇5話&まんが1篇収録、CHARACTERPRO FILE(LEEさんイラスト)つき☆o(^o^)o☆
 その短篇も、“鍵”が2話、“部屋”が3話。
“鍵”はお気に入りの話だったんで(^^;)、また読めて嬉しい~~☆
“部屋”も、久貴の卑屈さは相変わらずですけど(笑)、少しは改善したかな?

 で、ラストのコミックには爆笑してしまいました(笑)。
 つか、竹中がこんだけお笑いキャラになるとわ~~~~~(^.^)プププ
 実際の文中には出なかったけど、実は「しっとメラメラむ~ん、ハラハラ、メラッ、くらっ」とかしてたのかと思うと、笑える~~~。
 やー、このコミックだけでも(失礼)全サに応募したかいがありましたっ!
 LEEさん、凄すぎっ!(爆)

 にしても、最近この手の全サが多いですね~~>出版社
 嬉しいんだけど(^^;)、既刊を増刷りしてそっちに応募券つけるのだけは勘弁してほしいです(^^;)。
 おかげで涙を呑んだ全プレがどんだけ……orz
 この“部屋”シリーズだって、既刊本にだけ小冊子がついたんですよね~~……

 あと、いい加減、小為替必須はやめて欲しい……。
 手数料高いし、買いに行くの大変なんだからぁ……(T^T)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/10

BS2彩雲国物語第2部(第35話)
危ない橋を渡る

 はいはい~、続き続き。
 そろそろ大詰めなんで、今回も盛り沢山ですねぇ。

 船縁でへばってる蘇芳と明るい燕青。
 海賊ならぬ水賊?をあっさり撃退(笑)したあと~からですね。
 って、蘇芳は怪我なしですか(笑)。
「俺の手当はよく効くから」って燕青の台詞、聴きたかったんだけどなぁ。

 戻って貴陽、悠舜と黎深。
「気づかせないようにしているのですから、当然です」
 という割に、顔色は普通ですね(^^;)>悠舜
 茶州の時のように、目に隈つけるとか、髪に解れとか、少しやつれさせてもよいでしょうに。
 おかげでか、「子どもみかんみたいな顔色して」黎深の台詞もカット~~……┐(;´ー`)┌
 でも、こういう場面で微笑める悠舜って、やっぱ凄いなぁ。

 藍州行道中の劉輝たち。
「逃げるのは、苦しいでしょう」
「苦しい」
 邵可に問われて、そう呟いて泣く劉輝。
 このシーン、表情が映るのは十三姫のみでした。邵可は櫓を漕ぐ後ろ姿。劉輝は手で覆った顔の下半分または涙を流してる目の部分だけ。
 うんうん、この演出はすっごくいいですね。
 なんかこのあたりの事情(とゆーか状況)って、今までアニメじゃ放っとかれ放しだったから、唐突の感は否めませんけど、ここですんなりわかった感じ。
 あ、ただ、十三姫の「もう限界なのね」の台詞があったら、完璧だったのに……削られました。くすん。

 二胡弾いてる秀麗と燕青たち。
 馬鹿かもしんないけど、蘇芳の洞察力って、凄いなぁ。
 で、燕青も短期間で見抜いちゃって、燕青の方も蘇芳を見抜いてる、うんうん。
「この旅が終わったら、あとはあんたとタケノコ家人に任せる」
 ふーん、蘇芳ってば、意味深。あ、タヌキ汁ネタはなしか、ちぇっ(^^;)。

 そして藍州到着……って、あんま羨ましそうじゃないね>燕青
 てか、ぜんっぜん、呆気にとられてない。うー……。ここはキモだとおもうんですが~~。
 それにしてもうーん、彼の容姿はアニメじゃここまでが限界ですか>姜州牧
 陰鬱そうな疫病神のハズの見かけが、存外立派でまともな人に見えちゃう(失礼(^^;))。
 あ、うわーん、州尹との裏会話がなぁ~いっ。あれが楽しみだったのにっ。

 燕青と蘇芳の会話。
「馬鹿って経験でなんとかなる」
 はい、真理です。えぇ、マジで。
 勘っていうのも、ホント。経験から連想できるのが勘だったりするんで。
 理屈なんて、あとでいくらでもこじつけられるし、経験からくる勘は重要です、うん。
 ついでにいうと、あとは熱心さとやる気があれば、完璧ね。
 やる気がない奴は、いくら知恵が回ろうが手が早かろうが、まるっきり役立たずだから。

 司馬迅の過去を調書から探る秀麗……。
 極刑受けてるはずの迅は、当時の藍州州牧と御史台大夫がろくな調書も残さずに刑を執行。
 でも、隼(=迅)は生きて存在している。
 って、あからさまにあやしくない~?(;¨)
 つか、この場合横やり入れたのが藍家としても、もしその要求を容れたのなら、執行官だった旺季と孫だって一蓮託生だろうに。
 藍家を追求したら、あの二人だって追求しないとおかしいじゃない?
 そもそも御史台としては、藍家よりそっち(官吏の藍家との癒着&違法疑惑)の方が問題じゃないの? ねぇ?>葵皇毅御史台長官

 川上り中の劉輝たち。
 明かされる十三姫の司馬迅との過去。
 ……えーと、十三姫がうなされて寝言言うのはいいんですが、“ここ”で劉輝に“迅との過去”をバラしちゃっていいわけ~?>制作陣
 や、そりゃ、もう残り話数の尺がないのはわかりきってて、はずせないネタだからどっかで必ずやらにゃならんのですが。

 九彩江に向かっていたのを知らなかった劉輝。
 宝鏡山の昔話。彩八仙に王の資格を試される山。その社に辿り着ければ願いが叶う。
 で、翌朝眼が覚めたら姿を消してる劉輝と邵可。
 ……十三姫、気配には敏感じゃなかったの?(笑)
 そうと悟らせなかったのは、邵可はともかく、劉輝もけっこう凄いのね。

 劉輝の到着を知った楸瑛と雪那。
 ふっふっふ~~~。原作ともマ王と違って、アニメは焦らさないでくれて助かる~~♪

「藍家を捨てて、あの王を選ぶのか?」
「お似合いじゃないですか。バカな王とバカな臣下。
 藍家が王を選ばなくても、私はあの人を選びます。
 ――もしその時が来たら、最後まで共にと」

 選んだ楸瑛。今までの常春ぶりが嘘みたい☆
 そして台詞はないけど、絳攸。
 さて、いつ、どっちを、誰を選ぶのかな?o(^o^)o>絳攸

 劉輝が九彩江に入ったことを知った秀麗たち。
 当然、探しに行く、と断言した秀麗。
 やれることがあるなら、全部やるに決まってるじゃないの。
 ……「主上を全っ然信じてないの」発言はなし~?(^^;)。
 あれ、すっごい説得力があったんですけど(笑)。
 あ、藍鴨の卵と猴頭茸の話は聞かずじまい?(^^;)

 お、姜州牧名言集はあった~☆
「名官吏が自分の命を懸けて助けに行く王は、マシな王になる可能性が高い」
 マシな王になるといいね、劉輝。

 さぁて、いよいよ秀麗たちは九彩江行き。
 って、その七彩羽つきの恰好で船頭ができるの?(^^;)>藍龍蓮
 そして、ボロボロで杖つきつつ山登りの劉輝……次回やいかに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/04

BS2彩雲国物語第2部(第34話)
藍より青し


 劉輝と十三姫との絆に、落ち込みモードの秀麗。
 うーん、根本的なところでわかってないなぁ。
 そりゃね、十三姫がいてくれるおかげで、寂しさを紛らわせられてる劉輝ではあります。
 が、寂しさがなくなったわけじゃないのよ?
 心にぽっかり空いてる穴が、埋められたわけじゃないのよ?
 劉輝は十三姫に「名前を呼んで欲しい」とは言ってない。
 この差に気づいてないのがなぁ……。

 あ、今気づいたけど、燕青、ただの国試を受けに来たことになってる。
 それに、無精髭ちゃんと剃ってますなぁ(笑)。
 あらっ、巻物、巻いてる部分下にしたら、たらっと下まで落ちるはずじゃん。
 なんで途中で止まるか?(笑)

 静蘭と燕青。
 燕青の一番は秀麗。でも静蘭の一番は秀麗じゃない(^^;)。
 案外、静蘭は自覚ないんですねぇ。

 出立する劉輝たち。
 目を瞠った静蘭は原作通りだけど、邵可の焦るシーンがありません(^^;)。

 あ、葵皇毅の衣装、塗り間違いめっけ(笑)。
 藍鴨の卵と猴頭茸、うーん、どっちも美味しそうには見えない(笑)。
 なんで、葵長官の部屋の棚って、花器や壺が入ってんのかしら。

 廊下を走る秀麗と通りすがりの清雅。
 会話はなし、意味ありげ~~(^^;)。

 出立する秀麗たち。
 おや? 燕青が衣装変わってる(^^;)。
 榛淵西さん、背負うほどの風呂敷包みのおにぎりって、どんだけ~~?(笑)

 隼(迅)と珠翠。
 あの~、どうでもいいんですけど、その刺客の恰好のままで旅してんのって、無茶苦茶怪しいんですけど(笑)。
 あらら? 珠翠の千里眼は~?(¨;)
 って、九彩江に着いたとたんに人格交代? おいおい~~(^^;)

 おっと~、龍蓮がまともな恰好してるっ(笑)!
 しかもちゃんと「楸兄上」って呼んでる。
 でも、楸瑛が逃げ打ったとたんに「愚兄」。わっかりやす~~~(笑)。

 玉華と楸瑛。
 幼い頃の楸瑛って、可愛いっ☆
 甘い卵焼き☆
 あちゃ、「絶対に甘いのです。これだけは譲れません!」がないっ(^^;)。
 にしても玉華さんてば、大人になってもそばかすがあるのって、珍しいかも。
 それに、いくら義弟だからって、勝手に懐に手を突っ込むものではないと思うんですけど?

 あら? 結局朝食は食べずじまい?>楸瑛

 藍州入りした秀麗たち。
 川を遡上するのも、帆船なんだなぁ。
 あのー、燕青、あんたがあんな風に後頭部どついたら、蘇芳は下手すりゃ頭蓋骨陥没よ~~。
 しかし、瀬戸内海じゃあるまいし、あの川の川幅、揚子江なみですか? しかも渦つきとは。
 蘇芳の運命やいかに?

 さて、第二部の残りはあと5話。
 あと5話でエンドマークつくのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/03

BS2彩雲国物語第2部(第33話)
月日変われば気も変わる

 さて、ここからいよいよ最新刊「白虹」です。
 冒頭で楸瑛が貴陽脱出。
 城門兵たちをを酔い潰しはしたけど、秀麗にはお酒のにおいがしません。
 酔い潰しネタは使っても、やっぱり秀麗にお酒のますわけにはいきませんか~(^^;)。
 あ、「とっくに絳攸を追い抜いてる」独白がない……。

 劉輝の部屋。
 霄太師、宋太傳、旺季、リオウ、羽羽に出立を告げる劉輝。

 あ、あれ? 羽羽が「秀麗だけは……」発言がなぁい~~。
 それと悠舜が羽羽にする質問も。
 これがキモなのにぃ。

 孫兵部尚書登場。
 思ったよりおっさん声だなぁ。
 あ、黒燿世が喋ったぁ(笑)。
 しかし、なんでここで孫尚書に真剣切られなきゃいけないのかしら?

 葵皇毅の部屋。
 秀麗、巻物を官服のたもとに入れてて、よく平気ねぇ。
 てか、巻物入れたまんま、よくたもとから落ちないなぁ。

 静蘭と燕青。
 あらぁ、「私が動かなければどうにもならん」がありません。
 うーん、うーん、陣取り合戦がやばいこと、まだ気取らせないつもり?

 秀麗と晏樹の会話。
 うー、ここも省かれてますなぁ。
「貴族らしい」の会話が……。うーんうーん、ここも大事なのに。
 まぁ、旺季の「玉座」発言はしっかりあったから、省いてもわからなくはないけれど。

 劉輝と十三姫。
 なんで、まだ刺繍やってんの?>劉輝
 でも、腕上がったなぁ。今回はなんの花かなぁ?

 十三姫の台詞に頷いた劉輝。
 落ち込んで帰宅した秀麗。

 ホントによかった?>秀麗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »