« BLOG MOON | トップページ | BS2彩雲国物語(第7話)
よく泳ぐ者は溺れる »

2006/05/22

DVD「天空戦記シュラト」

天空戦記シュラト<br />
 メモリアルボックス1天空戦記シュラト<br />
 メモリアルボックス2
天空戦記シュラト
 メモリアルボックス1
天空戦記シュラト
 メモリアルボックス2
 読むもんがないので~……先日の友人との会話がきっかけで、ふと思い立ってDVD-BOXを衝動買いしてしまいました(^^;)。
 たぶん、知らない方がほとんどかもしれませんが、この「天空戦記シュラト」は、「聖闘士星矢」「サムライトルーパー」の流れを組む、別名“鎧モノ”と言われるアニメで、やはり一世を風靡した作品です☆
──武道館で行われた、ジュニア武術選手権大会決勝戦。
闘うのは幼馴染みであり、永遠の好敵手でもある日高秋亜人と黒木凱。
だがしかし、その決勝戦の最中、二人は会場から一瞬にしてかき消える。
遠くから聞こえるタントラの詠唱とともに。
だが、修羅王シュラトとして天空界へと転生したシュラトは、同じく転生した夜叉王ガイに、再会したとたんにいきなり斬りかかられ……。
無二の親友の二人は、デーヴァ神軍とアスラ神軍の長きに渡る激しい闘いに巻き込まれていった──。
 中のパンフを見たら、初放映=1986年だそうで……。マジで「ひと昔前」ってやつですか!(¨;)
 (ホント、人間ならしっかり成人してるわよね……(^^;))
 キャストも初々しい……というと語弊があるかもしれませんが(^^;)、やはり若々しく感じました~~。
 だってメインキャストに、関俊彦・井上和彦・堀内賢雄・山寺宏一・子安武人・鈴置洋孝……って凄すぎません?
 そういえば和彦さんがはっちゃけたのって、このアニメの迦楼羅王レイガ役から、じゃないだろーか(^^;)。

 キャストももちろんですけど、話の筋立ても、……今、こんな設定も、ここまでのヒロイックストーリーも放映できないだろうなぁ……。
 シリアスだけどおちゃらけで、おちゃらけだけどシリアスで。
 そしてやたらに、使命だ、運命だ、そして友情だ~~~! と連発してて~。
 いえ、大好きなんですけど……(^^;)。

 ただ、今見返しても、後半の作画はほんっっっっとに「やっつけ仕事」、でしたねぇ……orz
 せっかくのクライマックスなのに、次回予告さえまともに作画が間に合ってないのが放映時からモロバレでしたもん。
 動画どころか紙芝居で、そのうえデッサン狂いまくりで……。
 話はメチャクチャ面白いのに、マジでもったいない! ひどい! と罵詈雑言が出ちゃいます。
 (正直、絵はどうでもいいから、声だけ聴いてりゃいいかも、と思うくらい……orz)

 おそらく、今の人が見たら、
「何この手抜きアニメ。よくこんなもん放映できるな!」
 と罵倒の嵐でしょうけど。
 それでも、当時は文句言いつつ、毎週楽しみに見てたんですよね~。
 絵は悲惨だったけど、ものすっごく面白かったから。
 や、シリーズそのものは中途半端で、放映終了後の後味は悪かったんですけど、ホント、見てて楽しかったんです。

 今はこんな野放図な作品、作れないだろうなぁ。
 あったら面白いだろうに……ねぇ。

|

« BLOG MOON | トップページ | BS2彩雲国物語(第7話)
よく泳ぐ者は溺れる »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVD「天空戦記シュラト」:

« BLOG MOON | トップページ | BS2彩雲国物語(第7話)
よく泳ぐ者は溺れる »