« そして指輪は告白する
-その指だけが知っている4
| トップページ | BS2彩雲国物語第2部(第14話)
虎穴に入る »

2007/07/14

BS2彩雲国物語第2部(第13話)
急いては事を仕損じる

 劉輝と縹璃桜の邂逅……。
 原作よりちゃんとシリアスしてるぅo(^o^)o
 声は明るいけど、ちゃ~んと顔がシリアス☆

 ふふっ、劉輝のこーゆーとこ、大好き!

 秀麗のお料理~☆
 ――って、あの、まな板の上にあるのって、ジャガイモと玉ねぎとニンジンに見えるんですけど。
 で、横で秀麗が粉をこねてるってことは……饅頭作ってんのかな?
 だがしかし、葉先生がかき回してる鍋の中味、クリームシチューに見えるんですけど。
 琥林郡に来るまで捌いた豚くんたちが山てこあったはずだから、干し肉(またはベーコン?)にしてポークシチューかな?
 ……確か、中華風ファンタジーだよね?>彩雲国
 
 影月と陽月の会話。
 一人二役なわけですが、今回も同時収録かな?
 前にゲストトークだったかな、浪川大輔さんが仰ってましたから。
 うーん、さすがプロですねぇ。

 囚われた香鈴。
 生の麦と木の実……どうやって調理するんでしょうか。
 麦は煮込んでおじやかな? 病人食でもあるんだから。
 それから木の実の殻を剥いて煎っておじやに入れて~、塩で味付けしておしまい。
 ホントは出汁が欲しいトコですね。昆布か鰹……があると嬉しいかな……って、無理か(^^;)。

 ラスト、もう一回影月のシーン。
 今回の主役は影月ですもんね。
 小さくても、やっぱ漢ですねぇ。
 香鈴は男を見る目がありますねぇ。

 さてさて、次回はいよいよ脱出計画発動!
 どうやって片を付けてくれるのか。待て次回!(^^;)

|

« そして指輪は告白する
-その指だけが知っている4
| トップページ | BS2彩雲国物語第2部(第14話)
虎穴に入る »

「アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BS2彩雲国物語第2部(第13話)
急いては事を仕損じる
:

« そして指輪は告白する
-その指だけが知っている4
| トップページ | BS2彩雲国物語第2部(第14話)
虎穴に入る »