« OVA「冬の蝉」第三巻~東京悲話~ | トップページ | BS2彩雲国物語第2部(第12話)
義を見てせざるは勇なきなり »

2007/06/27

御曹司は恋に啼く

御曹司は恋に啼く紳士は愛に溺れる
御曹司は恋に啼く
花丸文庫(2007/6/19)
紳士は愛に溺れる
花丸文庫(2007/3/20)
真船るのあさんの既刊についてはこちらをご覧ください☆
「紳士は愛に溺れる」は3月に出ていたんですが、買ったまんま感想をアップするのを忘れてたんで、一緒にご紹介します。
 とゆーか、もともとこの2冊、兄弟でそれぞれ主役の話、だったりします(^^;)。
「紳士――」が兄カップルで、「御曹司――」が弟の話。
 で、時代設定が明治維新直後……って、わはははは。

 だがしかし、作中、あんまりきらびやかさとか華やかさがかけらも感じられないっ(笑)のは……なんでだろ?(^^;)
 や、もともと真船さんって、耽美とは正反対のジャンルにおられますけど……(^^;)。
 真船さんにはマイフェアレディネタは前にも何本かあるんですけど、なんとなく、おしとやかにはならないというか、ハイソにならないというか(笑)。
 だって、イライザは淑女教育後にミミズ取って魚釣り、なんて、しませんからね(笑)。

「御曹司――」でも、書生が爵位を取るために手っ取り早くお金を稼ごうと高利貸し……って、えー……。
 うーんうーん(^^;)、や、いーんですけど。
 で、御曹司があっけなく平民になっちゃって。
 や、二人がラブラブならいんでない?(笑) 時代設定が醸すはずの耽美性やセピア的雰囲気は皆無ですが(^^;)。

 でも、それが真船ティストだとも思います☆
 設定がなんでも、お話が素敵なら、それに勝るものなし!

 さーて、次はどんなお話かな~?

|

« OVA「冬の蝉」第三巻~東京悲話~ | トップページ | BS2彩雲国物語第2部(第12話)
義を見てせざるは勇なきなり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

BL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御曹司は恋に啼く:

« OVA「冬の蝉」第三巻~東京悲話~ | トップページ | BS2彩雲国物語第2部(第12話)
義を見てせざるは勇なきなり »