« BS2彩雲国物語-
彩雲国絵巻IX~光と闇と~
| トップページ | 彩雲国物語(12)
 白虹は天をめざす »

2007/09/17

ショート・サーキット

ショート・サーキット
ショート・サーキット2<br />
 がんばれ!ジョニー5
ショート・サーキットショート・サーキット2
 がんばれ!ジョニー5

 唐突ですが、衝動買いしてしまいました(^^;)。
 とはいえ、吹替版が入ってなくって、とっても寂しい~~~~~~o(T^T)o
 だってだって、ジョニー5役の三ツ矢雄二さんは、絶品だったんですよぉ~~~!!!!!
○ショート・サーキット(1986年)
キャスト
吹替
ナンバー・ファイブ
(ティム・ブレイニー)
三ツ矢雄二
クロスビー
(スティーブ・グッテンバーグ)
富山 敬
ステファニー
(アリー・シーディ)
土井美加
ベン
(フィッシャー・スティーブンス)
江原正士
フランク
(ブライアン・マクナマラ)
羽佐間道夫
スクローダー
(G・W・ベイリー)
坂口芳貞
○ショート・サーキット2/がんばれ!ジョニー5(1988年)
キャスト
吹替
ジョニー・ファイブ
(ティム・ブレイニー)
三ツ矢雄二
ベン
(フィッシャー・スティーブンス)
安原義人
サンディー
(シンシア・ギブ)
岡本麻弥
 公開からもう20年も経ってるなんて思わなかった(^^;)。
 確か、きっかけは新聞のTV欄。キャストだけで観たんですよね。
 しかも私が目を引いたのは富山さんだったりしまして(^^;)。
 今でこそ「ショート・サーキット」の主役はナンバー5だと断言できますけど、初見なんてそんなもんです(^^;)。
 だってだって、三ツ矢さんのナンバー5、めっちゃいいんですよっ!!!
 えーもう、代表作の一つでしょう!(力説)

 そんな不純な動機で見た「ショート・サーキット」でしたが、とにかくすっごい感動したんですよね~~☆
 どこがいいって、ナンバー5が「生きてる」ってクロスビー博士が理解して飛び上がって喜ぶトコ。
 その直前、朝焼けの中でクロスビー博士とナンバー5が向かい合ってるシーンがしっかり目に焼き付いてるくらい☆
 実を言うと、あのシーンのジョーク、……笑えませんでした。意味がわかんなくて。
 本編でも「オチを間違えた」って言ってるから、どこがどう笑えるのか……(^^;)。
「神様が、コインを、お取りになる」のが、どうしておかしいのって?
 ナンバー5は「おかしい!」って爆笑するんですけど。
 今はちょっとだけ、わかります。
 神様がコインを取ったら、そりゃおかしい!(笑)

 そして、
「笑うことができるのは、生きているものだけ。生きているものだけが、笑うことができる」
 のです。
 ナンバー5は、生きている!

 そんなお気に入り作品だもんで、続編をTVでやると知ったときは、しっかりテープ用意して録画して観ました。
 えー、もう、ラストは泣けましたよ!(;o;)
 1より2が好きな映画なんて滅多にないんですが、この「ショート・サーキット」に限っては、断然2が好き!

 1では脇役でしかなかったベンとジョニー5が、とってもいいコンビで☆
 ベンの恋の手助けをジョニーがするとこなんか、ドキドキしながら観てました。
 そしてラスト、バッテリーが切れてしまったジョニー5に、ベンが必死に人間用の電気ショックを与えて……ってとこが、もうメチャクチャ泣けて……。
 あとで見直した時に、「電圧かけっぱなしのジョニー5に触れたら、へたしたら感電するんじゃない?」と笑ってしまったんですが(^^;)。

 ああ、ううっ、どっかで吹替版を再放送やってくんないかしら?
 そしたら絶対録画するのにっっっっっっっっ!

|

« BS2彩雲国物語-
彩雲国絵巻IX~光と闇と~
| トップページ | 彩雲国物語(12)
 白虹は天をめざす »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントが半年以上遅れてますが、私も子供の頃からずっとこの映画が好きです。
観たのは英語版ですけど私も2のラストでめちゃめちゃ泣きました。
所で、クロスビー博士の語ったジョークのオチというのは多分、コインが全部地面に戻ってくる筈だから結局一つも渡さない事に成る、と言う所でしょう。
まぁ、特におかしい冗談ではないと思います、少なくともナンバー5みたいに爆笑する程では。
吹替版の再放送があるといいですね。

投稿: ChibiK | 2008/05/15 午後 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81043/16465071

この記事へのトラックバック一覧です: ショート・サーキット:

« BS2彩雲国物語-
彩雲国絵巻IX~光と闇と~
| トップページ | 彩雲国物語(12)
 白虹は天をめざす »