« 彩雲国物語(外伝)
藍より出でて青
| トップページ | DVD「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 »

2006/04/27

恋の前ではオトナも子供も

【今日読んだ本】
恋の前ではオトナも子供も恋の前ではオトナも子供も
(鹿住槙/コバルト文庫/集英社(2006/4/1))
 鹿住さんは、Blogではお初のご紹介ですが、けっこう古くから購読してる作家さんだったりします。
 でも、最近はコレってご紹介したい本がなかったんですよ~~(^^;)。
 で、久々に今回は面白かったんでぜひともご紹介っというわけです☆

 私は別にカップルのタイプにこだわりはないんですけど、年の差カップルはけっこうこの業界では多いパターンですよね。
 たいがいは、年上が年下を猫可愛がって、年下(主役で一人称が多い)がぐるぐる振り回されて、ってなるわけです。
 そして実は年上は年上で惚れた弱みで年下に振り回されていて……ってのが王道的ツボだったりします。

 このお話でもその王道ではあるんですが、ちょっとふつうと違って、年上側の心情描写が殆ど全く出てきません。
 ここまで描かれないのって珍しいんじゃないかしらん?
 ふつうは必ず本文の途中、どっかしらで触れられるもんなのに、ほんっっとにちょびっとしか出てきません。

 でも、そのちょびっとが実は「おいおいおい、ここまで言うか~(^▽^)」ってくらいベタ惚れで、それも自制心失くしちゃうほど飲んじゃって思わず本音がぽろっと出ちゃって、でもって朝起きて蒼白……ってのは、わたし的にヒッジョーにツボですっ☆
 しかもしかも、
「--責任とるから」
 って囁いといて、めいっぱい覆い被さっといて、……そこで寝るか? ふつ-?(笑)
 おまけにそうやってめでたくくっついたのに、キスだけでおしまい、っていうのも……昨今はと~~~っても珍しいかも(笑)。
 いや~、これは、ぜひっともっ続編を書いて頂きたいっ(笑)。

 続き希望! って言ったら、続き出るかなぁ?(^^)?
 他作品でも続き出た事はあるから、楽しみにしておこうっと。

|

« 彩雲国物語(外伝)
藍より出でて青
| トップページ | DVD「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

BL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋の前ではオトナも子供も:

« 彩雲国物語(外伝)
藍より出でて青
| トップページ | DVD「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 »