« G・DEFEND(30) | トップページ | DVDBOX「六神合体ゴッドマーズ」 »

2006/10/30

BS2彩雲国物語(第26話)
闇夜の烏

 さてさて、待ちに待った茶州到着編の山場回です。

 ねぇ秀麗。龍蓮見たとたん一目で気づくんじゃなかったの~?>佩玉と州牧印
 確かに唐突かもしんないけど。ちゃんと前振りはされてんだし、気づいて当然、気づかないのは鈍すぎっ!
 ……なんか、アニメ版の秀麗って、原作以上に鈍いのはなぜ?
 柴彰と会ったときだって、「私の紋印は何色?」って凛として訊くのを心待ちにしてたのになぁ。

 今まで見てて思うんですが、アニメ版は戦闘シーンがホンットにいつもイマイチですね。
 空を見上げたら終わってたとか、即場面転換とか。
 や、作画動画的に難しい、というのはわかるんですけど、毎回毎回それじゃあ、ねぇ(/_T)。

 静蘭が冥祥を倒すシーン、ううっ、燕青とのやりとりがないっ(泣)。
 確かに「晁蓋」という名前は出てこなくって、殺陣賊の頭領は冥祥だから、しょうがないのかもしれないけど。
 でもでも~~~。

 草洵も冥祥も、殺られた後、血溜まりがない……。単に倒れてるだけ。
 うー、NHKのお約束なんだろうが、大事なリアリズムがぁ~~~。

 朔洵の正体曝露シーン……原作以上に気色わるい~~(^^;)。
 どーしてああも気色悪くなるかなぁ。
 でも、あの気色悪さのおかげで、雷音に怯えてる暇なかったかも(笑)。
 だいいち、「私はいかない」と、凛と睨みつけるシーンだったのに、目をそらすんじゃない~~。
 しくしく。アニメの秀麗は私には物足りないです。
 あれじゃあ、州牧の威厳も根性もなにもないじゃないか~~~。

 劉輝が秀麗の状態を気取るシーン、莫邪でわかるはずだったのに。
 いや、あれでもいいのかもしれませんが、やはり原作通りにしてほしかったなぁ。

 ふぅっ、次回はインターバル、ですね。
 ……と思ったら、来週と再来週は「彩雲国物語の世界」……って再放送かいっ!
 あーあ、こんなんでホントに39話でちゃんときりのいいところまで行くのかなぁ?

|

« G・DEFEND(30) | トップページ | DVDBOX「六神合体ゴッドマーズ」 »

「アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BS2彩雲国物語(第26話)
闇夜の烏
:

« G・DEFEND(30) | トップページ | DVDBOX「六神合体ゴッドマーズ」 »