« 真夜中の部屋で | トップページ | 黒の騎士 »

2005/10/04

甘い罪のささやき
ささやきはキケンな誘惑

【今日読んだ本】
<池戸裕子/リーフノベルズ/リーフ出版>
甘い罪のささやき
ささやきはキケンな誘惑
甘い罪のささやき
(2003/1/1))
ささやきはキケンな誘惑
(2003/2/15)

 今日のオススメ、作者の池戸さんはご贔屓作家のお一人なんですが、今日はちょっと趣向が凝らされた本をご紹介させて頂きます。
 この2冊、どちらもテーマは「主従関係」で、

「男と男の主従関係には愛がある    
(byいくしまみつぐ)

 2冊ともまさにそのとおりのお話です(^^;)。
 そしてどちらも単独で充分面白いんですけど、実は「表裏一体のお話」になってるんですよ。

 ……鏡に写る、もう一人の自分。鏡の中の世界で、もう一人の自分はいったい……?

 シチュエーションとしては、SFよりファンタジーに近いかな?
 設定も、片や現代(ビジネスマン)モノ、片や中世(騎士)王国モノですし。
 しかも、中世の方は白の皇子と黒騎士!☆というゴールデンカップル!(←死語かも(^^;))
 私は別にビジュアルにはこだわらない方なんですが、黒騎士(黒魔術師も(^^;))だけは特別です~~!!!!☆
 そのうえどっちも立場的に強いのは従者(?)の方、とくれば、もうツボ中のツボですっ☆p(^o^)q

 話の視点は主人公である王子(上司)の青年で、従者の行動にやきもきするんですが、その定番展開(笑)にもかかわらず、最後まで読んでいてハラハラドキドキしちゃいました。
 BLを読んでいてなにより楽しいのは、お話の面白さもさることながら、一番はこのハラハラドキドキ感のような気がします。
 読んでいてときめかない恋愛小説なんて、ありえないですもん。

 また、もともと池戸さんは可愛い話やロマンティックな話の多い方なのですが、今回の2冊はその中でもピカイチに可愛いお話に入ると思います。
 今回など、可愛いお話は学園モノに限らない、という、いい例なんじゃないかな?

 池戸さんの他の本についても、またご紹介したいと思ってますんで、どうぞお楽しみに☆

|

« 真夜中の部屋で | トップページ | 黒の騎士 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

BL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘い罪のささやき
ささやきはキケンな誘惑
:

« 真夜中の部屋で | トップページ | 黒の騎士 »