« 天使×密造(4) | トップページ | BS2彩雲国物語第2部
(第2話)泣くも笑うも同じ一生 »

2007/04/17

彩雲国物語(11)
 青嵐にゆれる月草

彩雲国物語(11)<br />
 青嵐にゆれる月草彩雲国物語(11)
 青嵐にゆれる月草

(雪乃紗衣/ビーンズ文庫/角川書店(2007/4/1))
※既刊については、目次ページの「彩雲国物語」を参照してくださいね☆
 しくしく……これも以下同文。
 えー……。一読しましたが……。
 雪之紗衣よおまえもか……。

 ったく、伏線が暗いよぉ~。
 秀麗の体調ネタだけでもじゅ~ぶん暗いのに、なんでここで楸瑛?

 正直、今回は途中までセーガインパクトだったはずなんですが……。
 ラストであーくるとわ……。
 えー、もう日にち経ってるからいーでしょー。

 双花菖蒲の一人、藍楸瑛が花を返上しちゃいました。

 や、まぁ、ある意味、今までの楸瑛に関するだらだら伏線の回収に入ってるのはわかるんだけど~。
 ったく、しっかりしろよ~>楸瑛
 いくらお家大事ったって、それに縛られつつも、主上には手加減しかできないくらい惹かれてるんだろが~。
 たとえ花を返上して家に帰ったところで、今度は主上に応えられなかった自分が泣くだけだろうに。
 家を選んだつもりだろーが、ホントに選べてたら悩まないって。
 とっとと自覚しないから悪いんだっっつーの。
 たぶん家帰っても悶々とするわよね、えーもー生けるシカバネって感じで。

 ―― 一度〝花〟を返上したとなれば、もう何があろうと、たとえ王が跪いて懇願しようが、楸瑛が二度と受け取ることは決してないだろう。
 さて、劉輝はどーすんのかな?

 後に「軍に藍しあり、文に李紅あり」って謳われるんでしょ?
 がんばれ~、劉輝!

|

« 天使×密造(4) | トップページ | BS2彩雲国物語第2部
(第2話)泣くも笑うも同じ一生 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彩雲国物語(11)
 青嵐にゆれる月草
:

« 天使×密造(4) | トップページ | BS2彩雲国物語第2部
(第2話)泣くも笑うも同じ一生 »