« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の記事

2005/09/27

恋人はピカレスク

 てなわけで(^^;)早速、真船さんのお薦め本です。

【今日読んだ本】
「恋人はピカレスク」
(真船るのあ著・蓮川愛挿画・花丸文庫)
恋人はピカレスク(3)恋人はピカレスク(3)
(2000/7/25)
恋人はピカレスク(1999/9/25)
恋人はピカレスク(2)(1999/12/25)
 ご覧の通り、ちょっと古い本です。でも、真船ワールドを満喫するにはオススメで~す☆

 さて、この本を読むけっこう前から、「ピカレスク」ってなんだろう? と思ってました。
 まぁ、辞書調べれば一発なんでしょうが、ついつい調べないままでいたら、2巻のあとがきに答が載ってまして(笑)。

 >ずばり、「悪漢、悪い人」という意味です。

 これ読んで、思わず「うん、確かに悪い人だ!(爆)」とこぶしを握ってしまいました(^^;)。

 だって、1巻のあとがき冒頭には、

 さて、ここで問題です。
 作中、天羽は何回能勢の事を「馬鹿」と言ったでしょうか?(笑)
 というクイズを出したくなるくらい、受が攻を罵っていましたが……(後略)
 と書いてあるくらいですからね~(^.^;)

 ここしばらくは主に可愛い主人公ばっかり書いてらっしゃる真船さんですが、本来は↑こーゆーのがメインだった方です(笑)。
 もちろん登場人物が意地(性格)が悪いのは、それなりに理由があるんです。で、そういう陰の理由をしっかりきっちり描かれるのが真船さんの面白さ、じゃないかと思っています。
 これは他作品でもデビュー作以降ずっと同じで、真船さんが私的に一番オススメ作家さんである理由です。

 しかもこの「恋人はピカレスク」は、「ごはんを食べよう」と世界がリンクしています。
 世界観だけじゃなく、「ごはん」の主演二人が実際にちょこっと出てきちゃったりします☆
 挿絵が違う方なのでイラストでは描かれませんが、どこで出てくるかは読んでみてのお楽しみ~~p(^o^)q♪

 が、しかし。今回真船さんをご紹介するにあたって楽天で既刊を検索したんですけど、真船さんの本って(特に過去のや単発は)ほとんど「在庫なし」な状態、なんですよね……(泣)
 かろうじてこのシリーズはありましたけど、3巻しか画像がない……orz
 ううっ、好きな本が「在庫なし」というのは悲しいなぁ……。
 いや、まぁ本当は、雨後の竹の子のこのジャンルでは、5年前に出た本の在庫がまだあること自体が凄い事なのかもしれません。
 ……マジで早いですもん。なくなるの(;_;)。出た時に買い逃したら最後、とんでもない苦労します、はい。
 それでもまだ数年前までならネットを彷徨えば買えたんですけど……今は殆どといっていいほどムリですね……。特に2000年以前の本は。
 え? そんな本を紹介するな?
 ……すみません……m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/26

リンクとトラックバック2

 2日続けて2件トラックバックがありましたが、消させて頂きました。

 当Blogのトラバスタンスについてはこちらのエントリで明記してあったんですがね……(-_-;)。
 なんとゆーか、ただトラバだけ打たれてもがっかりするだけなんですが。

 消した2件とも、私のBlogにわざわざトラバする理由が見当たりませんでした。もちろんどちらも私のBlogへの記述は一切なし! しかもうち1件は、ただ関連語句があるだけであとはアフィリと広告のみ。おまけにそれが初エントリで、本文が背景茶色で文字が黒という、広告目的としか思えないBlogでしたわ。

 ったく、無数にあるBlogのうち、なんで私んとこにトラバしたのか、まるきりわかりません。

 それとも最近はそういうのが当たり前なんでしょーか? マナーというより、最低限の礼儀は守って頂きたい、と思う私がおかしいのかな?
 だとしても、ここは私のBlogです。カウンタにもランキングにも興味ありません。
 今後も私的に納得いかないトラバは、遠慮会釈なく消させて頂きますのであしからず!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/24

シリーズ「うそつきなシンデレラ」

<童話シリーズ>
(真船るのあ著・こうじま奈月挿画)
うそつきなシンデレラ
いじっぱりなマーメイド
恋のトップシークレット
うそつきなシンデレラ
(花丸文庫(2002/11/25))
いじっぱりなマーメイド
(花丸文庫(2003/10/25))
恋のトップシークレット
(パレット文庫(2005/9/1))
※真船さんの他作品については「ごはんを食べよう」「ときめき古城ロマンス」をどーぞ☆
 あれ。こうしてみると、真船さんの本って、殆どエントリしてなかったかなぁ……(¨;)。

 まぁ、それはさておき、真船さんの童話ネタシリーズ3冊です(1冊だけ出版社が違うけど……)。
 シンデレラとマーメイド……童話の定番ですよね☆
 3冊目は出版社こそ違うものの同じこうじまさんの挿絵だし、なんといっても大好きな「あしながおじさん」なんで、強引ですがシリーズに加えてみました(^^;)。
 こういう本歌取りって、本歌がある分ともすれば軽くなったり途中で飽きたりしがちですけど、やはり真船さんはお上手ですね~。

 確か昔のノベルズあとがきで「友人に言い回しが古いと言われた」と書かれてましたけど、確かにそうかも、と思う事はよくあります。
 でもそのせいか、読んでいて「ん?(-"-;)」となるような言い回しは絶対ない方なので、安心して作品に浸っていられます♪
 ……余談になりますけど、好きな作家さんでも「脱兎の如く追いかける(「逃げ出す兎」の意味なんだから……)」とか「いた仕方ない(致し方ない)」とか、「コミニュケーション(「コミューン(仏)」が語源なのだけど……)」とか、平気で使う方、いるんですよね。
 いえ、一般人が誤用するのは構わないんですが、商業出版物ぐらいちゃんとチェックしてくれ~~~(泣)

 童話シリーズ自体はまだ続くようなので、楽しみですp(^o^)qワクワク

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/23

G・DEFEND(27)

【今日読んだコミック】:
G・DEFENDシリーズ<br />
G・DEFEND(27)G・DEFENDシリーズ
G・DEFEND(27)

(森本秀/ラキッシュ・コミックス/冬水社(2005/9/20))
 ※既存シリーズについては、「1~25巻」と「26巻」をドーゾ☆
 えー、「G・DEFEND」の新刊です☆ 「33rd 古の英雄」と「34rd 境界線」を収録。

「33rd 古の英雄」はいつものシリーズとちょっと違います
 ぶっちゃけ「仁獣芳烈伝(文庫版全7巻)」とのコラボ話がメインの巻、ですね(^^;)。
 ※「仁獣芳烈伝」についてはこちらをどーぞ☆

 にしても、何故あんなにチャイナ服が似合うの~~~?\(^o^)/>石川隊長
 実は森本さんは、ファンの贔屓目をもってしてもファッション面では絵が下手……とどこぞで言われてるようなんですが。
 でもねぇ、いくら掲載誌が同じだからって、葉芝さんあたりと比べられても……と私は思います。
 画風というか、絵の傾向が全然違うもん。それにそんなこと気にならないくらい話が面白い(のめり込みっ!)なんだからいーじゃないっ☆
 でもでも、今回のチャイナ服はいいっ☆

 にしてもまさか敵の魔物を某さんそっくりに持ってくるとは~~~~!!!(爆笑)
 魔物を見事にぶっ飛ばした岩瀬も、華麗に蹴りを入れた石川隊長も、日頃の欝憤がかな~りすっきりしたんじゃないでしょうか(^.^;)プププ。しっかり「私怨が……」と二人して言ってるし、ねぇ(笑)。
 また27巻のお楽しみは書き下ろし4コマの「副隊長のナゾ」でしょうp(^^)q。
 つか、副隊長、下の名前が「澪」って……(¨;)。私はどーしても真っ先に真田さんちの姪が浮かぶんですけど~~~(^^;)アノコハ「オンナノコ」ダッタンダケドナ……。

「34rd 境界線」はお城ちゃんのお話。登場当初に比べると、ずいぶん可愛くなりました(笑)。
 アレクになついてたのがちょっと不思議だったんだけど、今までの流れと今回の話でポムッとわかった感じ。
 うんうん、成長したんだねぇ(感慨深~~~~)。

 2話ともなんとなくインターバル的内容ですね。「光の標」が長くてちょっと重かったから、息抜きには丁度いいのかも。
 でも、インターバルが続くと、やっぱりまた濃い話が読みたくなったりしてね。
 だ・か・ら読むの、☆やめられない☆……んだよなぁ……(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「復葉翼理論」確立

超音速旅客機の騒音低減 東北大流体研が「復葉翼理論」確立

 現在、フランスと日本が共同で次世代超音速旅客機(SST)の開発をしていますが、復葉翼が騒音低減に繋がりそうだということらしいです。

 それにしても↑にはイメージイラストがあるんですが、どー見てもどっかでよーく見たような形状なのは、目の錯覚ですかしらん?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/20

カテリーナとリタ:台風の名前

 なんかまたアメリカで、台風についてニュースになっているようです。
 なんでもハリケーン「リタ」がフロリダに接近していて、ニューオリンズの一時帰宅が中断されたそうです。
 あまり大きな被害にならないといいんですけど……(今度はちゃんと逃げて欲しいなぁ……)。

 カテリーナもリタも、名前で台風を呼ぶというのは、日本では馴染みがありませんね。
 日本では台風は通常番号で呼びますが、実はちゃんとアジア名というのがありまして、2000年から各国が出した140の名前を順繰りに台風につける事になってます。

 ○台風の番号と名前(アジア名)
 ですから、こないだの14号は「137 ナービー(Nabi/韓国:蝶)」、15号は「138 カーヌン(Khanun/タイ:果物の名前、パラミツ)」の名前がついてます。もっとも、日本の天気予報などではあまり名前は出てきませんが。
 それにしても日本の名前……どうせ星座名にするのなら、もっと馴染みのある名前にすればいいのにぃ……。

 世界的には、日本のような番号式より名前式な国が多いようです。
 そして「カテリーナ」がニュースになったアメリカはもともと名前式です。
 しかも、どうやら毎年アルファベット順に名前を決めているようです。
 ※余談ですが、戦後アメリカに占領されていた時の日本は、台風は名前式で記録されていました(猛威を揮った「キャサリン台風」などがそうです)。

 ○Worldwide Tropical Cyclone Names
 これで見ると、2005年は、

ArleneBretCindy
DennisEmilyFranklin
GertHarveyIrene
JoseKatrinaLee
MariaNateOphelia
PhilippeRitaStan
TammyVinceWilma

 となっています。
 また、災害を起こした台風の名前は、「引退」することもあるようです。
 さすがにカテリーナは引退……なのでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/09/18

今日からマ王!第59話「魔族、地球へ」

 またもマ王ネタです(^^;)。(内容は公式サイトへどーぞ)

 地球でどこに出るのかと思ったら、渋谷家のお風呂……うーん、確かに前回ムラケンとおふろ入ってる時に飛ばされたんだから、考えてみれば当然の場所かぁ。地球から眞魔国へ出るのと違って、服も調達しなきゃなんないしね。つか、有利が眞魔国に行ってる間って、今までもあんまり時間経過ないみたいだしなぁ。
 しかし、夕飯がカレーだったのはどうなんだろう。3兄弟の口にはあったみたいだけど。特に長男はあのカレーが気に入ったみたい。
 そうそう、長男はファンシーショップに行ったりするんだろうか。さすがに暇ないか、やっぱ(^^;)。いや、通りすがりにコンビニでおまけつき菓子やドリンクにハマったりして~~~(笑)。

 次男と勝利……勝利が一人で次男にけんつくしてるのは、なんでなんだろう? うーむ。もしかして弟を取られた嫉妬?(^^;)
 それにしても勝利は両親にも都知事(笑)の跡を継ぐことの本当の意味を内緒にしてるのねー。てっきり知ってるのかと思ってたけど。

 猊下の魂を運んだDr.ロドリゲス、そういやそもそも彼は地球の魔王の配下なんだよなぁ……と見ていて実感しました。
 その彼がな~んか意味ありげ~~。予告で力使ってたけど、地球で使えるってことは、あれは法術かな? 石も持ってたし。
 だいたい地球魔王って、眞王の声を聴けるの? 聴けるんだろうね。でないと魔族が地球に来るコトなんて予測出来ないだろうし、準備も出来ないだろうし。
 原作じゃぁかな~~~~~~り長生きなヒトだけど、いったい幾つなんだか。

 そうだ、NYにおっぽり出されたギュンターはどーなるんでしょうね。眞王が両世界間の移動を管理してるんだから、あれも偶然ってことはありえないはずだけど。あぁ、かわいそーに……(棒読み(^^;))。ロドリゲスが日本に発つ前に会えるのかしらん?

 なんだかんだと、今回は伏線ばっかありありで、謎は増えるばっかり。またもや次回が待ち遠しいよぉ~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/17

「蒙古タンメン中本」本店

「蒙古タンメン中本」公式サイト
 http://moukotanmen-nakamoto.mactos.com/

 ※本店(東上線上板橋)・池袋・新宿・目黒とあります。

 唐突ではありますが、昨日、辛いラーメンで有名だという「蒙古タンメン中本・本店」に行ってきました。
 (辛い物がダメな某友人諸氏、この話題やだったらごめんね(^^;))

 さて、それは昨日の午後の事。
 せこせこと仕事で職場内をうろうろしていたら、通りすがりの席にいたK野さんが突然。

 K野「今日の帰りに中本に行くけど、どーする?」
 速水「(゚o゚)は?」

 地元ですから中本の名前は知ってます。行った事無かったけど。

 K野「俺も行くのは初めてなんだけどさ。S藤(♀)さんとS穴(♂)さんも行くって」
 速水「いーですけど、なんでまた突然? それに、こっからは遠いでしょ?」
    ※うちの職場は三田線沿線。中本本店は東上線脇。
 K野「大丈夫(^^)v今日は車で来てるから♪ノープロブレム」

 どうやら実態調査のために自前の車で出社したらしい(←……仕事なのに今日一日の駐車場代+ガス代は自腹よorz>K野さん)。
 なので、辛い物が平気な面々で行くことにしたのだという。
 ちなみに今回のメンツではS穴さんのみ行った事があるのだそうな。

 カレーや麻婆豆腐は辛口が好きな速水です。もちろん即承諾☆(^o^)/

 仕事が引けた(ぎりでお客が立て込み、20分残業した(-_-;))あとで、K野さんの車で(近所の公園駐車場に停車後)中本本店前に18時に到着。
 店内に入ると数人待ちの状態でした。噂では混んでると隣のコンビニ脇まで行列が出来るというから、空いてた方でしょう。

 入って真ん中の券売機で、私は迷わず店名の「蒙古タンメン」の食券を買いました。店内表示を見ると辛さは5段階での3にあたるようです。いきなり極辛はできませんからね。しかし、食券脇にポケットティッシュの山……マァ、ヒッスデショウケド(^^;)
 そのまま立って待つ事数分で席が空き、続いて「蒙古タンメン」が運ばれてきました。
 見た感じ、普通のラーメンより小振りのどんぶり。見た目は真っ赤ではなく赤茶って感じかな?
 そうそう、お隣が先に運ばれてきたのですが、漂ってくる匂いだけで辛そう☆でしたね♪
 またテーブルには大きな(直径高さともに10cm大)の一味唐辛子の入れ物があるんですが、さすがに初回ですから手は出しません(^^;)。

 まず口にしたのはスープです。確かに辛いですけど、旨味のある美味しい辛さでちゃんと飲めます。
 スープの後は麺と具に。名前はタンメンですが具は麻婆タンメンのようですね。豆腐がごろんと浮いてるし、野菜もよく煮込んであってスープが染みて茶色くなってます。
 麺はもちもちしていて、スープのこくと辛味に合ってました。辛いため勢いよくすすったりはちょっとムリでしたが、全くすすれないほどではなかったですね。ただかなり熱かった(私は猫舌(^^;))んで、口にすすりこんでは上を向いてはふはふ言いながら咀嚼しました。
 あぁ、麺の量は少なめでしたが、具が多いから、私には充分な量でした。
 食べていて、「この辛さを味わいながらゆっくり食べたいー」と思った。だからゆっくりゆっくり食べる(←速水の日常的比較(^^;))。

 お冷やを二度お代わりしつつ麺と具を食べ終わり、ティッシュのお世話になりながら、最後にスープを楽しみます。
 スープ単体で飲んでいても苦になりません。飲んでも飲んでも「うん、もう一口」って感じですね。もちろん口唇と歯のあたりは辛さで若干ひりひりしてますが。
 食べた結果ですけど、さすがにスープまで残さず完食とはいきませんでした。理由は、味や辛さよりお腹一杯になっちゃったからです(^^;)。
 でも、中本のマークの下までは飲んだから、こんなもんでしょう。
 うん、美味しかった~~~!\(^Q^)/まんぞくまんぞく☆

 けど実は、食べながら「山椒が欲しい!」と思ったのは、店を出てからこっそり同行者に言いました。
 麻婆豆腐の印象が強かったからですかしらん? バーミヤンで麻婆豆腐(辛口)食べると山椒がかかってますしね。
 また私自身、ふだんの料理でもみそ汁に山椒入れたりするからかなぁ?

 てなわけで、今回私が行ったのは本店ですが、帰ってからネットを見たところ、支(系列)店によって若干味が違うような印象を受けました。
 各支店を食べ歩いてみるのも面白いかも~☆(そのうちやろ~~っと)

 余談ですが、ふだん8時過ぎに夕飯を食べてるせいか、10時のニュースを見る頃にはお腹が空いてきちゃいました……。
 太っちゃうから麦茶がぶ飲みして誤魔化しましたわ……ふう(^へ^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/14

鍵のかたち
鍵のありか
週末の部屋で

 さて、プロフのお気に入りには載せていませんが、お気に入りの本です。

【今日読んだ本】
(きたざわ尋子著・Lee挿画・幻冬舎)
鍵のかたち鍵のありか週末の部屋で
鍵のかたち鍵のありか週末の部屋で
「鍵のかたち」と「鍵のありか」が本編(前後編)、「週末の部屋で」がその脇役主体の続編……て感じですね(^^;)

 実を言うときたざわさんは好きな作家さんの一人で、初期の商業誌はたぶんほとんど持ってるかな?
 ただ、ここ1年ほどは買わない本もありまして(食指が動かなかった)、そのためにプロフのお気に入りには載せてなかったんです。
 だから、この本も出た時に買った訳じゃなかったりします(^^;)。やはり店頭で他に買う本が無かったもんで(^^;)、正直Leeさんのイラストに惹かれてとりあえず買ってみたら……メチャツボだった……☆
 こーゆーことでコレクションって増えていくんですねぇ……(^^;)(^^;)

 ネタバレになっちゃいますけど、本編に出てきた「家の真ん中に樹が植えてある中庭のある家」とゆーのは、なんとなくいいなぁと思いました。
 ただ手入れはとても大変そうですね(^^;)。家の中だから虫はわかないかもしれないけど(いや、出るかな?)、水やりとか水はけちゃんとしないと木造部分とか傷みそうだし、家自体もかなり重そう……。
 伝聞ですが、屋上ガーデニングする場合、かなり基礎がしっかりしていないと、家が重みに耐えられないそうですもん。

 さて、このシリーズ(?)、新刊情報によると今月末に続編(真夜中の部屋で)が出るみたい。
 また「週末の部屋で」は11月にドラマCDが出るみたいです。楽しみ☆

 でも、なんで「週末」がCD化なのかなぁ? 「鍵の~」の方が完結してるし、話的には好きなんだけどなぁ、とちょっと(¨;)となってしまった私なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/11

電車男(3)

【今日読んだコミック】
電車男<br />
~ネット発、各駅停車のラブストーリー(3)電車男
~ネット発、各駅停車のラブストーリー(3)

(原秀則・中野独人/ヤングサンデーコミックス/小学館/(2005/9/5))

 いよいよ完結の「3巻」です(既刊については「電車男(1)」「電車男(2)」をどうぞ☆)。
 読み終わって、なんかほのぼのしちゃいました。
 実際、あの長くてシリアスと冗長とが玉石混合してた本を、よくここまでコンパクトにまとめたなぁ、と思います。
 原作自体、一気読みするにはさすがの私でもかなり時間かかりましたもんね~それをコミックで3冊にまとめちゃうんだから、凄い!
 この3巻の巻末に(完成記念ということなのか)舞台版電車男主演の武田真治との対談が載ってて、原さん自身「この厚い本(原作)をいかに削っていくか」とコメントしてますから、確かにそうでもしないとこれだけすっきりまとめるのはムリだったのでしょう。
 それでいて、過不足無く話が楽しめる。うーん、さすが!>原秀則

 そうそう、このコミック、1・2巻を同僚に貸したんですけど、なんかなじめなかったみたいです。
 内容というか、原さんの画風と展開に、かな?(^^;) 別にどうもしない、普通の少年マンガの画風&展開だと思うんだけど。
 (それともσ(^^;)が古いのか……?)
 でも、私に言わせると、立ち読みした他のマンガ版は(絵的にも、内容的にも)中味がスカスカでお話にならないくらいなんですけどね。
 少なくともキャラクター&内容的に一番原作に近いのが原秀則版だと私は思ってます。
 なぜって、他の本は数ページ開いただけで、原作とのギャップがひどすぎて本を閉じちゃいましたもん。

 ただ……原秀則版も欲を言えば、決戦の日の報告がなされた時の掲示板の毒男たちのAAやネタ台詞は活かして欲しかったなぁ……(笑)。
 だって、あれを読む限り電車男はけっこうなタフさだったもん。もちろんあの戦場のイメージをマンガに持ち込むと、マンガが作ってるイメージ自体が狂う可能性は多分にあるけど……できればなんかの形で活かして欲しかった……まぁ、欲張りですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/10

今日からマ王!第58話「混沌の王」

 たまにはTVの話題でも~……って、マ王ネタですけど(^^;)。
 詳しい内容は公式サイトを見て頂くとして~今日の感想。

 まず、アーダルベルトがいい人になってる(笑)。
 なんつーか角が取れましたね……。最後の捨て台詞がちょっとムリしてますけど。
 いい加減に有利の味方になった事を認めてしまえばいいものを~(^^;)。ま、あれだけの年のヒトだから、意固地になってんのかな?
 そしてまた今回も謎の台詞ばかり口にする猊下君。あの~~思わせぶりはやめちくれ~~(^^;)んなのは原作だけで沢山よっ!(涙)
 それに猊下ってば、魂だけだった時の記憶まであるんですか~~? 壜の中でコンラッドの台詞聞こえてたって……それ凄すぎなんですけど?(^^;) おまけになんでそれをこの時点で言った当人にバラすかなぁ……まぁ、彼も凹んでたから、檄になったとは思いましたけど。それにしても何故? なんか訳あり? どーしたって深読みしちゃうぞ?
 あぁ、それにしても本当に、もう完全にアニメ版は原作離れてますね。来週の予告見てびっくらこきました。
 次男と三男はともかく、なんで長男まで地球に出張してるんですかっ(笑)。いや、ギュンターは連れてけないでしょうが、なんで長男が地球に行くわけ? やっぱ鍵だから? う゛ーん?
 とゆーわけで、またも来週が待ち遠しい展開なのでした。
 ……最後に念のためにお願い。キツいシリアス展開は原作だけにして~~。お願い……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/09

シリーズ「優しいけれど意地悪で」

 やはりこうじまさん繋がりで、もう1本ご紹介☆

【今日読んだ本】
<優しいけれど意地悪で・シリーズ>
【原作コミック】
(こうじま奈月著・花音コミックス・芳文社)
優しいけれど意地悪で 強引だけど優しくて
【ドラマCD】
マリンエンターテイメント<br />
CD☆優しいけれど意地悪で☆ マリンエンターテイメント<br />
CD☆強引だけど優しくて~Forced but Sweet...~☆
 このドラマCDは、こうじまさんだからとなんとなく店頭で衝動買いした作品です(^^;)。
 しかも店頭で買ったのは「強引だけど優しくて」だったんで、つまり2巻を先に聴いたとゆー……(笑)>馬鹿>σ(^へ^;)
 実は買った時はそうと気づかず、聴いた時もやはり気づかず、かなりあとになって帯を見て(゚O゚;)となった……。

 だってだって、続編だと思わなかったのよ~~っ(T_T)。CD買った時点じゃまだ原作読んでなかったし、中味聴いただけでは続編だという感じしなかったし~~っっっ。
 聞き終わったとたん、当然ながらおっかけ追加で原作2冊とドラマCD1をネット発注で買いました(^^;)。
 今月末に原作コミック3冊目(優しいだけじゃ足りなくて)が出るらしいので、今から楽しみにしています。

 それにしても山口勝平さんて、……化け物?(笑)
 いや、ヘンな意味じゃなくて、マジでそう思っちゃう。
 禁句でしょうけど、御年幾つなの~~? けっこうなお年のはずなのに、未だに十代の受役が違和感なく出来るって、なんでっ!?(笑)
 まぁ、工藤新一や犬夜叉役(いずれも十代(^^;))演ってることを思えば、違和感なくてもおかしくはないのかもしれないけど(^^;)。
 既に20年前の作品である某「舞え!水仙花」に出てたときと声(演技)が変わってないのには……ただただ絶句するしかありません~~orz。

 相手役の子安さんだけど、彼はどうしてあぁイジワルなキャラが上手いんでしょうね?(笑)(勝平さんとは別の意味でこちらも不思議(^^;))
 「豪華客船シリーズ」のエンツォのような御曹司系も上手いですけど(^^;)。エンツォも「意地悪」ではなく「イジワル」なキャラなんだよね(笑)。
 やっぱ(声の?)個性かなぁ。ある意味アンジェリークのオリヴィエでもそんな感じだったし☆

 原作3冊目が出るなら、CDも3作目希望っ☆(^o^)/ 出るといいなぁ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/08

CD「幸せのLEVEL」

 えーと、こうじまさん繋がり、ってことで(^^;)。
 原作コミックは既に楽天では出てこないので、CDのみをご紹介~♪

【今日聴いたCD】
インターコミュニケーションCD☆幸せのLEVEL Part1☆ インターコミュニケーションCD☆幸せのLEVEL Part2☆ インターコミュニケーションCD☆幸せのLEVEL Part.3☆
 実はこのCD、キャストだけで買っちゃったものです(笑)。
 いやー、アニメイトで現物手にしてキャストが和彦さんだったもんで……go to the casher→¥チーン!(^^;)
 ……って、いつもこのパターンなんですが(^^;)。

 でも、動物病院の医師役、しかも、可愛い仔(子?)を猫っ可愛がりする獣医さん☆……うーん、すごく楽しそう(笑)>和彦さん
 だいたい受役(檜山さん)に大上段に怒鳴られまくる(^^;)ってのも、なかなかないでしょう。
 あ、ちなみに脇カップルが三木&小杉だったのは、別の意味で楽しかったですね(笑)。なんか懐かしいカップルを聴いたようで。
 懐かしいだけでなく、某作では三木さんに虐げられっぱなしだった(爆)小杉さんがこちらではやりこめまくってるのも、個人的に楽しかった☆ふふっ☆
 あぁでも、こーゆー楽しみ方って邪道、なのかしらん?(^.^;)

 この「幸せのLEVEL」、原作が入手不可……というより、実は原作は1冊しか出てません(^^;)。
 1冊だけなのにドラマCDは3枚出てる(笑)。
 ……というより、原作の続編がドラマCDで出てるんですよね(笑)。
 でも、出したくなった気はわかるような……できれば原作コミックでも続きを読みたいんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/06

CD「恋する暴君」

 3/8のエントリーで紹介した「恋する暴君」のドラマCDが出ました~♪

【今日聴いたCD】
CD☆恋する暴君☆CD☆恋する暴君☆
 内容については、↑エントリを確認して頂くとして~~。
 実は私、何故か巽兄を置鮎さんが演るんだとばっかり思い込んでました(笑)。
 ブツが届いて緑川さんだったんで「あれ?」(・o・;)。
 でも、緑川さんで正解! うーん、あの甲高い声(^^;)の巽兄はモロそのイメージまんまです☆
 ただ、ヘビースモーカーの巽兄って、あんな甲高い声かしらん? とふと思ってしまった。
 ただでさえ巽兄はこのCDでは怒鳴り叫びまくってて、「ノドにはあんまよくない」と緑川さん本人も仰ってるしぃ(^^;)。
 いや、受役ってもともとけっこうノドがキツイらしい(置鮎さん(By:フジミ)曰く)ですけどね。
 かててくわえて巽兄は怒鳴りまくり喚きまくりだから……。
 ケド、原作の巽兄の方がもっと乱暴者だったよーな気がする……のは、やっぱし気のせいだろうなぁ(笑)。

 森永役の鳥海さんは、緑川さんとは逆にふだん聞き慣れてない(手持ちのCDでは脇ばっかなんで印象が記憶にないm(_ _)m)方なので、最初ちょっとよくわかんなかった……ある意味イメージまんまなのかもしれませんが。
 でも鳥海さんの声の森永は、巽兄に似合ってました。ちょっと大人しめすぎるような気はしましたけど(^^;)、先入観なかった分、素直に聴いたんで、彼のキャラ的に合ってるなぁ、と聴けましたね。
 これで鳥海さんの声が森永に固定されちゃったりして(^^;)。……マァ、ソレハナイダロウガ。

 あぁそういや、巴役の宮田幸季さんは聴き慣れてるから違和感がなかった(^^;)。
 うーん。「チャレンジャーズ」も、ドラマCD化しないかなぁ~(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/05

シリーズ「ロマンティックな恋愛契約」

 9月の新刊案内をネットでチェックしたけれど、買いたいなーという本とCDの数はそれぞれ片手に余る……。うがーっ!p(`O´)q
 てなわけで今日読み返した、「豪華客船シリーズ」で紹介した水上ルイさんの別シリーズのご紹介です。
 ホントは水上さんはメインでご贔屓のシリーズがあるんですけど、最近、続きが出てないのでこっちで……。

【今日読んだシリーズ】
<恋愛契約シリーズ>水上ルイ著・こうじま奈月挿画・角川ルビー文庫
【原作】
ロマンティックな恋愛契約 ドラマティックな恋愛契約 エゴイスティックな恋愛契約 エキゾティックな恋愛契約 サディスティックな恋愛契約
【ドラマCD】
CD☆ロマンティックな恋愛契約☆ CD☆ドラマティックな恋愛契約☆
 お話の筋立ては、「恋愛契約」とあるように、弱みや境遇を盾に脅迫まがいに強引に恋愛契約を結ばされて……といったシチュエーションのシリーズです。
 でも、それは実は口実で本当は……というのはBLに限らず恋愛小説ではお約束ですね(^^;)。
 またこのシリーズは前巻の脇が次巻でのメインになって……というのもお約束です(笑)。
 もちろんシリーズとはいってもそれぞれ独立してる話だから、別々に読んでも楽しいですけどW。
 あ、1,2巻だけはそれぞれ同時系列の話なんで、これだけは続けて読むのがいいかも?

 しかし、よくこんだけカップリング世界が飛ぶなぁ、と思います(^^;)。
 1巻が「私立学園長と新入生の父兄(兄)」で、2巻が「同学園の教頭と新入生(弟)」、3・4巻が「2巻で弟君に振られたテニス部長と傷心旅行で出かけたバリ島のホテルオーナー」、5巻が「4巻でテニス部長君に言い寄った砂漠の富豪の御曹司とホテルオーナーの秘書室長」
 攻氏がエグゼクティブってのは、共通してますけど(笑)、だからって、こんなに飛ばなくても……(笑)。

 ドラマCDの方は、1・2巻分が出てまして、速水のお気に入りは2巻です~。
 なんでかとゆーとキャスト。1は岸雄大輔&子安武人、2が吉野裕行&一条和矢。
 一条さんがメインのCDって少ないんですよ~~。脇ではけっこうあるんですけどね。
 ドラマCDを集め始めた当初、一条さん主演のCDを数枚持っていてそれがとても(今でも)お気に入りなので、一条さんが主演のだと単純に嬉しいんですよ♪
 でも、最近は脇ばっかで寂しい~~。いや、「絆」は別格ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/04

宝はマのつく土の中!

【今日の本】:
宝はマのつく土の中宝はマのつく土の中!
(喬林知/ビーンズ文庫/角川書店/(2005/9/1))


 8/18のエントリーに書きましたように、マ王の新刊が出ました……。
 あれ? 禁忌の箱ってまだ2つしか眞魔国になかったんだっけ?
 あー「地の果て」と「風の終わり」があって……「凍土の劫火」と「鏡の水底」がまだなわけね。
 いや、ムラケンがなぜか未だに地球にいるのはいーんだけどさ。
 アニメじゃ小シマロンは簡単にスルーされてしまった(カリポニのあたりで)よーな気がするし……だいたいサラレギーって名前は出てたけど、声出してた……もとい、まともに喋ったことあったっけ?
 ……コンラッド、マジでどっちの味方なの?? 主って誰の事よ? あんたの主って誰なのよ~~~~~っっっっっ!!!
 それもとりあえずどーでもいーや。

 ……すいません。原作者サマ。
 お願いですから、お願いですから、あんなとこで切るの止めて下さいぃ~~~~っっっっ!!!(号泣p(T^T)q)
 
 アニメの方も、先週今週(第56話~第57話)となんか意味深なんですけど~~。
 グウェンダルは左目を押さえてるし、ヴォルフラムはふらふら呼び寄せられるし。
 初期から眞王とヴォルフラムはそっくりだとあったけど……もしかして眞王が現世に降臨する為の器……だったりしたら怒るゾ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »