« 富士見二丁目交響楽団
「人騒がせなロメオ」
| トップページ | ずんこん受付で大事なこと »

2006/07/03

BS2彩雲国物語(第13話)
瓢箪から駒

 来週はSF大会真っ只中になるので、今回は早めに感想を上げておきまーす☆

 冒頭ナレーション……どこが心温まる再会なんですか?(笑)
 それに池田さん、エンディングキャストではナレーションとしか書いてない。
 あんまりだわ。ちゃんと邵可としての出番、あったのにぃ~~~~!(-"ー;)

 でもでも、今回は劉輝がカッコよかった~~☆p(^o^)q
 しかし、原作では劉輝の台詞だったはずがなぜか楸瑛に取られていたように感じるのは、気のせい?
 それと、親分衆の前では、楸瑛と絳攸が側にいて睨みをきかしているはずでは?

 それにしても、手のひらサイズの雪玉が、どーしてあんな簡単に大雪玉になるんだ~~?
 しかも、それを投げたのは、胡蝶姉さん……? いや、お付きの用心棒が投げたのか?(^^;)

 しっかし陽月! なんですか、あの体術のもの凄さはっ!
 秀麗を天井に投げてる間にあんなこと、実際にできるのっ?
 だいたい室の隅にな~んで酒甕があるの? おかしくない?(笑)
 あ、でも、陽月のときの瞳の色、赤紫なのは変わらないけど、猫目になってるのがいいですね~~☆
 このあたりはアニメでの設定でしょうか。
 原作には描写がなかった、と思うので。

 ……ラスト。出てくるとは思いましたが、しっかり出てきましたね~>笛吹放浪者(笑)
 おまけに笛の音で喋るとわ、やはりタダモンじゃない……って、視聴者には字幕が出るからいーけど、秀麗と影月には意味わかったのかしらん?
 それと、あっさり初対面で「秀麗の友は私の友だ!」はないと思う……。
 試験中のあれやこれやで「心の友其の弐」になったはずでわ~~~?(^^;)

 さーて、次回はやーっと3巻ですっ☆
 ふっふふふ~、楽しみっ!(b^ー')o

|

« 富士見二丁目交響楽団
「人騒がせなロメオ」
| トップページ | ずんこん受付で大事なこと »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BS2彩雲国物語(第13話)
瓢箪から駒
:

« 富士見二丁目交響楽団
「人騒がせなロメオ」
| トップページ | ずんこん受付で大事なこと »