« DVD「天空戦記シュラト」 | トップページ | 二度とこの手を離さない »

2006/05/23

BS2彩雲国物語(第7話)
よく泳ぐ者は溺れる

 はいっ☆第7話で~す♪(前回第6話の感想はこちら☆)
 これで原作1巻が終演ですね。

 まず、ラストの劉輝の台詞ですが、個人的には変えないで欲しかったなぁ。
 アレがないと楽しさ半減、というか、アレがあってこそ秀麗の平手打ちが生きるわけで~~。
 まぁ、NHK的に出せ(使え)なかったんでしょうけど(^^;)。
 でも、ドアップからロングショットでのキスシーンはNHKとしては破格だったかも?☆

 それよりなにより、劉輝と霄太師のやりあいは、端折ってほしくなかったっ!!
 だいたい、あんな簡単に取り引きに応じるなっっっ!!!>劉輝
 そもそもあの老獪腹黒極悪じじいがそうそう簡単に解毒薬を渡すはずがないだろがっっっ!!!!
 王の癖に思慮がたりん、思慮が~~~~っっ!!!

 あぁでも、取り乱して陶老師に詰め寄る劉輝のシーンはアニメオリジナルで、それだけは良かったかも~~~♪
 原作じゃ人づてでの描写だけだから、劉輝の真摯な必死さがすっごく良かった~~☆p(*^o^*)q☆

 逆に邵可は原作より感情的な感じでしたなぁ~~。
 霄太師に詰め寄ってるシーンなんか、劉輝のより長い(^^;)。
 熱血してる池田さんも面白くてよかったけど、原作の邵可のイメージからはちと、や、かなり違うよーなー……(^^;)。

 それにしても、安易にメインキャストをチョイ役になんて使わないで欲しいわ……。
 アサシン役に檜山さん使うなんて……なんでバレないと思うかな~~。
 いや、ヤ○トとか、古典作ではそれが楽しかったり(?)はしたけれどっ(^^;)。

 そうそう、オープニングアニメって、変わらないんですよね、たぶん? 少なくとも第1期は。
 なのに、これで紅貴妃はもう出てこないのに、いいのかな~~? と思ってしまった(笑)。

 ところで、今回のタイトル「よく泳ぐ者は溺れる」、私は知りません(^^;)。
 ググってみましたけど、出てこない。
 うーん、そんなにマイナーな格言なんですかしらん?
 ちょっと意味が気になりますね~。

|

« DVD「天空戦記シュラト」 | トップページ | 二度とこの手を離さない »

「アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BS2彩雲国物語(第7話)
よく泳ぐ者は溺れる
:

» 彩雲国物語 第7話 [孤狼Nachtwanderung]
         第7話「よく泳ぐ者は溺れる」 彩雲国の国語りを聞かせよう。 遙かな昔、国中に魑魅魍魎が跋扈していたその時代、いつ終わるともしれぬ混沌のなかで、一人の若者が旅に出る。 跳梁する妖を追い払い、民の安寧を胸に秘め、いつ果てるともしれぬ旅を彼は... [続きを読む]

受信: 2006/05/26 午後 03時24分

« DVD「天空戦記シュラト」 | トップページ | 二度とこの手を離さない »