« OVA「冬の蝉」
第一巻~江戸恋唄~
| トップページ | 戒書封殺記(4)
~その本、開くことなかれ~ »

2007/03/08

BS2彩雲国物語(第39話)
縁は異なもの味なもの

 第1シーズン最終話です☆
 茶州編の最後……実際は影月編の冒頭であるハズなんですが(^^;)、噂によるとこの39話のアフレコが終わったあとで第2シーズンの製作が決定したそうなので……しょうがないよね(^^;)。
 つか、マジでここで終わられたらキレる!(笑)

 さてさて今回の冒頭は、茶州府で貴陽からの手紙を受け取った影月・燕青・柴彰・香鈴。
 会話がのどか~(^^;)。
 ま、今回で終わる予定だったら、のどかでもやむを得ないですね。

 場面変わって貴陽。
 真面目にお仕事の劉輝と、疲れてボヤく双花菖蒲。
 正月に忙しかった理由が、新年の挨拶「だけ」になってますね。
 ホントはそれぞれの実家絡みで宮殿を留守にしてたのに。
 双花菖蒲が、本当は実家の軛に繋がれていること――。
 王が実は孤独だということ――。
 大事な伏線なのになぁ。
 そのあとの邵可邸での邵可とのやりとりはそのままなのに。もったいない。

 次は飲み比べがなくなったおかげで、ヒマになった秀麗(笑)。
 いきなり女亘女我楼で接待中の柴凛の助太刀にいくとは(^^;)。
 消えてた柴凛との会話がここで出てきました☆

 飲み比べがなくなり酔っぱらいでつぶれるシーンがなくなったので、秀麗が手料理の宴席を催すことになりました。
 また、劉輝と静蘭の会話が……これは原作にはないですね(^^;)。
 劉輝の孤独を演出するにはとってもよいエピソードです☆
 しかし、ここで墓参りネタを出すとは~~。
 うーん、流れが締めに向かってるなぁ(^^;)。

 宴会は府庫で行われることになりました。
 ……って、もちろんその後のネタ振りではあるんですが、オールキャストのお膳立て、でもありますね(笑)。
 玖琅まで宴会に出るとわ……(^^;)。
 あーっ、「お友達でいましょうね☆」の台詞が削られた~っ!
 これでへこむ黎深が楽しみだったのにっ!(笑)

 邵可に言われて?饅頭を届けに桜の庭にゆく秀麗。
 で、劉輝が表れて~~。邵可邸の庭での会話がここで出てきます。
 あ、ちゃんと目を閉じかけたところは見せてくれました☆
 ふふっ☆劉輝がカッコイイ~~~~るんっ☆

 そしてエンディングロールは、桜花の中での出逢いからの回想。
 おや? キャストに原作者のお名前が~~?(笑)
 しかし、役名が雪玉って……(^^;)。

 さて、3月は総集編です☆
 ダイジェストはマ王でも面白かったので、また楽しみです☆彡

|

« OVA「冬の蝉」
第一巻~江戸恋唄~
| トップページ | 戒書封殺記(4)
~その本、開くことなかれ~ »

「アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BS2彩雲国物語(第39話)
縁は異なもの味なもの
:

« OVA「冬の蝉」
第一巻~江戸恋唄~
| トップページ | 戒書封殺記(4)
~その本、開くことなかれ~ »