« 御曹司は恋に啼く | トップページ | 彩雲国物語(2) »

2007/07/01

BS2彩雲国物語第2部(第12話)
義を見てせざるは勇なきなり

 いよいよ治療開始!
 ……って、室内が明るすぎ……ませんか?
 なんとなく原作イメージだと、なんとなく暗い感じしたんですけど。

 うー☆葉先生、漢っぽい!
 今までの爺さん口調がなくなって、大きく見えます。
 うんうん、こーでなくっちゃ。

 それにしても、
「間に合わせる!」
 が聞けなかったのは残念(-_-;)。
 あと、倒れた若い医師たちが、そのまんま寝てるのがちょっとなぁ。
 彼らを患者の家族たちが看病してることに、意味があったのに。

 さてさて、場面は変わって石榮村。
 影月がやつれてません(^^;)。
 あと、この時点で縹家だと影月が気づいてるのって原作にあったかなぁ。
 縹家について知ってるのは、一部のはずなんだけど。
 や、陽月は知ってるでしょうが。

 再び場面変わって、貴陽宮城内の仙洞宮。
 待ち人来たれり……って、タイトル違~う(^^;)。
 でもでも、
「当代国主、紫劉輝。お初にお目に掛かる」
 うふふっ☆劉輝がかっこいー☆

 次回、いよいよ劉輝が縹璃桜と対決!(?)

|

« 御曹司は恋に啼く | トップページ | 彩雲国物語(2) »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BS2彩雲国物語第2部(第12話)
義を見てせざるは勇なきなり
:

» レビュー・評価:彩雲国物語2 (アニメ)/第12話 義を見てせざるは勇なきなり [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 15 / 萌え評価 23 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 30 / お色気評価 0 / 総合評価 14レビュー数 13 件 ようやく虎林城に入った秀麗たち一行は、病気の村人たちと対面するが、事態の深刻さに言葉を失う。一刻の猶予も許されないと、人体切開の手術に取り掛かる葉医師。その手助けとなったのは村の女房たちだった。一時は、人体切開を目の当たりにし尻込みした若い医師たちも、助けを求める村人の姿に、医者としての本分を思い起こす。... [続きを読む]

受信: 2007/07/04 午後 05時37分

« 御曹司は恋に啼く | トップページ | 彩雲国物語(2) »