« DVDBOX&CD「ムーの白鯨」 | トップページ | お伽もよう綾にしき(2) »

2006/11/12

森本あきさんの3冊目(^^;)♪

官能小説家に服従中官能小説家に服従中
(森本あき/かんべあきら/ガッシュ文庫/海王社(2006/10/29))
既刊についてはこちらをご覧ください☆
 えー、またもやタイトルを書けない本です(笑)。
 先のエントリでも書きましたが(笑)、またまた続編が出るとは思いませんでした。
 今回も新刊予定のタイトルを見て小躍りしちゃいましたよ♪

 いやしかし、2巻目末尾に挿絵のかんべさんが描いておられたイチオシ某キャラが主役の話になるとわ~~☆
 1・2巻は電話の声だけの人だったのに、メインとはすっごい出世?(笑)
 もちろん↑かんべさんのイラストのおかげらしいですけど☆

 いや~~、相手の作家さん、凄いですね~~。
 こんな設定の作家がいらっしゃるなら、ぜひ読んでみたいもんです。

 と、いうのも、私、俗に言う男性向け大衆小説文庫(笑)を数冊読んだことがあります。
 えぇ、まだBLが商業誌では一部(MM社)にしか出てなかったころ。単純に好奇心で。
 だって、MM社の本は神田の書泉(または中野のまんだらけ)までいかないと買えなかったんですよね。
 しかも、当時はまだ本になってる作家さんはほとんどなくって(あってもハードカバー)、「読み漁る」ほど本が出てない。
 が、あの手なら駅ビル書店でも買えますから(笑)、ジャンルは違えど傾向が同じ本があるかな~と。

 でもね、数冊ほど読んで……放り投げてしまいました┐(´へ`)┌
 ただひたすら、つまんないんだもん。
 筋立てもエピソードも必然性もなんにもなくて、「これでも小説?」と思ったほどです。
 逆に、当時出始めていた美少女ゲームの方が、話としては面白かったです。
 なので、後年、美少女ゲームのノベライズを何冊か買いました。
 そしたら(モノ(ノベライズ作家)にもよりますが)、ゲームでは省略されてしまった心理描写などが意外と丹念に書き込まれていて、読んでいて楽しかったですね。
 でも、胸を打つ……というか、感嘆できるような作品はやっぱりなくって。
 BLがジャンルとして確立するのを幸い、意識を外してしまいました。

 おっととと、脱線してしまった(^^;)。

 さて、作家と編集者というのは、やはり王道たる「主従関係」の一種ですよね(くすっ)。
 しかも、この編集さん、すっごいびじん~~~☆o(*^O^*)o☆
 いえ、2巻までの本文には描写がないのに、2巻末尾のかんべさんのイラストで「メガネ美人だぁ~」と思ってたんですが。
 今回の本編登場で、美人度?が増してます~~☆
 紅葉も綺麗だけど、彼は「美人」というより「可愛い」って感じ。
 でも、この編集さんは、美人で可愛い! うん、最強!(笑)

 なのになのに、この3巻、話が終わってません!
「TO BE CONTINUED」の文字が恨めしかったのは、本当に久々です~~~p(T^T)q(泣)
 かんべさんがやはり末尾画で「先生────続きは────?(涙)」と書いてらっしゃるのに一票!
 もちろんあとがきには続編があると書いてあります。
 でも、続きは来年……って……orz
 らいねんって……いつ~~~~~~~?

|

« DVDBOX&CD「ムーの白鯨」 | トップページ | お伽もよう綾にしき(2) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

BL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森本あきさんの3冊目(^^;)♪:

« DVDBOX&CD「ムーの白鯨」 | トップページ | お伽もよう綾にしき(2) »