« 彩雲国物語(12)
 白虹は天をめざす
| トップページ | BS2彩雲国物語第2部(第18話)
日暮れて道遠し »

2007/09/19

お伽もよう綾にしき(3)

お伽もよう綾にしき(3)お伽もよう綾にしき(3)
(ひかわきょうこ/花とゆめコミック/白泉社(2007/09/10))
※既刊については、目次ページの「ひかわきょうこ」さんを参照してください☆
 新刊は、忘れた頃にやってくる~♪
 雑誌買ってないので、某書店リストに載らない本は、追っかけるのが一苦労です(笑)。

 というわけで10ヵ月ぶりの新刊~☆\(^o^)/☆
 隔月連載で5話分ですからしょうがないのですけど、それにしてはコミックス化は早いほうでしょう。

 しかしうーん、こちらもこう来ましたか~(^^;)。

 てっきり悪役のまま終わるかと思った(cf:「彼方から」)んですが、こうくるとは思いませんでした。
 あと、新九郎とおじゃる様が別人(格)なのはわかってたけど、まるっきり別人とは思わなかった。
 管狐(飯綱狐)についても、昔からいろいろマンガにはなってるんだけど、このマンガでの飯綱狐の解釈はそれらとはどうも違うし、うーん?

 いずれにしても、おじゃる様の正体、なんなんだろうなぁ。

 それはさておき、新九郎ですが。
 18ですずと出会って一年半後に神隠しにあっています。
 神隠し中は時が止まっていたようなので、彼は19歳のままなはずですね。
 でもって、11年すくすく育ったすずは18歳。
 ふっふっふ。もしかして、いや、もしかしなくても、“ととさま”から“新九郎さま”になるのかな~?
 るんるんっ♪

 続きはまた10ヵ月後、なんだろうなぁ。
 うー、待ち遠しい~~(^^;)。

|

« 彩雲国物語(12)
 白虹は天をめざす
| トップページ | BS2彩雲国物語第2部(第18話)
日暮れて道遠し »

コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お伽もよう綾にしき(3):

« 彩雲国物語(12)
 白虹は天をめざす
| トップページ | BS2彩雲国物語第2部(第18話)
日暮れて道遠し »