« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の記事

2007/01/29

BS2彩雲国物語(第35話)
逢うは別れの始め

 静蘭vs朔洵の毒酒飲み比べの続きです。
 ある意味この二人の会話で、茶家事件の背景というか裏事情など、かなりのことが視聴者にわかるようになってます。
 茶家の没落の理由も、清苑公子の話も。

 しかし朔洵、暇つぶし人の放蕩息子にしては、剣捌きも身のこなしも静蘭と同等ってのはヘンじゃない?(^^;)

 さて、秀麗が探しに来るシーン。
 うーん、やっぱ口から血を流してるところは、カラーで見るとくるものがありますね……。
 この朔洵のシーン、子安さんの声がすっごく合ってます。というか、すごく上手い。
 ……あれ? あの不可思議な呼びかけがない。
 あれがないと、このあとの話で困るんじゃないかしら?

 ここで劉輝と楸瑛のシーンになるのは原作通り☆
 それにしても音もなく近づく癖はやめなさいって>楸瑛
 劉輝の台詞に朔洵の映像をかぶせる、この画面構成はうまいですね。

 でも、劉輝と朔洵、似ているようでも、いくら一見そう見えても、二人の本質は決して似てはいないと思う。

 劉輝は、もし秀麗に出逢えてなかったとしても、決して朔洵のようにはなりえない。
 だって劉輝は、大切なものを大切と感じる心を、大切にするすべをちゃんと知ってたから。
 大切な人を愛するってことを、その意味をちゃんとわかってたから。
 それは、はっきりと決定的な違い。
 その違いが、秀麗が劉輝を救えた理由であり、朔洵に応えられなかった理由でもあると思う。

 話は戻って、今回、木陰の朔洵のシーンで終わるんですが……あ、まだ朔洵が簪持ってます。
 確か、秀麗が影月を連れて戻った時には、朔洵は姿を消してるはずなんですが……うーん、次回に繋がるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/28

BS2彩雲国物語(第34話)
毒をもって毒を制す

 はい、いよいよ茶家新当主選定式の日です。
 秀麗は春姫と克淳を捜すため、牢へと向かいます。
 で、今回のメインは克洵茶家当主として立つ、だと思うんですが、克洵より春姫の方が凛々しいですね(^^;)。
 いや元々がそーゆー展開ではあるんですけど、この作品での女性陣の強さをまざまざと見た気がします(笑)。

 さて、一段落ついて次は、場面変わって選定式会場。
 燕青が建物の造りが変だと気づくシーン。建物のおかしさを表現するために、影月が酒を零してみせてくれました。
 原作では燕青の台詞だけなんですが、これはアニメオリジナルです。
 こっちの方がわかりやすいし、手近なものを確認に使った影月の機転も表現されててよいですね~。

 続いての、影月くんの茶家全面改めの告発のシーン。
 うーん、淡々と告げるのはそれはそれでよいのだけど、できればもっとバシッと断言して欲しかったなぁ。

 またも場面は変わって、静蘭vs朔洵の毒酒飲み比べが始まりました。
 どうするかな~と思いましたが、ちゃんとやってくれましたね。
 まぁ、二人とも二十歳超えてるからできたのでしょうけど。
 これはよく知らないんだけど、お茶碗に賽子、っていうのは、これも正式の作法なのかしら。
 確かに、ただ卓に転がしたのでは、どっかに飛んでっちゃうもんなぁ。
 しかし、ちゃんと黒と白の賽子を使ってるのは、絵的にも嬉しいです。

 さぁ、毒酒飲み比べの結末やいかに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/27

CD「仮面侯爵に囚われて」

CD仮面侯爵に囚われてCD仮面侯爵に囚われて
(真船るのあ/小学館/フィフスアベニュー(2007/1/25))
※原作については、目次ページの「真船るのあ」さんで「ときめき古城ロマンス」を参照してくださいね☆
 CD「伯爵はラブゲームがお好き」のCD第2弾で~す☆
 舞台はフランスですけど、このお話はシリーズ4冊中、唯一の日本人カップルです(笑)。
 あ、ついでに唯一の高校生カップルでもあるか(^^;)。

 そうそう、今回キャスト見てぶっ飛びました(笑)。
 だって、前回千裕(受)役演った岸尾さんが今回は慧史(攻)役なんですから~☆
 今までが大人×高校生で、今回が高校生カップルだから、かな?
 つか、ひさびさの学園モノ~~~っ♪るんっ☆
 ここんとこ大人の話ばっかりだったけど、学園モノはやっぱいい~~☆p(^o^)q☆

 原作と同じく、CDでも陽太がやんちゃな男の子してるのがいいですねぇ。
 さすがに慧史にヘビースモーカーとのエピソードがなかったのが、残念といえば残念です。
 あと、「おまえには、僕がいるだろう」のシーンのラストで、慧史がぼそっと呟いた、
「もっと早く言え」
 これが入ってなかったのが寂しい。
 CDのジャケット裏にもこのシーンの挿絵が使われてんのに。
 一番好きな台詞だったのに~。

 さて、CD第3弾はいつ出るかなっ?☆
 それにつけても、パレット文庫が休刊になったのが、返す返すも寂しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/20

竜の遺言(11)
~「Dolls」'浅葱×'天藍~

竜の遺言(11)<br />
~「Dolls」'浅葱×'天藍~竜の遺言(11)
~「Dolls」'浅葱×'天藍~

(北里千寿/MBコミックス/実業之日本社(2007/1/9))
※既刊については、目次ページの「北里千寿」さんをご参照ください☆
 ふっふっふ~っ☆新刊だ新刊だ~いっ☆p(^o^)q☆
 え~、掲載雑誌がなくなってしまい、次が決まってないのになんで? と思ったら、同人誌からの収録だそうです。
 だからか今回は、6巻で出てきた主役二人そっくりのコピー人形たちが主演です☆(名前まで同じだから「'(ダッシュ)」がついてるの、わかります?)
 当初これを知らなくて、扉絵(二人の髪の色がいつもと違う)を見て首をひねりましたが、本編を読んで納得納得!(^^;)

 さて、人形とゆーことはもちろん本物じゃないですから、魔力はないし、竜にもなれません。
 でも、恋愛下手なのは主役の二人以上かも?
 また、'浅葱がやたらに喧嘩に強いとゆーのも、本物の浅葱にはない設定じゃないかと(笑)。
 けど、純情度と真摯な愛情度は主役に勝るとも劣らないかな☆

 それにしても奥手度は浅葱以上というのはどーかと思います、はい(^^;)。
 だって、人形の'天藍には、本物の天藍のような拒否反応はあり得ないでしょ?(にんまり)

 さてさて次巻はいよいよ主役二人の南の大陸本編! ……だといいなぁ(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/17

CD「恋する暴君(2)」

CD恋する暴君2CD恋する暴君2
(高永ひなこ/海王社/インターコミュニケーションズ(2006/12/25))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 原作新刊に続いて、CD2巻発売です☆
 もう徹頭徹尾怒りっぱなしです(笑)>誰かさん
 でも、こんだけ好き放題怒れるのって、その怒りをその相手にぶつけられるのって、気持ちいいかも。
 いえ、けっこう切実に……(^^;)。

 やーしかし、ここまで原作通りにCD作ってくれると嬉しいですね~☆p(^o^)q
 しかも宗一先輩、鬼に徹してますなぁ。くすくす。
 ドラマCDの何がよいって、やはり原作イメージを時に凌駕してくれる、現実音声による臨場感と演技の醍醐味!
 これに尽きます☆

 なにより森永兄ネタに対しての宗一くんてば、森永くんに対する情感に満ち溢れてるじゃないですか~~☆
 しかも自覚がないうえでのかの台詞の数々……ふふふっ☆……緑川さんてば上手すぎっっ!!

 森永役の鳥海さんのへたれ具合に輪がかかってるのもいいですね~☆
 でも、そんだけへたれまくっても、宗一くんに対しては時として信じらんないほど強気っ! なのもすっごくいいっ(笑)。
 ただ、このCDじゃ森永兄がなんか物わかり良すぎたよーな気がちょっとしました。

 さて、CD第3弾、もちろん、出ますよね~♪
 あの国民的オバケアニメの主題歌をどうやって誤魔化してくれるのか、すっごく楽しみです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/16

恋する暴君(3)

恋する暴君(3)恋する暴君(3)
(高永ひなこ/LYNXコミック/海王社/(2006/12/9))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 ほぼ1年ぶりの新刊でぇす☆
 うーん、続きますねぇ。
 雑誌を追っかけてないので、冒頭で黒川&巽カップルがいつのまにかこっそり結婚してるのが笑えました(笑)。
 まぁ、あの二人はもう完結してるからいい?んですけど。
 ところで、モデルガンってそんな簡単にアメリカから日本に宅配できるんでしょうか。
 しかもフリマの中古品ってことは、商品的にモデルガン(改造してないとか)の保証とか、通関するのはそうそう容易じゃないと思うんですが、どーなんでしょ?
 だいたい少女服とモデルガンじゃ通関手続の難易さは段違いなはずだし、受取人への事前確認だってちゃんとしてないと、通関できないと思う。とゆーことは、荷物の取り違え事態がありえないはずで……(^^;)。
 うーん、それくらいちゃんと考証してほしかったなぁ。

 ま、そんな設定考証はほっといて、完結してない本編主人公二人ですが。

 うぷぷぷぷぷぷ……(^.^;)

 宗一先輩てば……まさかこんなネタで、それも無関係のハズの第三者に脅迫されるとは思ってなかったでしょうね。
 だいいち森川や森川母に知られたところで、ホモ激嫌いの理由が増えた程度でしょ。
 今回のキョーハクがいやなら、ホントにイヤなら、さっさと森永と別れちゃえばいいのに、ねぇ。くすくす。
 なのに、森永とつきあってる?ことを否定できず、それを告げ口されるわけにはいかない、と。
 いやー、楽しいっ!
 おまけに森永にどんどん譲歩してっちゃってる自分に気づいてないトコが……また……くすくす。

 普通、あーゆーアラレモナイトコロを人に見られて、しかもそれを脅迫ネタにまでされといて、そーゆーコトした相手とそーゆー関係を続けることができるって……よ~~~~~~~~~~っっっっっぽど相手に執着してないとできないと思いますが、どーなんでしょ?(笑)

 それにそれに、一回「ヒマじゃない」って答えたなら、そのまんまにしときゃいいのに、「来週もう一回問い合わせろ」って。
 それって、ど~~ゆ~~意味かなぁ? わかって言ってるかなぁ? くすすすすす☆

 にしても、あの国民的オバケアニメの主題歌を、いくら歌うまでったって、エンドレスに(それだけを)3時間入れ続ける……。
 そうできること自体がただ者じゃないぞ?(^^;)>磯貝くん
 あ、そうそう、磯貝くん?
 昨今のカラオケ、業者にもよるけどアニソンを表の上から全部入れて、って、そりゃー逆効果だって(^^;)。
 だって昔(アトム=S43(1968))から最近(2006)まで入ってるうえ、曲数も歌手数も年代もジャンルもかなり幅広すぎるもん。
 だから、もしホントにそんなことやったら、宗一どころかよほどコアなアニメファンでも太刀打ちできないよん?

 さーて、4巻はどうなるのかなぁ? 楽しみ~~~っ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/15

BS2彩雲国物語(第33話)
覆水盆に返らず

 さてさて、いよいよ茶州赴任編のクライマックスです~。

 朔洵、確かに大人しい喋り方ですね。あからさまに元気がないというか、弱気っぽいつーか(^^;)。
 お、今回の髪型は金華に着く前と同じだなぁ。劉輝のとも似てますね。
 やっぱり彩雲国ではこれが正式なのかな?

 あー、春姫が静蘭と同道することを決めたシーンがない~~(¨;)。
 まぁ、そりゃあれは省略しても問題ないけど、うーん。

 干將と莫邪が揃って「啼く」シーン、どんな風にアニメ表現してくれるのか楽しみにしてましたが、うん、ちゃんとそれらしく見えました☆
 そして春姫の聖声。これもどんな風に表現するのか楽しみだったのですが、うんうん、やっぱ上手~~☆
 ところで、秀麗が持っていた手提げ提灯がいきなり消えましたが、秀麗が灯を消す理由はないんだけど、なんで消えたの?(^^;)
 よく知らないんですが、直火の提灯って、一度消しちゃってもそんな簡単に灯が点くものなの?
 たぶん着火は火打ち石のはず……ライターもマッチもないのに、うーん?

 さてさて後半でいきなり登場の柴彰。
 これまでさんざっぱら謎めいた言動をしてた柴彰ですけど、クライマックス、茶仲障に啖呵を切ったシーン。
 ふっふっふ……カッコ良かった~~~~☆るんっ☆p(^o^)q

 そうだ秀麗、布を当てただけでは止血したことにはなりませんよ~。つか、それくらいわかれ!>作画・動画担当
 原作でもちゃんと「縛る」って書いてあったはずなのにぃ。

 次回はいよいよ、茶州赴任編の謎解きです。
 刮目して待て! かなっ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/14

BS2彩雲国物語(第32話)
女にも二言なし

 今回も劉輝(貴陽組)は出番がありませんでした……しくしく……orz
 舞台が茶州ですからしょうがないんですけど……やっぱ寂しいですね……ぐっすん(/_;)。

 さて、秀麗に翔琳経由で茶家本家の地図が手渡されましたが……あんなでかい地図があんな小さな縮図になるんですねぇ(笑)。
 しかし、翔琳の自己紹介、うーん、簡潔☆ あれで納得する秀麗も凄いかも。
 でも、隠密があんな恰好でいいんだろーか?(笑)

 そうそう、朔洵の髪……以前にも書きましたがあれでちゃんとくくったことになるの?(^^;) あれじゃ花魁みたいじゃない~(笑)。
 あれのどこが「ちゃんと」なんだ~?(^^;)

 秀麗の侍女姿……色違いなだけで、デザインは変わってないみたい。
 てゆーか、そもそも秀麗の衣装ってそもそも侍女服なんでしょうか。で、茶家だから茶色、なのかなぁ?(^^;)
 
 秀麗が隠し部屋探しまくってるシーン。
 アニメではさすがに省略できなかったみたいですが、あれはどう見てもお笑いシーンでしょう。
 それに、あれ全部、「隠し部屋」じゃなくて「隠し通路」だと思うのは私だけかしらん?(笑)

 以前から思ったんですけど、二胡とゆーか楽器を弾きながら会話なんてできるもんですか?
 楽器弾いてるときって楽譜(暗譜)に意識を集中してるはずで、その最中に別の思考しながら発言なんてなかなかできるもんじゃないと思うんだけど。

 最後、表題「女にも……」ですけど、作中台詞に使うのはよいとして、原作の一番いい啖呵台詞と差し替えてくれたのにはがっかりでした。
 あの台詞、気に入ってたのに~~~(;_;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »