« 恋の翼(2)-ARRIVAL | トップページ | 咲きほこる蜜月 »

2008/02/21

BS2彩雲国物語第2部(第36話)
人生いたる所に青山あり

 劉輝彷徨編……という回……というより、回想編なんじゃなかろうか。
 てか、第1部第1話からの回想ばっかですっごい手抜き~~(^^;)。
 まぁ、劉輝が「王として」の自分を探す回なのだから、それもありだ、とは思いますが(^^;)。

 でもね、誰かのために生きる、という生き方もありだと思うんですけどね。
 究極、王というのは、国民のために在る存在でもあるのだから、劉輝のこれまでだって間違ってはいないでしょ。
 それに、王様が独断で決断してばっかりというのは間違いになりやすい。
 だって、双花菖蒲の言であれ、それを容れて決断してきたのは王様。
 秀麗を茶州州僕に任じたのも、王様である劉輝。
 それは、決して間違った任官ではなかったでしょ。
 その劉輝の王としての決断を認めたからこそ、悠舜は戻ってきたんじゃないかな?

 少なくとも無自覚で甘ちゃんの双花菖蒲より、よ~~~~っっぽどマシな王様だわ(笑)。

 あ~~~~っ! 楸瑛ってば、そんな登場はないでしょ~!(笑)。
 つか、劉輝って、火熾しできなかったの?(^^;)
 野宿旅の基本でしょーがー(笑)。

 それにしても、火にあたるパンダ……野生動物は火を怖がるはずなんですが(^^;)。
 しかも焼いた茸なんて、パンダは食べたことないだろうに(^^;)。

 あ、またそんなとこで立ち聞きしてるんじゃないっ!>楸瑛

 かくて社に辿り着いた劉輝。
 第2期の残りはあと3話。さてさて、次回は如何に?

|

« 恋の翼(2)-ARRIVAL | トップページ | 咲きほこる蜜月 »

「アニメ」カテゴリの記事

コメント

先日はどうも\(^_^)(^_^)/
ところで、アニメも原作もしりませんのでハズしていると思いますが、「人生」じゃなくて「人間(じんかん)」では?

投稿: なかむら | 2008/02/22 午前 01時02分

はい、正しい格言は「人間」です(^^;)。
が、このアニメ版彩雲国の各話タイトルは、わざと絶妙に間違えてることが多いんですよ(笑)。
これで間違えて覚える人がいないといいんですけどね(^^;)。

投稿: 速水 | 2008/02/24 午後 03時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81043/40197933

この記事へのトラックバック一覧です: BS2彩雲国物語第2部(第36話)
人生いたる所に青山あり
:

« 恋の翼(2)-ARRIVAL | トップページ | 咲きほこる蜜月 »