« BS2彩雲国物語(第35話)
逢うは別れの始め
| トップページ | BS2彩雲国物語(第36話)
世はすべてこともなし »

2007/02/05

CD「春を抱いていた7」

CD春を抱いていた7CD春を抱いていた7
(新田祐克/リブレ出版/インターコミュニケーションズ(2007/1/26))
※既刊については、目次ページの「新田祐克」さんを参照してくださいね☆
 ……1年ぶりの「春抱きCD」です。いろいろあってやっと聴けました……orz
 前回6がビブロス倒産の直前だったから、一時はどうなるかと思いましたが、出てくれて感無量! です☆

 さてさて、今回のCDの内容は「7巻」をまるごと収録♪
 あ、とはいえ、さすがにラストのEISWEINは(時間制限的に?)入れられなかったみたいで、残念。
 好きな話だったんだけどなぁ。

 原作7巻は割と現実の既存番組(某とん○るず(笑)とか某み○もんた(笑)とか筋○番付(笑))が出てきてるんでどうするかと思いましたが、筋肉番付以外はさらっとスルーしてくれました(^^;)。
 でもうーん、「実食!」は聴いてみたかったかも?(笑)
 コミック初版が2003年9月で、もう4年も経ってんだから、出しても別段問題な……あるか(^^;)。

 しっかし、あそこまでリアルに演っちゃっていーんですか~~~~~?(^^;)>森川さん
 や、まぁ、演ってる方はメチャ楽しかったんでしょうが(^^;)……音声のみ聴いてるこっちは……ii|||orz
 ……今回のCDは絶対真っ暗な部屋でお布団かぶった中で聴くべきでしょうね……。
 決して皓々と明かりの点く場所で聴いてはいけません。
 えぇえぇ、ウォークマンで聴くなどもってのほか! です……。

 それにしても、CDのラストが「あらかじめ失うべき存在」。
 ……ボーナストラックですか、これ(笑)。

 さて横恋慕男・宮坂ですが、キャスティングが鳥海浩輔さんだったのは意外でした。
恋する暴君」の森永役のイメージが強かったのかなぁ(^^;)。
 次回、つまり8巻以降に岩城を脅す役柄なんですから、それなりの悪役声で聴きたいなぁと(^^;)。
 ホントは小野塚の方がワルなんだけど。
 でも、小野塚役の遊佐さんは『PREMIERE』で共演済だからか、なんか慣れてる雰囲気?です。
 まぁ、今回鳥海さんは春抱き初出演ですから、次回以降に期待~♪

 しかし、某単語、そんなに言いにくいかな?(^^;)>フリートーク

|

« BS2彩雲国物語(第35話)
逢うは別れの始め
| トップページ | BS2彩雲国物語(第36話)
世はすべてこともなし »

ドラマCD」カテゴリの記事

BL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CD「春を抱いていた7」:

« BS2彩雲国物語(第35話)
逢うは別れの始め
| トップページ | BS2彩雲国物語(第36話)
世はすべてこともなし »