« マンガ嫌韓流 | トップページ | アメリカン・ヨーヨー »

2005/08/05

「好き」ということ

 今日の独り言は「好き」について。
 私はプロフに書いたように、幼児向けからアダルトまで面白ければなんでも読みます。まぁあまり頻繁に公言はしませんが。
 すると友人を除くとたいがい「なんでそんなもの読む(描く・書く)の?」(。・_・。)
 ……と言われてもねぇ。「好きだから」としか答えようがない(笑)。
 また「理解できない」と言われることもある(^^;)。
 そーゆー時は苦笑い。理解してもらう必要はないと思うから。そして二度と話題にしないだけですね。

 そーいやこないだの大会で、鋼鉄妖精の一部に(ち)と(ろ)の件で目を丸くされたけど、大番頭さんは「速水が昔から美少女ゲーム持ってたの知ってるから驚かない」だって(^^;)
 えーまぁ98時代からやってますからぁ♪

 昔といえば弟が就職する時、内定2社のどっちがいいだろう?と相談してきたことがあった。
「好きだと思える会社にするといい。好きに理屈や理由はない。好きな仕事(会社)なら何があっても続けられるし、苦にならないよ」
 そう言ったら、弟は悩みつつ今の会社に入った。大変そうだけど、楽しそうだし、プライドもってやってるよーだ。

 好きなものに理由はない。
 ただし、好きを理由に他人に迷惑かけるようなのには好きでいる資格も好きだと言う資格もない、と思う。
 それは「好きなものを好きでいるための権利と義務」なんだよね。うん。
 権利は押しつけてはいけない。義務をはたさずに権利はありえない。

|

« マンガ嫌韓流 | トップページ | アメリカン・ヨーヨー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「好き」ということ:

« マンガ嫌韓流 | トップページ | アメリカン・ヨーヨー »