« 茅田砂胡さんて凄い | トップページ | 映画「名探偵コナン『水平線上の陰謀』」 »

2005/04/30

茅田砂胡さんのメイン作品シリーズ本リスト

 未読の方からコメントをいただきましたので、とりあえず「茅田砂胡さんのメイン作品シリーズ本リスト」です。
 我ながら(^^;)Blogでここまでやるか? とは思いますが……(でも、紹介サイトへのリンクだけで終わらせたくなかったの~~)。
 最初はシリーズタイトルだけにしようと思ったんですが、それだと、楽天の検索で引っ掛からないんですよぉ(T^T)。なんでだっ!
 残念ながらアフィリエイトを貼るのはやめました……さすがに全部貼ったら重すぎたので(-_-;)。
 誠にお手数ですが、個々の巻の詳細につきましては、右サイドバーの楽天アフィリエイトで検索してみてください。

 初めに断っておくと、「桐原家の人々」はあえてわざと外してあります。
 あれはちょっとメイン作品とは世界観の傾向が少々違うと思うので……好きな作品ではあるんですけど。

 興味がおありの方は、まずは「デルフィニア戦記」の1~4巻をまずお読み下さい。群雄割拠の戦記ものです。
 中世の剣戟と騎馬戦争の世界、謀略で国を追われ、刺客に追われた王様がとある少女と出逢い……そして--。
 ……と4巻まで読んでみて面白いと思われたら、続いて5~18巻をお読み下さい。
 ※たいがいこのあたりで茅田ワールドにハマります(笑)。途中で止めようにも止まらなくなります(笑)。
 ※読了後で余裕があったら「王女グリンダ」を読むとよいでしょう。京極夏彦に勝るとも劣らない厚さですけど(^^;)。

 デルフィニアがお気に召したなら、続いて「スカーレット・ウィザード」「暁の天使たち」「クラッシュ・ブレイズ」「レディ・ガンナー」と読み進んで下さい。
 なぜかって? それは読んでのお楽しみp(^o^)q。
 くれぐれも、決してSFだからと「スカ・ウィ」を読み飛ばしてはダメですよ!(^^;)そんなことしたらもったいないお化けが出る上、後で絶っっっっっっ対後悔しますからっ♪(120%保証付きっ!)

 で、すべて読み終えると、あなたは、金銀黒ネズミ、ゴジラ、女王、海賊、怪獣夫婦、きらきら、けむけむ等々の言葉に含み笑いができるようになっているはずです。
 もしもそうなったら、「おめでとう!\(^o^)/ あなたは立派な茅田フリークです!(太鼓判)」(笑)。

【デルフィニア戦記】(群雄割拠の戦記もの)
1放浪の戦士(1993/10/25)
2黄金の戦女神(1993/11/25)
3白亜宮の陰影(1994/3/25)
4空漠の玉座(1994/6/25)
5異境の煌姫(1994/12/25)
6獅子の胎動(1995/3/25)
7コーラルの嵐(1995/7/25)
8風塵の群雄(1995/11/25)
9動乱の序章(1996/3/25)
10憂愁の妃将軍(1996/7/25)
11妖雲の舞曲(1996/11/25)
12ファロットの誘惑(1997/3/25)
13闘神たちの祝宴(1997/7/25)
14紅の喪章(1997/11/25)
15勝利への誘い(1998/3/25)
16伝説の終焉(1998/7/25)
17遙かなる星の流れに(上)(1998/11/25)
18遙かなる星の流れに(下)(1998/12/25)
王女グリンダ(大陸書房版の復刻)(1998/12/25)

【スカーレット・ウィザード】(SFハーレクイン・バイオレンス(笑))
1スカーレット・ウィザード1(1999/7/25)
2スカーレット・ウィザード2(1999/11/25)
3スカーレット・ウィザード3(2000/7/25)
4スカーレット・ウィザード4(2000/11/25)
5スカーレット・ウィザード5(2001/4/25)
6スカーレット・ウィザード外伝(2001/11/25)

【暁の天使たち】(金銀黒&……?)
1暁の天使たち(2002/3/25)
2神々の憂欝(2002/7/25)
3海賊王の帰還(2002/11/25)
4二人の眠り姫(2003/3/25)
5女王と海賊(2003/7/25)
6天使の舞闘会(2003/11/25)
外伝1舞闘会の華麗なる終演(2004/3/25)
外伝2天使たちの華劇(2004/7/25)

【クラッシュ・ブレイズ(続刊中)】(金銀黒と怪獣夫婦のSF学園もの……?)
1嘆きのサイレン(2004/11/25)
2スペシャリストの誇り(2005/3/25)

【レディ・ガンナー(続刊中)】
1レディ・ガンナーの冒険(2000/4/1)
2レディ・ガンナーの大追跡(上)(2002/1/1)
3レディ・ガンナーの大追跡(下)(2002/2/1)
4レディガンナーと宝石泥棒(2003/3/1)
5レディ・ガンナーと二人の皇子(上)(2004/3/1)
6レディ・ガンナーと二人の皇子(中)(2005/2/1)

|

« 茅田砂胡さんて凄い | トップページ | 映画「名探偵コナン『水平線上の陰謀』」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

茅田砂胡さんって前から興味はあるんですが、BLかどうかよくわからないので手が出せないでいます。BLでない作品があったら紹介してください。
むかーし(20代前半)知り合いに頼まれて、コミケでその手の本を買いにいってつらい目にあったせいで、BLとかヤオイとかjuneって鬼門なんです。その三つが違うもの(らしい)ってことは、何となくわかりますが……

投稿: なかむら | 2005/05/01 午後 10時40分

 ご安心ください。茅田さんの上記作品にBL作品はありません(笑)。
 てゆーかデビュー(桐原家)がルビーだったから誤解されてるかもしんないけど、時代設定上男娼がいない世界じゃありませんが、俗に言うところのBLテイストはひとかけらもありません。
 JUNEstの私が言うんだから確かです(笑)。

投稿: 速水 | 2005/05/02 午前 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茅田砂胡さんのメイン作品シリーズ本リスト:

« 茅田砂胡さんて凄い | トップページ | 映画「名探偵コナン『水平線上の陰謀』」 »