« 「復葉翼理論」確立 | トップページ | シリーズ「うそつきなシンデレラ」 »

2005/09/23

G・DEFEND(27)

【今日読んだコミック】:
G・DEFENDシリーズ<br />
G・DEFEND(27)G・DEFENDシリーズ
G・DEFEND(27)

(森本秀/ラキッシュ・コミックス/冬水社(2005/9/20))
 ※既存シリーズについては、「1~25巻」と「26巻」をドーゾ☆
 えー、「G・DEFEND」の新刊です☆ 「33rd 古の英雄」と「34rd 境界線」を収録。

「33rd 古の英雄」はいつものシリーズとちょっと違います
 ぶっちゃけ「仁獣芳烈伝(文庫版全7巻)」とのコラボ話がメインの巻、ですね(^^;)。
 ※「仁獣芳烈伝」についてはこちらをどーぞ☆

 にしても、何故あんなにチャイナ服が似合うの~~~?\(^o^)/>石川隊長
 実は森本さんは、ファンの贔屓目をもってしてもファッション面では絵が下手……とどこぞで言われてるようなんですが。
 でもねぇ、いくら掲載誌が同じだからって、葉芝さんあたりと比べられても……と私は思います。
 画風というか、絵の傾向が全然違うもん。それにそんなこと気にならないくらい話が面白い(のめり込みっ!)なんだからいーじゃないっ☆
 でもでも、今回のチャイナ服はいいっ☆

 にしてもまさか敵の魔物を某さんそっくりに持ってくるとは~~~~!!!(爆笑)
 魔物を見事にぶっ飛ばした岩瀬も、華麗に蹴りを入れた石川隊長も、日頃の欝憤がかな~りすっきりしたんじゃないでしょうか(^.^;)プププ。しっかり「私怨が……」と二人して言ってるし、ねぇ(笑)。
 また27巻のお楽しみは書き下ろし4コマの「副隊長のナゾ」でしょうp(^^)q。
 つか、副隊長、下の名前が「澪」って……(¨;)。私はどーしても真っ先に真田さんちの姪が浮かぶんですけど~~~(^^;)アノコハ「オンナノコ」ダッタンダケドナ……。

「34rd 境界線」はお城ちゃんのお話。登場当初に比べると、ずいぶん可愛くなりました(笑)。
 アレクになついてたのがちょっと不思議だったんだけど、今までの流れと今回の話でポムッとわかった感じ。
 うんうん、成長したんだねぇ(感慨深~~~~)。

 2話ともなんとなくインターバル的内容ですね。「光の標」が長くてちょっと重かったから、息抜きには丁度いいのかも。
 でも、インターバルが続くと、やっぱりまた濃い話が読みたくなったりしてね。
 だ・か・ら読むの、☆やめられない☆……んだよなぁ……(^^;)。

|

« 「復葉翼理論」確立 | トップページ | シリーズ「うそつきなシンデレラ」 »

コミック」カテゴリの記事

BL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G・DEFEND(27):

« 「復葉翼理論」確立 | トップページ | シリーズ「うそつきなシンデレラ」 »