« シンプル・イズ・ベスト! | トップページ | BS2彩雲国物語(第11話)
恋の病に薬なし »

2006/06/17

BS2彩雲国物語(第10話)
待てば海路の日和あり

 ありゃ、いろいろあって、感想を書くの忘れてました~(^^;)。
 今週はなんか疲れて……まぁ、珍しくないんですけどね。
(前回第9話の感想はこちら☆)

 さてさて、10話で第2巻終了しましたね……って早すぎないか~~~!?
 第1巻で7話かけてんのに、いくら第2部が長いからって、2巻が8~10話で終わりって……あんまりなんじゃない?
 だいたい話端折りすぎ……orz
 茶州の禿鷹なんかしっかり削られちゃったしぃ……。
 彼らと知り合ってないと、あとで困ると思うんだけど、どーすんだぁ?

 黄奇人も秀麗に素顔を見せてるはずなのに、最後まで仮面かぶったまんまだし。
 黄奇人が「昏殿」と言ったとき、絳攸が怒らなかったのも、なんかやだった。
 燕青が主上に正体と目的告げるところにも、主上以外ぞろぞろいるし。
 まぁ、劉輝一人に状況説明させるのも無理があるから、しょうがないか……。
 でも秀麗まで事情を知っちゃってよかったのかしらん?

 劉輝の贈り物の扱いが絵になったのは面白かったですね。
 でも、さすがに寺子屋の書き取りに使ってるとは言わなかったわねぇ(笑)。
 ただ、原作でも気になったんだけど、曼珠沙華って、押し花になるのかな?

 正直不思議なんですけど、夏の酷暑の時期に桜の苗木を植えて、根付くんでしょうか?

 あと、ことわざを無理矢理喋らせなくても別にいいと思うんですが。
 強引に入れてるのがわかるくらい、無理がありすぎ(-_-;)。

 それにしても、つくづくアニメのお約束とはいえ、着た切り雀はなんとかしてほしいですね。
 季節に合わせて衣装ぐらい替えて欲しいもんです。
 髪型くらいしか変わってないじゃないの(笑)。

 そーいや、ヒゲのない燕青の傷見ててあれっと思った。
 8巻の最後の挿絵、燕青の顔に傷がありません(笑)。
 再版分は変わってるかしら?

|

« シンプル・イズ・ベスト! | トップページ | BS2彩雲国物語(第11話)
恋の病に薬なし »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BS2彩雲国物語(第10話)
待てば海路の日和あり
:

« シンプル・イズ・ベスト! | トップページ | BS2彩雲国物語(第11話)
恋の病に薬なし »