« アンダルシアのそよ風 
螺旋のゆくえ
 ~富士見二丁目交響楽団シリーズ第6部
| トップページ | CD「両手に君の告白を」
-その指だけが知っている4 »

2007/12/08

クラッシュ・ブレイズ9
-夜の展覧会

クラッシュ・ブレイズ9<br />
 夜の展覧会クラッシュ・ブレイズ9
 夜の展覧会

(茅田砂胡/C☆NOVELS/中央公論新社(2007/11/22))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 4ヵ月ぶりのクラブレ新刊です☆
 いやー、今回はフライングがありました(^^;)。
 だって、25日発売なのに、21日夕には一般書店に平積み状態だ、なんて思いもしませんでしたもん。
 てっきり22日だと思ってたのに~~~(笑)。
 別件で書店に行って、新刊棚で見つけたときには、マジで目が点(・_・;)になりました。はい。
 早く読めて嬉しかったけど、フライングで知らなかったら恐ろしかったなぁと、複雑な心境です(^^;)。

 で、新刊~♪
 今回のネタは、例の「黄金と翠緑玉の君へ」です。
 暁天シリーズでの繰り越しネタがようやっと日の目を見た、ってとこでしょうか。
 まぁ、ルゥとキングとダイアナは知っていたんですけど、リィと女王は初ネタですからね~。

 しかし今回、ほっとんど出番がなかったにも関わらず最強だったのは、ルゥじゃないでしょうかー(笑)。
 でも、最後に解決役が出てくるのは、推理小説の定番で……って、ありゃ? クラブレってSFだよねぇ?

 あ、あと、見所は「父の復権」でしょうか。
「お父さん」「父親」この二つの言葉がリィの口から出る日が来るとは!(笑)。
 しかも、「持つべきものは顔の広い父親だな!」とべた褒め☆
 なんだ、リィってば、父親だって思ってるんじゃないの?
 人間嫌いだから認めたくないだけで。
 アーサーが父親で、良かったねぇ♪

 さて、続きはいつかなぁ……。

|

« アンダルシアのそよ風 
螺旋のゆくえ
 ~富士見二丁目交響楽団シリーズ第6部
| トップページ | CD「両手に君の告白を」
-その指だけが知っている4 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラッシュ・ブレイズ9
-夜の展覧会
:

« アンダルシアのそよ風 
螺旋のゆくえ
 ~富士見二丁目交響楽団シリーズ第6部
| トップページ | CD「両手に君の告白を」
-その指だけが知っている4 »