« フルーツバスケット(20) | トップページ | W杯視聴準備☆ »

2006/06/05

BS2彩雲国物語(第9話)
千里の道も一歩から

 第2部第2話です☆(前回第8話の感想はこちら☆)
 ……というか今回もやはり伏線貼りの回です(笑)。
 といっても見え見えの伏線もあれば、こっそりのもあり、観ながらにんまりしてました。
 アニメで面白いのは、原作小説では本文に書かれてなかったことも、絵で表現されてることですね。
 たとえば、燕青が秀麗に持ってきた夜食のおにぎりとか、扉の陰に隠れていた邵可と静蘭の様子とか。
 あと、戸部省の二人が倒れた時の、黄奇人の言葉に意味ありげに微笑んで燕青を見ていた景侍郎、とか。

 それにしても、うーん、やっぱり男の子には見えないですねぇ(^^;)>紅秀
 ま、あんまり男の子してても困りますけどね(笑)。

 楽しみにしていた黄奇人の声ですけど……仮面を外して発した声でも、確かバタバタと老官吏が倒れませんでしたっけ?(^^;)
 とてもそうは聞こえませんでしたが……orz
 もうちょっと透き通った声を想像していたんで……かなり、がっかり……(T^T)
 あと、アニメの限界なんでしょうねぇ。髪の毛が秀麗が言うほどサラサラには見えない……。

 逆に紅尚書の声はあまり意外ではありませんでした☆
「おじさん」ぽくって良かったです☆

 邵可と静蘭のおにぎり……とっても美味しそうなんだけど、ちっとばかり大きくありませんか?(笑)
 いくら育ち盛りとはいえ、夕飯後にあんな大きなおにぎりなんて、食べられませんよ~(^^;)。

 それに奇人のあの仮面……ボタン式で口元が開くとは……(笑)。
 あんな仕掛け、できるもんですかね? バネ式とかかな?
 却って仕掛けがある分、裏側がうざったいような気がするんですけど。
 しかもあの仮面、「いらんわ!」って突っ返した「少し夏バテ気味の顔」じゃありませんか~~(笑)。
 突っ返した次の日にしっかり付けてるなんて……奇人も優しい人だわね……(^^;)。

 そうそう、なんか今回、タイトルへのこじつけが鼻についてきました……。
 別に毎回劇中で呟かせなくても……見ていてふとララベルを思い出してしまった……うーん(^^;)。

 あぁ、なんかアラ探しばかりになってますねぇ……(^^;)ゞ
 でも、そういうアラを見つけるのも、彩雲国の楽しみなんじゃないかと思えてきました(笑)。

 さぁて、来週はどんなアラを見せてくれるかなっ?(笑)

|

« フルーツバスケット(20) | トップページ | W杯視聴準備☆ »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BS2彩雲国物語(第9話)
千里の道も一歩から
:

« フルーツバスケット(20) | トップページ | W杯視聴準備☆ »