« 彩雲国物語(1) | トップページ | 富士見二丁目交響楽団
「人騒がせなロメオ」 »

2006/07/01

BS2彩雲国物語(第12話)
逃げるが勝ち

 最近一週遅れの感想です。でもちょっといろいろあって、ごめんしてね~m(_ _)m

 いよいよ国試ですね~。中国で言うところの科挙でしょうか。
 適性試験……うーん、燕青は準試を受けてるわけだけど、このあたりの試験方法がよく判りません。
 紫州と地方では試験方法が違うのかな?

 それとあの木簡。あれが受験票だとしたら、ちょっとデザインがなぁ……。
 あ、でも木簡の入っていた箱。しっかり五本爪の龍が描かれてましたけど、いーんだろうか(笑)。
 まぁ、中華風、だからいいのか(^^;)。

 今回の目玉はなんつっても影月でしょう。
 あれで髪の色が違ったら、ホントに鬼太郎そっくりじゃぁありませんか(笑)。

 あ、そうそう、今回楸瑛と絳攸の腰にちゃーんと菖蒲を象った飾りが下がってましたね。
 あれだけは原作でもよくわからなかったから、きれいに描かれていて嬉しかったです☆

 また、邵可が黒狼の技を使ったシーン。
 どうやって銀線を張り巡らせてあったんでしょうね?(笑)
 とても無理だと思うんですが(^^;)。

 それにしても、主上。
 外出も全部紫色の衣装ですか~~?
 いちおう禁色のハズよねぇ。それを堂々と着てるってのに、花街の連中も、妲娥楼の胡蝶も組連衆もそうと気づかない~?
 やっぱ、変。変すぎ~~。
 それにつけても饅頭にかぶりついた姿があんなに似合うのは、劉輝くらいなもんでしょうね(笑)。
 だんだん劉輝のカブが下がってく~~。

 しかし、この回、いーところで中断されちゃいました!
 今回はエピソードが長いからしょうがないのかもしれないけど。
 でも、これで次回で外伝話が終わりかな?
 3巻は合格後の殿上時点から始まるのだから。
 まずは、次回、どう収めてくれるのか! 楽しみ~~☆

|

« 彩雲国物語(1) | トップページ | 富士見二丁目交響楽団
「人騒がせなロメオ」 »

「アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BS2彩雲国物語(第12話)
逃げるが勝ち
:

« 彩雲国物語(1) | トップページ | 富士見二丁目交響楽団
「人騒がせなロメオ」 »