« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の記事

2007/05/29

アバウトミー設置してみました♪

アバウトミー(http://aboutme.jp/)
 右サイドバーをご覧戴くとおわかりでしょうが、「アバウトミー」を設置してみました☆
 この「アバウトミー」は@nifty提供のBlogパーツで、ん~と、凄く大雑把に言えば、「成長型プロフィール」、かな?

 基本的に公開版プロフィールですので、最低限の情報しか載せてません。
 が、目的はそっちじゃなくて、質問回答履歴、でしょうか。
 設置者が質問に答えていくと、その回答から当人が見えてくる……といった感じ。

 余談ですが、アバウトミーのユーザ登録からココログへの貼り付けまで、丸一日掛かりました……。
 えーもう思いっきり、わかりにくくてわかりにくくてわかりにくくて……endless...
 ……これのどこが簡単だってぇぇ~~?……!○(`△´)o
 えぇえぇ、マジ、クレームメール書きましたよ。わかった時点で出すのはやめましたけど。
 だってねぇ、アバウトミー設定ページのとあるページにのみ「ココログに貼る」javascriptアイコンがあるなんて、ヘルプのどっこにも書いてないんだもんっ! んなんでわかるかぁ~~~っっっっ!!!!ヽ(`Д´)ノ

 で、それでもなんで途中で放り出さずに頑張ったかといえば、アイコンのペンギンちゃんが可愛かったからです(笑)。
 昔持っていたマグカップ(ブルーナのペンギン)がこんな感じのキャラで、お気に入りだったんですよ☆

 ちなみに私のプロフィールページは↓こちらでーす~♪
 ・http://key-midorigaoka.aboutme.jp/

 ココログ以外のBlogサービスにも設置できるところがあるようですから、よかったら遊んでみてくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/28

BS2彩雲国物語第2部(第8話)
人事を尽くして天命を待つ

 秀麗貴陽奮闘編その3~(^^;)。
 あちゃ、早速悠舜との会話がない~。朝廷官吏たちを諫める悠舜の台詞もない~(¨;)。
 尺が決まってるからとはいえ、これはなぁ……。
 ただまぁ、秀麗の長広舌はほぼそのままなんでちょっとホッとしました。

 ダン!と莫邪を床に突いた劉輝☆かっこよかったー♪
 いやー、影月編で一番楽しみにしていたシーンです♪
 欲を言えば、よりもっと厳しい顔をしていてくれたらもっとよかったんですが(笑)。
 おっと、禁軍出陣を聞いた直後の楸瑛。これも楽しみでした。
 どんな表情や描写をしてくれるかと思いましたが、うん、まぁまぁ、ってとこですか。

 あ、悠舜の台詞、秀麗が取った~(¨;)。
 あと、鷹匠の依頼とチャンバラごっご云々の長台詞……削られましたねぇ。やむを得ませんが。

 お☆黎深と絳攸の会話、削らないでくれたわ♪
 まぁ、これを削っちゃったら、見合い話が片づきませんからね。
 しかし、逃げてく黎深の効果音がなんでバイクの疾走音……?(^^;)

 劉輝と秀麗の会話。
 台詞が棒読みだよ……劉輝(笑)。
 ま、原作通りで嬉しいです(笑)。

 ラストの貴陽出立……かなりのんびりしてませんか?
 一刻を争う事態じゃないんですかぁ~?
 だいいち、克洵の劉輝への忠義宣言、朝議の席でじゃなかったわけ?
 朝廷官吏達に、劉輝の茶家掌握を知らしめる絶好の場だったわけでしょうに。
 う~~~~~~~っ! 冷遇されてるなぁ……>劉輝

 さて、次回はいよいよ崔里関塞。
 秀麗はどうなるか。早く来い来い来週末!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/27

BS2彩雲国物語第2部(第7話)
一心岩をも透す

 はいっ、秀麗貴陽奮闘編その2です。
 ううっ、相変わらずBGMがのんき……orz
 この緊迫感の無さ……なんとかして……o(T^T)o

 それにしても、葉棕庚先生……やっぱり小柄すぎませんかしらん?
 華娜に惚れられたほどの紅顔の美少年、だったわけでしょう?(^^;)
 外科医は体力勝負ですから、ある程度の体格がないと難しいんじゃないかと思うんですが。
 だいたい虎林郡でのべらんめぇ調のイメージ、まるっきりないんですけど。

 秀麗と貴陽全商連との対峙……これはほぼ原作通りですね。
 会話は原作通りですが、秀麗の態度が自信満々……というのは、無理がありすぎです。
 でもまぁ、原作を読んでなければ気づかないことですけど。
 ただ、この作品の醍醐味である、若輩と経験不足ゆえの不安に押しつぶされそうになりながらも交渉に臨んで、というドラマティックな緊張感は皆無です、よね。

 さて、次回は朝廷との対決。
 どんな弁舌を見せてくれるのかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/23

SILVER DIAMOND(11)

SILVER DIAMOND(11)SILVER DIAMOND(11)
(杉浦志保/いちラキコミックス/冬水社/(2007/5/20))
※既刊については、目次ページの「杉浦志保」さんを参照してくださいね☆
 ……久々に本を買いました……orz
 ほんっっっとに最近新刊買ってません(泣)。てか出てない?……orz

 で、待望の11巻ですo(^∇^o)(o^∇^)o。
 まだまだ承半ばですね~。
 羅貫はひたすらマイペース(俺様配分(笑))で緑化推進驀進中ですが、まぁよく次々手を思い付くもんです。
 だって、竜巻で種ばら蒔こうなんて、ふつー考えつきませんてば(^^;)。

 妖芽の皇子側も金隷が本性発揮(笑)。
 かーさんそっくりな沙芽を公表しましたが、金隷と重華は何を考えてるんでしょうかしらん。

 SDは雑誌追っかけてますが、とにかく毎回読み耽っちゃいます。うー、早く続きを読みたいよ~o(^^;)o

 さて、このエントリーは携帯からの投稿です。
 つか、ここんとこPC起動がとみに減ってまして(^^;)、放っとくと感想書かないまま終わりそうなので。
 内容紹介としてのアフィリは、あとで捕捉として貼りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/22

SILVER DIAMOND(10)

SILVER DIAMOND(10)SILVER DIAMOND(10)
(杉浦志保/いちラキコミックス/冬水社/(2006/12/20))
※既刊については、目次ページの「杉浦志保」さんを参照してくださいね☆
 ……えーと……PCデータ調べてて、感想書いたままアップしてないのに、今さら気づきました……。
 なので、10巻の感想を先に上げておきます。しくしく。

 はじまりは羅貫の夢……に千艸が潜り込んでるところ(笑)。
 人の夢の中なんか覗いちゃいけません!(笑)……とゆーのは、この際横へおいといて、それよりも仲間が殺されかけてるのに、暢気に寝てるな~~(笑)。

 で、葉の鳥さんたちですけれど。
 頭、骸骨に見えるんですが。体は、葉っぱに見えるんですが。
 それでなんで木の実食べられるの?
 しかも「オイシイ」って、どこに舌があるんですか?
 体が葉っぱなのに、食べた実はどうやって消化吸収されるの?
 ねぇ、どうして?(笑)

 それと千艸クン。
 あの~、10巻目にして、その心細そうな顔……なんですか?
 可愛すぎて困るじゃないですか(笑)。
 図体のでかいひよこ……とは、ホント、言い得て妙……(^^;)。

 さて、松葉が鳥に貰った眠り薬。
 妖芽の皇子は眠ってるんだよね。
 でも、宮処から来た鳥から貰った……この鳥って妖芽だろうなぁ。
 妖芽の皇子は妖芽の手先、だったっけ?
 となると、妖芽を司る意思を持つもの……妖芽の皇子よりも格上のもの、がいることになるんじゃないかな?

 うーん、まだまだ明かされてないことが多そうですねぇ。
 次巻はいつだ~~~?(¨;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/14

BS2彩雲国物語第2部(第6話)
青天の霹靂

 ホントに出ましたo(^Q^)o>黒いも羊羹
 いや~、どんなのかと楽しみにしてたんですが、けっこう美味しそうでした。

 さて、いよいよ風雲急を告げ。
 かなり端折られましたが、ほぼ原作通り、ですね。
 つーか、ここは原作厳守でいかないと。

 だがしかしっ、秀麗も悠舜も笑ってる余裕があるのが不思議(¨;)。
 前回、BGMが緊迫感ありありだったのに、今回はなんだか大人しげなのがなんか違和感。
 燕青と柴彰のやりとりも緊迫感が足りないっ! 落ち着いてるヒマあんのかっ!
 ほう、なんて感心してる場合か!>燕青
 うーん、音響監督が藤山房伸さんなのになぁ~(¨;)。

 宮城でのやりとりも……。
 太常寺大医所長官は陶老師が兼ねてたはずだけど……工部尚書を出せないから、苦肉の策ですか。
 射殺しそうな目で睨む悠舜が見たかったのにっ! 
 半日で大丈夫じゃなくて、半日いただきたい、でしょう~~>陶老師
 そこで微笑してる場合じゃ……長官が是といったからって、ホッとして微笑み合ってる場合ですか~~っ!
 うぅ~~っ、緊迫感が、緊迫感がっ!
 病気が怖いんじゃなくて、邪仙教が怖い、の間違いでしょ~~っ?>長官

 せっかくせっかく影月編のいいとこなのに~~っ!o(T^T)o

 で、影月が石英村へ出かけるところで終わり?
 また……orz

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/13

BS2彩雲国物語第2部(第5話)
愛は惜しみなく与う

 今回も冒頭がイケてます。
 暗闇から伸びる一本の手。ふふっ不気味~~~~ぃっp(^o^)q
 うーん、ここの演出は上手いっ。

 でも、縹家当主との邂逅を宮城内路上にしたのはちょっとなぁ。
 にしても、やっぱり関俊彦さんのイメージじゃないんだけどなぁ>縹家当主

 吏部尚書の仕事ぶり……アニメならではの誇張表現が面白かった☆
 でも、できれば呆気にとられず、全面決裁完了臨戦態勢を指揮してる絳攸も見たかった。

 縹家当主問題……梅干しが出てきませんでしたね。
 あと、静蘭の「本当に?藍将軍」の台詞もないし、劉輝の「一番大事なものを守ればよい」の台詞もありませんでした。
 確かに今これを入れると、伏線が未来過ぎてアニメ視聴者は「?」となるでしょうから、しょうがないのでしょうが。

 不戦勝の謎……視聴者にわかりましたかしら。
 不戦勝ということは、全商連が戦わずに逃げた、ということ。
 鄭悠舜と会う→契約交渉になる→諾と言わされてしまう。
 それがわかってるから「来なくていい」。
 けど、全商連としても、将来事業が確実に実行される道が立てば膨大な利益が見込めるから、はっきり断ってこない。
 もし万一事業が頓挫したとしても、契約が成立していないのだから、全商連も茶州もどちらにも傷は付かない。
 だが悠舜は全商連を逃がすつもりはないし、事業を頓挫させるつもりもなく、絶対に学舎を設立させる。
 断られなかったのだから、事業を確立させる見込みさえ立てれば全商連はほいほい乗ってくる。
 だから、今会わずとも「賛同を得られた」のだから、「不戦勝」、なのです。

 おっと、絳攸の迷いがようやく終結。
 原作だと短かったのに、かなりひっぱってくれて~。
 ま、玖琅とのやりとりはまた来週かな?

 さてさて場面変わって茶州。
 ここできっちり影月&香鈴のラブシーンが見られるとは思いませんでした(^^;)。
 だいたいそもそもあんまりにも急じゃないですか>影月&香鈴
 第1部であれっだけ(原作での)二人のラブエピソード素を素っ飛ばしといて、一気にラブラブ?
 いっくら第2部が急遽決まったからって、これこそ「短兵急」っていうんじゃありません?(¨;)
 まぁ、第1部のツケっちゃツケなんですけど。
 にしても、影月のビジュアルが子ども子どもしてるせいか……アニメだと見ててこそばゆいです。はい。
 えーと、この時点で15才だっけ?>影月
 それにしては……チビっちゃいなぁ……や、これは禁句か……(^^;)(^^;)

 そしていよいよ櫂瑜州牧が登場して秀麗と会見……って、入室挨拶で終わりですかっ!
 おいおい~~~っ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/12

BS2彩雲国物語第2部(第4話)
冬来りなば春遠からじ

 ……ううっ、アップするのを忘れてました……。
 冒頭で彩八仙の説明をあらためてしてましたね~。
 第1部との間が空きましたから、まぁ、妥当な線でしょう。
 でもなにより、冒頭に劉輝と悠舜の会話を持ってきたのはGood!です。
 このシーンは大事です。原作の今の展開を見れば、特に! ですね。

 紅家での昔のシーン。いやぁ、物陰の黎深がらしくってらしくって(笑)。
 ひゃぁ、邵可パパ、その蜜柑、どーやってむいたんですか~~(^^;)。
 だって、玖琅は知らないんでしょ、邵兄の正体。

「白のつどい・みかんの夕べ」完成の瞬間……アニメならでは、ですね(笑)。
 それにしても、大根型の笛なんて……どーやって手に入れたの?>藍龍蓮

 ほのぼのしてる貴陽をよそに、茶州では邪仙教が跋扈……。
 石英村でユキギツネを見たとの報……。

 緊張感が増していきます。

 でも貴陽はまだほのぼの。
 秀麗の進言に、転けつ転びつ走っていく吏部尚書。
 みかんのおかげ?(笑)

 ……それも束の間、暗雲急に垂れ込めて。
 忍び寄ったは白銀の美青年……。
 待て次回!

 ってとこですか~~~~っ。いけずっ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/01

G・DEFEND(31)

G・DEFEND(31)G・DEFEND(31)
(森本秀/いちラキ/冬水社(2007/4/20))
※G・DEFEND既刊については、こちらを参照してください☆
 実は発売日を1ヵ月間違えてまして(^^;)、友人に言われて初めて気がつきました。
 いやー、ホントにありがと~☆>くまさん♪

 ではでは感想いってみましょー♪

・45th それは寒かった日のこと
 はい、確かに他人のネクタイは結びにくいです(笑)。
 や、このネタどっかでやってくれるとは思ってましたが、導入時じゃなくてこーゆーはずれた時期にやるのってフェイントですねぇ。
 屋上の空調機、どっから資料手に入れたのかな? まぁ、似て非なるものですけど、なんとなく合ってるんで(^^;)。
 浅野の部屋を襲ったクロさん、同室の真田は慣れてるのか?(笑)
 でも、焼き菓子の匂いって、オーブン壊れてたんだから今日は焼けてないわけで、匂いするはずないじゃ~ん?(くすくす)
 ま、そーゆーことにしときましょ♪(笑)

・46th PROUD
 マスター・篠井の幼馴染み登場!です☆
 双子で世界的スターって、現実にはなかなかいませんよね。
 思い出すのはハリポタの双子だけど、別にそれほど(失礼ながら)メジャーには思えないし。
 にしても篠井、あの双子を見分けられるのって凄い!v
 双子くんも花係ちゃんの手にキスしての一言がいいですね~。

・47th WANTED
 とうとう石川の酒癖問題(笑)。
 酒癖はさまざまですけど、石川の場合……(^^;)ですからねぇ。
 まぁ、今回証拠付きで本人に状況説明ありましたから、今後はがっちり(?)大丈夫でしょう。
 しかしクロさん、映像編集してどうするつもり?(笑)

・48th 後に続く者達へ
 訓練校時代エピソード。
 一番意外で、でも納得したのはクロさんの爆発物処理の追試ネタでしょう(笑)。
 あのエベレストより高いプライド、いったいどーやって築かれたものなんだか?(^^;)
 にしてもうささん、暗視スコープや閃光弾……ふつー護身グッズに自作するったって、シロートが作りますか?それ。
 クロさん、バーベキューセットに焼き肉セットが同時に当たったって……くじ運ありすぎだわ(^^;)。
 学生時代から懸賞で食ってたりしてね。

・番犬と戦闘犬
 ほえ? アレクって左利きだったんだ? つか、両利きかと思ってた(^o^)。
 でも確かに食事のときって、左利きは気を遣うよね~。

・こんなこともありました
 匂いで目を覚ます西やん(笑)。
 チョコレートフォンデュって、そんなにチョコの匂いするのかな?
 でもって、石川と尾美の部屋に避難、っと(^^;)。

 感想いじょ~☆
 で、最後の次巻予告っ!
 替え台詞って初めてじゃないかしら?(笑)
 てことは、マジで原稿が定期刊行スケジュールに間に合わないってこと?
 がんばってくださいっ!>森本さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »