« BS2彩雲国物語(第39話)
縁は異なもの味なもの
| トップページ | BS2彩雲国物語-
彩雲国絵巻I~後宮浪漫~ »

2007/03/09

戒書封殺記(4)
~その本、開くことなかれ~

戒書封殺記(4)<br />
~その本、開くことなかれ~戒書封殺記(4)
~その本、開くことなかれ~

(十月ユウ/富士見ファンタジア文庫/富士見書房(2007/2/20))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 ふっふっふ~~~っ☆(^^)v戒書封殺記の新刊ですっ☆彡

 いや~、3巻が「あの人」にやられっぱなしの回だったので、今回は読んでいてほんっと楽しかったです☆(笑)

 何が楽しいって、「あの人」が歯噛みするとは……(^^;)。
 切り捨てきれないんですねぇ……くすくす。
 死書の正体がこれでわかりましたけど、マジ、いろんな意味で「諸刃の剣」、でした☆
 だって――もごもご(自主規制)――ネタにまでなるとは思いませんでしたよ、はい。
 しかも(だからか)「あの人」の出番がてんこもりっ!\(^o^)/
 え? 「あの人」がお気に入りかって?

 い・い・えっ!(笑)

 キライだからこそ、やりこめられるシーンが楽しいんですよっ☆
 私がお気に入りなのは、あくまで主人公!(o'-^)b>月詠読破

 こほん。ま、それはさておき、謎だった綴の異界司書としての特性もはっきりしてきましたね。
 ただ、それがどう活躍するのか、ストーリー的にどう影響するのか、イマイチわかりません。
 わからないから楽しみ☆なんですけどね。うーん、早く知りたいゾッ!

 さてさて、続きはまた半年後……かな? 待ち遠しいなぁ。

|

« BS2彩雲国物語(第39話)
縁は異なもの味なもの
| トップページ | BS2彩雲国物語-
彩雲国絵巻I~後宮浪漫~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戒書封殺記(4)
~その本、開くことなかれ~
:

» その本、開くことなかれ―戒書封殺記 [ライトノベルっていいね]
その本、開くことなかれ―戒書封殺記 著者 十月ユウ イラスト 藤丘ようこ レーベル 富士見ファンタジア文庫  館長がいいキャラだった。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリック... [続きを読む]

受信: 2007/03/21 午前 08時35分

« BS2彩雲国物語(第39話)
縁は異なもの味なもの
| トップページ | BS2彩雲国物語-
彩雲国絵巻I~後宮浪漫~ »