« ウォーキービッツ♪ | トップページ | 富士見二丁目交響楽団
「センシティブな暴君の愛し方」 »

2005/12/11

タクミくんシリーズ
「jealousy」

 えー、今日は、原作より先にコミックのご紹介です。

jealousy ジェラシー<br />
~タクミくんシリーズ~jealousy ジェラシー
~タクミくんシリーズ~

(おおや和美・ごとうしのぶ/あすかコミックスCL-DX/角川書店/(2005/12/1))

【コミック版・既刊】
June pride
裸足のワルツ
季節はずれのカイダン
美貌のディテイル
 本当は原作をご紹介したいんですけど……、原作はBlog始めて以来、続きが出てないんです~(泣)。
 でも、ぜひぜひいつかはご紹介したいと思ってまして、コミックが出ましたので、まずはこちらを、と。
 原作シリーズも、そのうちゼッタイご紹介しますんで、よろしくお願いします。

 さて、今回の「jealousy」ですが、「美貌のディティル2」という副題がついてるように、実は半分が前巻の続き、なんですよね。
 ですんで、「美貌のディティル」を読んでないと、二人の馴れ初めも、託生君が泣いてるわけも、二人が別々にいるわけも、意味がわかりません☆
 というわけで、ゼヒゼヒ既刊はすべてお読み下さいねっ☆

「タクミくんシリーズ」は、私がBL小説に初めてハマった大元となった作品シリーズです。
 ちょっとだけ説明しておくと、最初は小JUNE掲載の単発読み切りでした。
「とある山の中腹にぽつんと立つ全寮制男子校、私立祠堂学院高等学校……」
 このフレーズで始まり、祠堂学院を舞台にお話が展開する、おそらく今「学園モノBL小説」と言われるすべての原点とも言えるのが、このシリーズです。
 ですからBLに興味を示した知人には、とにかくまず一番に「タクミくんシリーズ」を読むよう、お薦めしています☆

 雑誌掲載(&同人誌発行)時は、今とは違う(複数の)方が挿絵を描いてらしたんですが、ルビー文庫の前身であるスニーカー文庫で最初の1巻目(そして春風にささやいて)が出た時以降、ずっとおおや和美さんが挿絵を描いておられます。
 おおやさんは最初はルビー文庫の挿絵のみでしたが、雑誌に原作の1ページマンガ化という企画があり、今は本誌でコミック版を連載されています。それがまとめられたのが↑のコミックです。

 もちろんコミックはダイジェストなので、お薦めするには原作シリーズが一番なのですけれども。
 それでもコミックを先にお薦めするわけは、おおやさんのあの独特の色と透明感が、ものすごくタクミくんに合ってるからなんですよ~~っ☆
 だからコミックはメチャすてき~~~っ☆ なんか「彼らがで生で動いてる」って感じですっごく好きです。
 今や「タクミくん」は挿絵・コミック含め、おおやさん以外は考えられないです☆(実は他のマンガ家さんのがあるけど……(^^;))

 でも、おおやさん、実はこの「タクミくん」がBLマンガ作品としてはお初の作品、だったそうです。
 もともとタクミくんがスニーカー文庫で初めて商業誌文庫として出たとき、他にはBL小説文庫というジャンルはありませんでしたから。
 ごとうさんとおおやさんのお二人で商業誌BLの草分けとも言えると思います。

 あー、もうっ、理屈はともかく、とにかく、読んでみてくださいっ☆

|

« ウォーキービッツ♪ | トップページ | 富士見二丁目交響楽団
「センシティブな暴君の愛し方」 »

タクミくんシリーズ」カテゴリの記事

コメント

思い起こせば・・・。あなたがこれを私に紹介したのは、小説でもコミックスでもなく、ドラマCDでしたわよねぇ。

つー事は、今の私の散財の大元はあなたって事ですか。(笑)

投稿: おーにし | 2005/12/16 午後 07時01分

》おーにしさん

えーまぁ、おーにしさんの場合は元々は苦手なジャンルだったわけですから、いきなり読むよりもドラマCDの方が入りやすいかな~、と紹介したわけですけれども。

散財の大元……って言われても、別にそんなに沢山はご紹介してないですよ~? 入門編を幾つか(笑)ご紹介しただけだったと思うんですけど(^^;)。

実際、その他の私が知らない作品(^^;)まで当たるを幸いあんだけ網羅収集されてるのは正直凄いと思います……が、それはあくまでご自身が食指を動かされた結果なんじゃないでしょうか~?(笑)

それはやはり、ハマるべくしてハマられたわけでぇ~(笑)。
なにより面白いものに垣根はないと、実感していただけたと思いま~す(笑)。

投稿: 速水 | 2005/12/17 午前 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タクミくんシリーズ
「jealousy」
:

« ウォーキービッツ♪ | トップページ | 富士見二丁目交響楽団
「センシティブな暴君の愛し方」 »