« 戒書封殺記~その本、持ち出しを禁ず~ | トップページ | 春を抱いていた(11) »

2006/02/15

スーツのままでくちづけを

スーツのままでくちづけをスーツのままでくちづけを
(池戸裕子/Chara文庫/徳間書店(2006/1/27))
※池戸さんの既刊については、目次ページの「池戸裕子」さんを参照してくださいね☆
 はいっ☆新刊ラッシュだった池戸さんについてもう一冊です。
 こちらは新作☆Chara文庫は既に何冊も出てますが、このお話の特色は……とにかく一途な主人公!につきるでしょう。
 この主人公は、ある意味すっごくポジティブですね。
 ふつう、なんでもかんでも恋人への賛辞に捉えるなんて、あまりないんじゃないでしょうか(^^;)。
 いや、それが悪いわけじゃないんですが……要するに凄く純粋なんですよね。純粋に相手を信じてる。
 で、そんなふうにめちゃくちゃ「完璧」に自分を信じてくれる主人公に、相手の方が逆にプレッシャーを感じちゃって不安になって……ていうのも、これまたお約束でしょう(笑)。
 でも、どんなライバルが出てきても、ひたすら一途に恋人を思い続け、しっかりと芯が強い主人公……思わず「大和撫子」という単語を連想してしまいました(^^;)。
 うん、でも、ぴったりなんじゃないかな>大和撫子
 でもって、将来は二人でめでたく店舗を任されて~……うんうん、すっごく楽しそう!☆

 さてさて、お話の中で舞台になっている文具屋さんですが、読んでいてなんとなく某丸善か某伊東屋を連想しました。
 どちらも文具や書籍だけじゃなく、いろんなおしゃれな雑貨があり、何気なくふら~っとウィンドウショッピングしても楽しいところですよね~♪
 特に伊東屋は、最近池袋東武の7階の店舗がが新装になったので、親しみが増えて嬉しい私です。
 もっともそれを母と弟に言ったら、
「(客層が違うんだから)銀座にあるのとは品揃えが違うはず。“伊東屋”は銀座にあるからいいんじゃない」
 と素っ気なく否定されてしまった……(/_T)しくしく。

 そりゃもちろん店舗規模でいえば本店に負けてるのはわかってるけど……。
 でもでもグリーティングカードとか、ちょこっと定番で使うオシャレな文具が手近で買えるのが嬉しいです。

 彼らが任されるお店も、こんなお店だといいな☆

|

« 戒書封殺記~その本、持ち出しを禁ず~ | トップページ | 春を抱いていた(11) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

BL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーツのままでくちづけを:

« 戒書封殺記~その本、持ち出しを禁ず~ | トップページ | 春を抱いていた(11) »