« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の記事

2006/01/30

牧場物語ハーベストムーン

【PSP/マーベラス】<br />
牧場物語 ハーベストムーン ボーイ&ガール【PSP/マーベラス】
牧場物語 ハーベストムーン ボーイ&ガール
 突然ですが、今日のネタは牧場育成SLGです(^^;)。
 いえ、先日PSPギガパックなるものを衝動買い(^^;)しまして、「なんか遊ぶもの~」、と買いました。
 や、他にも買ったんですが、今はとりあえずコレやってます(笑)。

 ゲームの進め方ですが、プレイヤーは少年と少女のどちらかを選び、荒れ果てた農場をもらって、犬をペットに農場生活を始めます。
 荒れた農地の石を割り、切り株を切り、畑を耕して野菜を育て、子馬を預かり、鶏、牛、羊を飼って卵やミルクや羊毛を出荷する……と、やってみるとけっこう大変(^^;)。

 このゲームの魅力は、普通なら育成の達成(恋愛・結婚もあり(笑))でしょうが、私的には動物すべてに名前がつけられること!です☆(え?なんか違う?(笑))
 だ~って、名前があると愛着もひとしおですもんね。
 で、家族(笑)が増えるたびに思いつく名前をつけてくわけですが、今のところ、犬と子馬と牛と鶏6羽に、ダグ・イワセ・アオイ・ススム・ノボル・ソウゴ・ヨシミ・シノ・タツミ……とついてます(さぁ、主人公の名前はなんだ~っ!?(^o^)(爆))
 目下のところ、牧場維持拡張にせいいっぱいですが、まだ一年目なんで、これからあれやこれやと楽しみで~す☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27

G・DEFEND(28)

G・DEFEND(28)G・DEFEND(28)
(森本秀/ラキッシュ・コミックス/冬水社(2006/1/20))
※シリーズ既刊については、「1~25巻」と「26巻」と「27巻」をドーゾ☆
 はぁい♪「G・DEFEND」の新刊で~す☆
 今回は「35rd KALEIDOSCOPE」「36rd 要注意」「37rd 幸せリレー」を収録。
 メインはやっぱり西やん! でしょう。あそこまで甘味嫌いとわ~~(爆笑)。
 口絵イラストが西やんなのもいーです☆
 しかし、どーやったらあそこまでズタボロ(ズボンのベルトまで切れてる(¨;))になれるんだろ。

 あと、岩瀬父もいい味出してますね~っ☆p(^o^)q
 うーん、あーゆーお父さんにあーゆー息子ができるとわ……(^^;)。
 それにしても改装中の建物に保険なんてかけてるもんなのかしら?(^^;)
 かけてたとしてもか~な~りブッ壊したよーに思えるんですがっ(爆)。

 そして、たぶん最初で最後?であろうコスプレ大会(笑)。
 楽しんでいたクロウはともかく、尾美や池潤や野田弟、うささん……。
 いえ、お綺麗でしたよ、とっても(笑)。

 てなわけで次巻は5月! ダグとクロウと開発班です☆たっのしみ~っ☆


 さて、突然ですが、今日のこの投稿でエントリー150件目となりました。
 節目のキリ番を大好きなG・DEFENDで飾れて、大変嬉しいです☆p(^o^)q

 私のBlogも今月末で丁度1年。長かったような、早かったような……。
 まだまだこれからも続けていきますので、どうぞよろしく!(^O^)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

CD「春を抱いていた6」

CD春を抱いていた6CD春を抱いていた6
シリーズ既刊についてはこちらをご覧ください☆
 わーい。待ちに待ってたCDです☆
 やっと、やっと「冬の蝉」映画化のお話で~す。
 いやー、これをどうCDにしてくれるか楽しみにしてたんですが、ほぼそのまんまでした~☆
 ドラマCDって、多くがダイジェスト版になりがちなんですが、春抱はだいたい原作通りに収録してくれるのが嬉しい♪
 まぁ、本当はオーディションまでもうちょっと時間かかった気がするんですが(^^;)。

 難をいえば、マンガでは絵で表現されていた描写について、説明的台詞として追加されたことでしょうか。
 音声のみのドラマCDでは確かにやむを得ないこと、とは……思うんですけどね(^^;)。
 しかし、あれもこれも……なんとゆーか、いちいち言葉(ナニヲ、トハ キカナイヨーニ)にされると、さすがに聴いてて気恥ずかしいし、聴いててそこだけな~んか素に戻っちゃうんですよね……(^^;)。
 といって、説明がないとわからないシーンでもありますし。脚本としても難しいところでしょう。

 だけど清水マネージャーとの会話で、「バラエティはちょっと…」という岩城の台詞が削られちゃったのが少し残念(^^;)。

 また、浅野役の森久保さん……なんか口調が変に強調気味なのは気のせいかしらん?
 うーん、なんかわざとらしい(^^;)というか……へんなアクセントついてるように思えます。
 それがちょっと残念かなぁ。

 さて、もちろん原作でいえばクランクインはこれからだし、撮影中もいろいろあることだし(笑)。
 最大のポイントは吉澄役! さ~て誰になるのかな~~?
 もしかして森久保さんに演らせたりして……なんて、まさか、ね(^^;)

 CDの続きがとっても楽しみ~☆です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/21

ゆき・雪・ユキ……♪

ピラカンサに雪

 北の方には不謹慎かもしれませんが(^^;)、雪が降ってるんるん♪しています。
 もちろん東京は雪に弱いし、実際にお出掛けすると大変ですけども(苦笑)。
 でも雪大好き!\(^O^)/
 とはいえ、今朝は足跡つけは楽しめませんでした。
 だって新聞屋さんが先に足跡つけちゃってるんですもん。
 でも雪がつもると単純に嬉しい~☆

庭の雪景色

 ……だがしかし、だがしかし……orz
 今朝、オルゴールが聞こえたので、灯油のポリタンを3つ外に出しました。代金を聞いたら、
「4750円です」
(゚O゚;)……orz
 たっか~~~~~~~~……。
 まぁ、雪だからってのはあるんでしょうが……orz

 しかし、3缶で4750円って、割り切れないよ?>灯油屋さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/20

ワガママごと抱きしめたい

ワガママごと抱きしめたいワガママごと抱きしめたい
(池戸裕子/アクア文庫/オークラ出版(2006/1/17))
池戸さんの既刊についてはこちらをご覧ください☆
 書店で最初に見たとき、「あれっ?」と思いました。「なんか見たことのあるタイトルだなぁ……」と。
 それもそのはずです。池戸さんの商業誌デビュー作のリバイバル文庫だったんですから(^^;)。

 あとがきで「赤字は沢山入れたので」とありましたが、読んでいて違和感がありませんでした。
 いや、むしろ最近の作品との違和感というか……微妙な違いはあらためて感じましたね。
 なんていうか、池戸さんの作品を好きになったエッセンスを思い出した、というか。
 読んで、読み終わって、ほんわか幸せ~な気分にうっとりと浸り込める。そんな気分です。

 そうですね、BL(当時は「オリジナルJUNE」というジャンル名だった)にハマった原点を思い出した、というのが正確な感じかな。
 別に今の池戸さんが違ってしまったってじゃないんですが(^^;)、このジャンルが始まった頃のピュアさというんでしょうか。そのピュアさがいつのまにか薄れてしまっていたのをあらためて感じたような。

 最近、昔の絶版ノベルズのリバイバル文庫がちらほら出てますよね。
 昔を知らない今の読者層が読んだら、やはり新鮮に思えるのでしょうか。

 池戸さんはデビューからこういう可愛い話(しかも絶対にハッピーエンド!)を沢山書かれる方で(いや、今でも大なり小なりそうですが(笑))、彼女を追っかけ始めたのも他の作家さんに群を抜いて私的にメチャツボな方だったからなんですよね~。
 当時は池戸さんの名前だけで雑誌やノベルズ(まだ文庫は出てなかった)を買いまくったものです。

 なんだか、昔のコレクションを総ざらえで読みたくなりました。
 ……てことは、もしかして、みんな文庫化されるのかしら? それはちょっと……(^^;)な気分……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/19

名探偵コナン(52)

名探偵コナン(52)名探偵コナン(52)
(青山剛昌/サンデーコミックス/小学館(2006/1/14))
 ※(51)についてはこちらをご覧ください☆
 というわけで52巻です☆
 うーん、今回のネタは「本庁の刑事恋物語7」……になるのかな?
 放映分がどこまで原作に追いついたか忘れちゃったので~~(^^;)。

 しかし……京極真って、本当に園子のこと好きなんだなぁ……(^^)と、なんとなく嬉しくなっちゃいました。
 天然ボケは相変わらずだけど、マジでめちゃくちゃ似合ってるんじゃないだろうか。
 主演カップルには及ばないにしても(^^;)。

 でも、今巻も「黒の組織」については進歩がありませんでしたね。
 意識不明で入院したままの彼女のその後も、わかんないままだし。
 いや、進歩ありすぎても困りますけど(^^;)、やっぱりあれが元々の本筋ネタなんだから、それなりに進歩してくれないとなぁ……。
 我ながら矛盾してますけどね(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/18

硝子の街にて
 悼-sorrow-(20)
 暁-sunglow-(21)

<柏枝真郷/X文庫ホワイトハート/講談社>
悼-sorrow-
暁-sunglow-
悼-sorrow-
(2005/8/5)

暁-sunglow-
(2005/12/28)

既刊についてはこちらをご覧ください☆
 今回投稿しようとして気づいたんですが、20巻(「悼-SORRW-」)をご紹介してませんでした(^^;)。
 というわけで、20、21と両方のエントリとします。

 この2冊は、今までの1冊完結とは違い、9.11の後日談です。

 主人公のノブは旅行会社の社員(シリーズ当初はアルバイトで、シリーズ後半正社員になった)なんですけど、だからなのか、街の様子やトラブル対処に交えるようにして、人々の頑張りを描いてるのが、19~20巻では印象的です。
 20巻のラストでは、残っていたお客さんをなんとしても日本に帰そうと努力しつつ、事務所閉鎖もありうるかも……と思っていたスカイトラベル社ニューヨーク支店でしたけど、いつもの(笑)ノブの機転的アイディアでなんとか乗り切れそうな見込みになりました。
 もちろん火事場泥棒的企画ではなく、生き延びるための企画です。
 が、こういう臨機応変さというかへたれない強さというのが、もともと人にはあるんだなぁ、と読んでいてしみじみ思いました。

「ニュースで聞いたのとは別世界だ」

 これって、真理ですよね。事件や事故が起きた地域や場所が、どこもかしこもアブナイ場所だというわけではないのですよね。
 そういえば、東京で某テロが起きた時も、地方の親戚や友人から(海外ニュースでも)「東京は危ない街なんじゃ……?」と言われました。
 私の周囲は何事もなく過ごしていたんですが、他方からはそう見えたみたいです。

 本当に何事もないのが一番ですけど……。 

「ぼくはやっと弟を取り戻した」

 すべての災害の被災者の皆さんが、こう言える日を願っています。

 さて、この「硝子の街で」。21巻のあとがきに「次巻で完結となる予定です」とありました。
 長年親しんできたシリーズが終わるのは、なんだか寂しいような、複雑な心境です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

Windowsでよく使う、知っておくととても便利なショートカット

 私は日常必須なんですが、意外と私の周りでは皆さん使ってないみたいなので、一度ご紹介しておくことにしました。
 いや、ネットじゃ散々紹介されてるんですけどね~~(^^;)。
 σ(^^;)もネットで覚えましたし。

 IEでもエクセルでもワードでもメモ帳でもたいがい使えます。
 時間短縮にとっても便利です。
 全部覚えなくても、ちょこちょこと使っていくうちに覚えていく、みたいな感じでいかがでしょ?(^^;)

<参考>
Windows XP で使用可能なショートカット キー一覧
 http://support.microsoft.com/?scid=kb;ja;301583

マウスを使わないキーボードテクニック http://homepage1.nifty.com/keyboard_maniac/SpecialKT.htm


・コピー (複写)
 指定起点から「SHIFT+→(または←)」で範囲指定した後、「CTRL+C」
・切り取り(移動)
 指定起点から「SHIFT+→(または←)」で範囲指定した後、「CTRL+X」
・ペースト(貼り付け)
 コピーまたは切り取りした状態で、貼り付けたい場所に「CTRL+V」
・元に戻す     「CTRL+Z」
 ※アプリケーションによっては2手3手前に戻れることもある。
・全文を範囲指定  「CTRL+A」
・行頭へジャンプ  「HOME」
・行末へジャンプ  「END」
・文頭へジャンプ  「CTRL+K」
・文末へジャンプ  「CTRL+L」
・頁頭へジャンプ  「CTRL+HOME」
・頁末へジャンプ  「CTRL+END」
・文字検索     「CTRL+F」
・文字置換     「CTRL+R」
・Enter    「CTRL+M」
・Backspace     「CTRL+H」
・上書き保存    「CTRL+S」
・新規作成     「CTRL+O」
・アクティブを指定 「ALT+TAB」
 ※今開いてるファイルやアプリケーションが全てアイコン表示。
・スタートメニュー起動「Windowsキー」
 電源切断、シャットダウンする時に便利
・全てを最小化する  「Windowsキー+DまたはM」
 ※デスクトップを表示したい時に便利
 こうしておいてソフトを再度開く時は、「ALT+TAB」を使います。
・アプリケーション終了「ALT+F4」
 ※デスクトップの状態では、「シャットダウン」ウィンドウが開く。

※Windowsキーは 104又は109キーボードタイプに付いてます。
 これがないPCの場合はだいたい「Ctrl+Esc」で代用出来ます。

 もちろんアプリケーションソフトによっては(アドビなど)は使えないのもあります。
 アプリケーションのメニューバーで「編集」などのプルダウンメニューを見て、「CTRL+?」と書いてあれば、大概使えますから、使う前に確認してみてくださいね。

 ☆こんだけ覚えりゃ、マウスはまずいらーん(笑)☆

 余談ですが、キーボード右下(たぶん「CTRL」の左)にある「プルダウンメニューに矢印」マークのキーは、右クリックの変わりになりますよ。エクセルで数値や書式だけ貼り付けるときに大変便利です☆

 ○便利機能その1--手動タイムスタンプ
 「メモ帳」の画面で[F5]を押すとその時点の時間と日付が自動入力されます。

  >23:11 2006/01/15 ←こんな感じ。

 これ、生ログのタイムスタンプ代わりに便利です。

 ○便利機能その2--自動タイムスタンプ
 メモ帳の冒頭に「.LOG」って入れておくと、テキストファイルを保存する時、テキスト末尾に最終の保存時間が自動挿入されます。
 保存しないで見ただけで閉じようとしても、毎回ちゃんと「保存しますか?」 と必ず訊いてきますよ。

 このことは、「メモ帳」のヘルプで、「メモ帳で日誌を作るには」をご参照くださいね。

 こうしとくと、保存し忘れやどこまでダウンロードしてるかわかって、何かとすっごく便利です。
 私はこれでメモ帳でBlogの原稿を書いてます(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/13

「全国一斉!日本語テスト」

 一太郎で有名なジャストシステムが、今、期間限定で日本語テストをやってます。
全国一斉!日本語テスト
http://www.atok.com/nihongotest/?w=hmidx

 というわけで、さっそくやってみました。
 結果、私は「30問中24問正解」でした☆\(^o^)/☆

 速水
 さんのテスト結果です
  77  
よく
 できました 
寸評ボキャブラリーを増やそう。
語彙の豊かさは、人生の豊かさにつながる大切な財産。和語・漢語・外来語のほかに、方言・俗語まで、ことばを覚えていくのは大変なことですが、興味さえ持てば自然と身につくのものです。まずは、あなたの好きな人/尊敬する人のことばを観察してみてはいかがでしょう。

 案外難しいもんだなぁ、と思いました。
 私が一番引っ掛かったのは手紙の書き方でした。
「拝啓-敬具」と「前略-草々」は知っていても、「冠省」なんて見た事なかったし~~。
 このあたりは年の功があるかも(笑)。

 期間限定ですんで、皆さんも一度お試しあれ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/12

目次:<BL小説家一覧>

 早いものでBlog開設からもうすぐ1年です。エントリも140を数えました。
 さすがに各エントリの管理が大変になってきたので(^^;)、目次代わりのエントリを作っておくことにしました。
 まぁ要するに「MyBlogしおり」みたいなもんですかしらね~(^^;)。
 ではでは、まずはBL小説関連から(笑)で~す☆

<BL小説家一覧>
秋月こお
【富士見二丁目交響楽団】
《原作》
 ・バイオリン弾きの弟子たち
 ・センシティブな暴君の愛し方
 ・人騒がせなロメオ
 ・嵐の予感
 ・逡巡という名のカノン
 ・アンダルシアのそよ風
  螺旋のゆくえ
《コミック》
 ・コミック「寒冷前線コンダクター」

池戸裕子
 ・甘い罪のささやき
  ささやきはキケンな誘惑
 ・ワガママごと抱きしめたい
 ・恋情抄~昭和奇談~
 ・スーツのままでくちづけを
 ・波瀾万丈で行こう!

柏枝真郷
【硝子の街にて】
 ・風-BLOW-(19)
 ・悼-sorrow-(20)
  暁-sunglow-(21)

鹿住槙
 ・恋の前ではオトナも子供も
 ・二度とこの手を離さない

神奈木智
【その指だけが知っている】
 ・(3)くすり指は沈黙する
 ・(4)そして指輪は告白する
 ・CD「(2)左手は彼の夢をみる」
 ・CD「(3)くすり指は沈黙する」
 ・CD「(4)両手に君の告白を」
【ダイヤモンドの条件】
 ・(3)ノワールにひざまずけ
【その他】
 ・世界でいちばん愛しい翼

きたざわ尋子
【鍵のかたち】
 ・鍵のかたち
  鍵のありか
  週末の部屋で
 ・CD「鍵のかたち」
【週末の部屋で】
 ・真夜中の部屋で
 ・部屋の明かりを消して
 ・部屋は夜明けに眠る
 ・PREMIUM BOOK
 ・CD「週末の部屋で」
 ・CD「真夜中の部屋で」

ごとうしのぶ
【タクミくんシリーズ】
《原作》
 ・暁を待つまで
 ・薔薇の下で―夏の残像(3)
 ・恋のカケラ-夏の残像(4)
  15thプレミアムアルバム
 ・プロローグ
《DVD》
 ・そして春風にささやいて
  祠堂学院の休日 8人のプリンスたち
  タクミ&ギイ 僕たちの関係

白城るた
【リヴィエル&タカミ】
 ・(1)「眠れない二人」
 ・(2)「彼の楽園」
 ・(3)「幸せのたまご」

天花寺悠
【悪魔な……】
 ・「悪魔なエゴイスト」
 ・「悪魔なスペシャリスト」

バーバラ片桐
 ・CD「束縛・懲罰委員会」

藤崎都
 ・シリーズ「恋愛トラップ」

真船るのあ
 ・CD「ごはんを食べよう6」
 ・シリーズ「うそつきなシンデレラ」
 ・恋人はピカレスク
 ・シリーズ「オープン・セサミ」
 ・ご主人さまは天使な悪魔
 ・やさしくだまして惑わせて
 ・咲きほこる蜜月
【ときめき古城ロマンス】
 ・シリーズ「ときめき古城ロマンス」
 ・「伯爵は愛にとまどう」
 ・CD「伯爵はラブゲームがお好き」
 ・CD「仮面侯爵に囚われて」

水島忍
【……も恋のうち】
 ・シリーズ「イヤもキライも恋のうち」
 ・ナイトタイムも恋のうち

水上ルイ
【豪華客船】
《原作》
 ・豪華客船で恋は始まる(4)
 ・豪華客船で恋は始まる(5)
 ・海の上でロマンスは始まる~豪華客船EX
《CD》
 ・CD「豪華客船で恋は始まる3」
 ・CD「豪華客船で恋は始まる4」
 ・CD「豪華客船で恋は始まる5」
【恋愛契約】
 ・シリーズ「ロマンティックな恋愛契約」
【ジュエリーデザイナー】
 ・とろけるジュエリーデザイナー
 ・CD「恋するジュエリーデザイナー」
 ・CD「彼とダイヤモンド」
 ・副社長はキスがお上手4
【恋の翼】
 ・恋の翼(1)-DEPARTURE
 ・恋の翼(2)-ARRIVAL
 ・恋の翼(3)-FAIR WIND
【その他】
 ・自動人形(オート・マタン)の恋
 ・誘惑の部屋に捕らわれて
 ・香港恋愛夜曲
  上海恋愛夜曲

森本あき
 ・森本あきさんの文庫2冊(^^;)
 ・森本あきさんの3冊目(^^;)♪
 ・森本あきさんの4冊目(^^;)
 ・花嫁を手に入れろ!!
【~カエデ荘物語~】
 ・いつも、きみのそばにいる
  ずっと、きみを愛してる

【更新:2008/05/10】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目次:<BLマンガ家一覧>

 続いてBLマンガ家一覧です☆

<BLマンガ家一覧>
○おおや和美
【タクミくん】
 ・「jealousy」
 ・「花散る夜にきみを想えば」
 ・「Pure」

北里千寿
【竜の遺言】
 ・
竜の遺言(9)
 ・竜の遺言(10)
 ・竜の遺言(11)~「Dolls」'浅葱×'天藍~
 ・竜の遺言(12)

こうじま奈月
 ・CD「幸せのLEVEL」
【優しいけれど意地悪で】
 ・シリーズ「優しいけれど意地悪で」
 ・優しいだけじゃ足りなくて
 ・護さんの憂鬱

佐久間智代
【天使×密造】
 ・
CD「天使×密造」
 ・天使×密造(3)
 ・天使×密造(4)

高城可奈
 ・嵐のデスティニィ third stage(2)

高永ひなこ
【恋する暴君】
 ・恋する暴君
 ・恋する暴君(2)
 ・恋する暴君(3)
 ・恋する暴君(4)
 ・CD「恋する暴君」
 ・CD「恋する暴君(2)」

剣解
【黒の騎士】
 ・黒の騎士
 ・黒の騎士(4)運命の手

中村春菊
【純情ロマンチカ】
 ・純情ロマンチカ
 ・純情ロマンチカ(7)、純愛エゴイスト

新田祐克
【春を抱いていた】
《原作》
 ・春を抱いていた(10)
 ・春を抱いていた(11)
 ・春を抱いていた(12)
 ・春を抱いていた(13)
《CD》
 ・CD「春を抱いていた6」
 ・CD「春を抱いていた7」
《OVA・冬の蝉》
 ・冬の蝉マキシCD【初回限定版】
 ・OVA「冬の蝉」第一巻~江戸恋唄~
 ・OVA「冬の蝉」第二巻~蝦夷戦記~
 ・OVA「冬の蝉」第三巻~東京悲話~

蓮川愛
 ・恋愛操作(2)
 ・CD「あなたの隣に座らせて」
  CD「恋愛操作」

森本秀
【G・DEFEND】
 ・G・DEFEND(25)
 ・G・DEFEND(26)
 ・G・DEFEND(27)
 ・G・DEFEND(28)
 ・G・DEFEND(29)
 ・G・DEFEND(30)
 ・G・DEFEND(31)
【アスタリスク】
 ・アスタリスク(1)
 ・アスタリスク(2)
 ・アスタリスク(3)
 ・アスタリスク(4)

【更新:2008/05/10】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目次:<その他エントリ一覧>

 BL以外の作家等のエントリ一覧です。
 う~ん、なんというかBL以外のものがこれだけって……(^^;)……やっぱ趣味が出てますねぇ。

<小説家一覧>
茅田砂胡
 ・茅田砂胡さんて凄い
 ・茅田砂胡さんのメイン作品シリーズ本リスト
【クラッシュ・ブレイズ】
《原作》
 ・1-嘆きのサイレン
 ・クラッシュ・ブレイズ2
 ・2-スペシャリストの誇り
 ・3-ヴェロニカの嵐
 ・4-パンドラの檻
 ・5-オンタロスの剣
 ・6-ソフィアの正餐会
 ・7-大峡谷のパピヨン
 ・8-ミラージュの罠
 ・9-夜の展覧会
 ・10-サイモンの災難
《コミック》
 ・コミック版「嘆きのサイレン(2)」
 ・コミック版「嘆きのサイレン(3)」
【レディ・ガンナー】
 ・レディ・ガンナーと二人の皇子(下)

喬林知
【今日からマのつく自由業!】
《原作》
 ・宝はマのつく土の中
 ・箱はマのつく水の底!
《NHK「今日からマ王!」第1部-第2部》
 ・「今日からマ王!」
 ・第58話「混沌の王」
 ・第59話「魔族、地球へ」
《NHK「今日からマ王!」第3部》
 ・(第1話)マ王、再び
 ・(第2話)マ王の条件
 ・(第3話)マ王の決意
 ・(第4話)グレタとユーラム
 ・(第5話)ライラの結婚

十月ユウ
【戒書封殺記】
 ・(1)~その本、持ち出しを禁ず~
 ・(2)~その本、触れることなかれ~
 ・(3)~その本、禁忌の扉に通ず~
 ・(4)~その本、開くことなかれ~

<コミック作家一覧>
杉浦志保
【SILVER DIAMOND】
 ・SILVER DIAMOND(5)
 ・SILVER DIAMOND(6)
 ・SILVER DIAMOND(7)
 ・SILVER DIAMOND(8)
 ・SILVER DIAMOND(9)
 ・SILVER DIAMOND(10)
 ・SILVER DIAMOND(11)
 ・SILVER DIAMOND(12)
 ・SILVER DIAMOND(13)

ひかわきょうこ
 ・お伽もよう綾にしき
 ・お伽もよう綾にしき(2)
 ・お伽もよう綾にしき(3)
 ・お伽もよう綾にしき(4)

○藤臣花恋
 ・HEARTの封印(2)
 ・HEARTの封印(3)


<その他一覧>
名探偵コナン
 ・名探偵コナン(51)
 ・名探偵コナン(52)
 ・名探偵コナン(54)
 ・映画「名探偵コナン『銀翼の奇術師』」
 ・映画「名探偵コナン『水平線上の陰謀』」
 ・DVD 「名探偵コナン『水平線上の陰謀』」
 ・映画「名探偵コナン『探偵たちの鎮魂歌』」
 ・DVD 「名探偵コナン シークレットファイル」

○電車男
 ・電車男(1)
 ・電車男(2)
 ・電車男(3)
 ・映画「電車男」


<イベント一覧>
○SF大会(2005)
 ・HAMACON2(自主)前夜祭
 ・HAMACON2(1日目)
 ・HAMACON2(2日目)
 ・HAMACON2(後泊)
 ・HAMACON2を振り返って

○SF大会(2006)
 ・ずんこん・プログレス3号到着!
 ・ずんこん受付で大事なこと
 ・旅のはじまりはじまり~♪
 ・歌うお座敷列車♪
 ・お座敷列車の中
 ・ずんこん1日目
 ・ずんこん2日目
 ・ずんこん・後泊その1
 ・2#瑞鳳殿
 ・3#出口の階段
 ・4#仙台城?青葉城?
 ・ずんこん・後泊その2
 ・ずんこん・後泊その2の夜
 ・ずんこん・後泊その3

○SF大会(2007)
 ・祭りの前日♪
 ・いよいよ出発♪
 ・Nippon2007☆1日目♪
 ・Nippon2007☆2日目♪
 ・Nippon2007☆3日目♪
 ・Nippon2007☆4日目♪
 ・Nippon2007☆5日目♪
 ・真っ赤なバイク♪
【更新:2008/05/10】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目次:<彩雲国>

 彩雲国関連のエントリ一覧です。
 多くなったので切り離しました(^^;)。

○彩雲国物語
《原作》
 ・(9)紅梅は夜に香る
 ・(10)緑風は刃のごとく
 ・(11)青嵐にゆれる月草
 ・(12)白虹は天をめざす
 ・(外伝)藍より出でて青
 ・(外伝)隣の百合は白
《コミック》
 ・彩雲国物語(1)
 ・彩雲国物語(2)
《アニメ・BS2彩雲国物語》
【第1部】
 ・(第5話)努力に勝る天才なし
 ・(第6話)画竜点睛を欠く
 ・(第7話)よく泳ぐ者は溺れる
 ・(第8話)猫の手も借りたい
 ・(第9話)千里の道も一歩から
 ・(第10話)待てば海路の日和あり
 ・(第11話)恋の病に薬なし
 ・(第12話)逃げるが勝ち
 ・(第13話)瓢箪から駒
 ・(第14話)石の上にも三年
 ・(第15話)親の心子知らず
 ・(第16話)渡る世間に鬼はない
 ・(第17話)藪をつついて蛇を出す
 ・(第18話)頭隠して尻隠さず
 ・(第19話)かわいい娘には旅をさせよ
 ・(第20話)枯れ木に花咲く
 ・(第21話)君子危うきに近寄らず
 ・(第22話)命あっての物種
 ・(第23話)旅は道連れ世は情け
 ・(第24話)寝耳に水
 ・(第25話)他人のそら似
 ・(第26話)闇夜の烏
 ・(第27話)花は折りたし梢は高し
 ・(第28話)案ずるより産むが易し
 ・(第29話)一日千秋の思い
 ・(第30話)女は度胸
 ・(第31話)掃きだめに鶴
 ・(第32話)女にも二言なし
 ・(第33話)覆水盆に返らず
 ・(第34話)毒をもって毒を制す
 ・(第35話)逢うは別れの始め
 ・(第36話)世はすべてこともなし
 ・(第37話)雨は天から、涙は目から
 ・(第38話)今日の後に今日なし
 ・(第39話)縁は異なもの味なもの
【第2部】
 ・(第1話)わが家に勝る所なし
 ・(第2話)泣くも笑うも同じ一生
 ・(第3話)類は友を呼ぶ
 ・(第4話)冬来りなば春遠からじ
 ・(第5話)愛は惜しみなく与う
 ・(第6話)青天の霹靂
 ・(第7話)一心岩をも透す
 ・(第8話)人事を尽くして天命を待つ
 ・(第9話)地獄で仏に会う
 ・(第10話)待ち人きたる
 ・(第11話)知らぬは亭主ばかりなり
 ・(第12話)義を見てせざるは勇なきなり
 ・(第13話)急いては事を仕損じる
 ・(第14話)虎穴に入る
 ・(第15話)一寸の光陰
 ・(第16話)風前のともし火
 ・(第17話)浮き沈み七度
 ・(第18話)日暮れて道遠し
 ・(第19話)捕らぬ狸の皮算用
 ・(第20話)暖簾に腕押し
 ・(第21話)蛙の子は蛙
 ・(第22話)獅子身中の虫
 ・(第23話)泣き面に蜂
 ・(第24話)情けは人のためならず
 ・(第25話)若いときの苦労は買ってもせよ
 ・(第26話)大賢は愚なるが如し
 ・(第27話)待たれる身より待つ身
 ・(第28話)桃栗三年柿八年
 ・(第29話)遠ざかる程想いが募る
 ・(第30話)鳴かぬ蛍が身を焦がす
 ・(第31話)身から出たさび
 ・(第32話)後ろ髪を引かれる
 ・(第33話)月日変われば気も変わる
 ・(第34話)藍より青し
 ・(第35話)危ない橋を渡る
 ・(第36話)人生いたる所に青山あり
 ・(第37話)目は心の鏡
 ・(第38話)刎頚の交わり
 ・(第39話)縁あれば千里
【彩雲国絵巻】
 ・絵巻I~後宮浪漫~
 ・絵巻II~王宮の陰謀~
 ・絵巻III~女人官吏誕生~
 ・絵巻IV~新人官吏の試練~
 ・絵巻V~茶州赴任~
 ・絵巻VI~茶家の陰謀~
 ・絵巻VII~交錯する思い~
 ・絵巻VIII~潰えた野望~
 ・絵巻IX~光と闇と~
【更新:2008/03/29】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/05

ご主人さまは天使な悪魔

ご主人さまは天使な悪魔ご主人さまは天使な悪魔
(真船るのあ/パレット文庫/小学館(2005/12/1))
※真船さんの他作品については、目次ページの「真船るのあ」さんをご覧ください。
 はいっ☆遅ればせですが、真船さんの新刊です。
「メガネを取ると別人28号」というのは、どんなジャンルでもお約束ですけど、この作品もその王道作品ですね。
 にしても、くすくす、定番なのに、ちっとも厭きないのはなぜでしょう(笑)。
 しかもインテリキチクサドメガネというのは、真船さんにとってツボ中のツボみたいです。
 今回は攻キャラですけど、この手の美形鬼畜サドは、真船ワールドでは受キャラでも定番です。
「ごはん」とか「ピカレスク」とか「オープン・セサミ」とか(笑)、か・な・ら・ず出てくるんですよね。
 そしてお約束のように、鬼畜サドのくせに当の本人は意外ともろくって、実は密かに相手役に振り回されている、と(笑)。
 でも、今回は今までに輪をかけて受クンにメタボロだったのにウケちゃいました(笑)。
 ラストシーンなんか特に、恋敵とは引き続き仲良しだ宣言されちゃってふてくされてうなだれてる感じが、まるでご主人さまに構ってもらえなくてすねてひねてるわんこみたい(爆)。
 あれじゃどっちがご主人さまなんだか~~?(^^;)
 でも、それでもラブラブなんだから、読んでいてたまりませんっ(笑)。

 というわけで、またも次回作がとってもとっても楽しみです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/03

DVD「名探偵コナン『水平線上の陰謀』」

名探偵コナン 劇場版<br />
 水平線上の陰謀(DVD)名探偵コナン 劇場版
水平線上の陰謀(DVD)

 ※映画公開時の感想についてはこちらをご覧ください☆
 今年のコナン映画版がDVDになりました。
 残念ながら楽天ショップには画像付き商品がありませんでしたので、画像なしです。
<2006/1/18 画像付きがありましたので差し替えました>

 で、改めて観たんですけど、、……うーん、やっぱりストーリー的にアラがパカスカ目立ちますね。
 映画公開時のエントリにも描きましたけど、何をまかり間違ったって、一度救命ボートに乗った乗客をボートから降ろしたりしません。
 だけど、降りてアレを探しに行かないと最後の展開にならない……。
 でも、あり得ないネタで感動出来なくしてるのは脚本のせいだと思うんですが。
 それと、犯人がとうとうと船長を追いつめるくだりのやりとり、水上バイクに乗ってるコナンには聞こえるはずがありません。
 もしかして、あのやりとり、毛利小五郎はずーっと隠れて聞いていたんでしょうか(^^;)。
 で、あの秘密アイテムのおかげで聞こえたと。なんか「話は聞いたよ」とゆー往年の名ぜりふが聞こえてきそうですが。
 だったら、聞こえてくる事に驚くシーンくらい加えてもよさそうなもんです。
 うーんうーんうーん……。
 やっぱり納得いかな~い!

 ラストですが、映画館同様、「次回は10thアニバーサリー」だとのミニショットがありました。
 やはりこういうのもDVDに入れてくれると嬉しいですよね。

 でも、次回作はせっかく10周年なんだから、展開が破綻しない内容にして欲しいものです……p(T^T)q

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/01

あけましておめでとうございます

 旧年中はお世話になりました~。本年もよろしくお願い申し上げます。

 写真は我が家のお雑煮です。
我が家のお雑煮
 根昆布と干し椎茸のお出汁(お醤油は不使用)に焼いた角もち、鈴広蒲鉾(850円(笑))、鳥肉と冷凍むきえびを煮込み、小松菜、三ッ葉、ゆずを散らしたもの。
 醤油でもみそでもないから、うち風としか言えませんね。

 描き上げた年賀状は35枚でした。
 けさ頂いた賀状で追加が8枚あることが判明。
 ……明日描きます(^^;)。
 正直、職場は省略したかった……(--;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »