« FOMAのクリーニング | トップページ | モスバーガーに喫煙部屋 »

2005/03/27

「クラッシュ・ブレイズ2
-スペシャリストの誇り」

【今日読んだ本】:
スペシャリストの誇りスペシャリストの誇り
(茅田砂胡/C☆NOVELS/中央公論新社(2005/3/25))

 さて、発売日を過ぎましたので、あらためて感想です(^^)v。
 まず1話目。
 うーん。スペシャリスト……ではないけど、レティーとシェラの言い分を大人2人が理解出来なかった……というのが理解できなかった(^^;)。
 特にダンがいい線までわかってるのに理解出来ないっつーのがわかんない。
 ことが「犯罪」だってだけで別件と考えてるのが原因のような気はするけど。もしかして、たとえが悪かったのかしらん?
 ※以下はネタバレなんで、字の色を変えます
 たとえば、大きな魚(もしくは牛でも豚でも可)を小刀1本で捌く名料理人と、初めて包丁を持った小学生では、その切り口が違うのは当たり前だと思うんだよね。
 で、名料理人がその切り口を見れば、切り手の技を見抜けるのは当たり前、じゃないかと思うんだけど。
 あと、「凶器が同一なら斬った奴も一緒」って……。現代の警察だってそんな解釈するかしらん?
 男と女では切り口にかかる力の入り方が違うのは常識だったと思ったけど。うろ覚えだけど、有名な推理小説「オリエント急行殺人事件」にはこれに関するネタがあった気がするな。「同一の凶器でも犯人が別」は想像外の話じゃないはずだけど。

 ただ、もし女王と海賊があの場に同席してたら、あの2人なら一発でファロット達の言い分を理解出来ただろうと思う。間違いなく確実に。

 2話目。
 めいっっっっぱい傍迷惑な女優だよね、こりゃ(笑)。こんな個人的な理由でこーゆーことしていーのかなぁ?(^^;)
 確かに「力も金も人脈もある頭のいい美人」に逆らうものじゃないけど(笑)。でもねぇ、たとえば去年公開の「ハ○ルの○く○」だって、当初の公開予定を大幅に遅らされたせいで、各配給会社&劇場がかなりの被害が出たという噂(ニュース)を聞いた覚えがある。映画は年間で公開予定が決まっていて、年間スケジュールでまんべんなく興行収入が入るように予定立ててるわけで、あまりメイン作がぶつかっては、お客の食い合いになっちゃうでしょ? だから、現場や公開サイドへのかなり~の影響は避けられなかったんじゃないかと思うんだけど。
 でもそれもこれもぜーんぶクーアのせいで片付けちゃったんだろうなぁ(笑)。

 3話目。
 気持ちわかる~(笑)。すっごくわかる~(^^;)(^^;)
 いや、仕事でパソコン使ってると、コンピューターっていうのはおだててだまくらかして宥めすかして使うものだというのが、ほとほと身に染みる(^^;)。なんというか、時々、調教師になったような気分になることがあるんだなぁ、ハードでもソフトでも。
 もともと人間の手助けになるように作られてるはずなのに、使うこっちが配慮して使ってやらねばならぬという……(^^;)。
 だから「だまれ、このヘボ作!」「ちゃっちゃと動かんか、ボケ!」と頭の中で怒鳴ることはしょっちゅうなわけで。
 でも、STBは言葉が通じるだけ、まだマシだと思う。(当たり前だが)無言でフリーズされた時にゃ……文句もきかないもんなぁ。

 総評。
 何が物足りないって、もちろん、ダイアンの出番がなかったこと!(笑) 前回の影響がまだ残ってるのかなぁ。

 さてさて、というわけで、次の楽しみは7/25予定のコミックバージョン「嘆きのサイレン1」ですね。ホントに予定通り出るといいなあ(^^;)

|

« FOMAのクリーニング | トップページ | モスバーガーに喫煙部屋 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

第一話に関して。
以前、柳美里がNHKの十代・二十代の若者との討論番組で「何故人を殺したらいけないのか?」と訊かれて絶句し(その場では答えられず)、次回作をもって(よくわからない)回答をしたことがあった。
「自分は人に殺されたくない。だから自分は人を殺さない」と言った評論家もいた。
「何か違う」とずっと思っていたが、この作品を読んで腑に落ちた。
そうか。こんなに簡単なことだったんだ、と。

投稿: エディ | 2005/04/04 午後 02時06分

 確かに私も一読した時に「いい答だなぁ☆」と思ったんですが……。
 でもあれは、「あの状況」で「あーゆー奴」に言われた台詞だからこそ、理解されたのかもしんないと思った(-_-;)。
 あれと同じコトをTVなどで言ったとしても、
「法律~? ルール~? んなの守ってない奴なんてゴロゴロいんじゃん。オレらが聞いてんのは、なんで殺しちゃいけないかってことなんだよ。わかる~?」
 とあっさり返されそうな気がするのは、私だけ?

投稿: 速水 | 2005/04/08 午後 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「クラッシュ・ブレイズ2
-スペシャリストの誇り」
:

» スペシャリストの誇り [本の探検隊!
ブック・レンジャー plus]
>>> ★ 『スペシャリストの誇り (C・novels fantasia クラッ [続きを読む]

受信: 2005/03/31 午前 11時49分

» クラッシュ・ブレイズ スペシャリストの誇り [珠彩ぶっくす]
クラッシュ・ブレイズ スペシャリストの誇り茅田 砂胡 by G-Tools ものすごく茅田砂胡が表れている一冊だと思う。 この人らしいパワーにあふれて... [続きを読む]

受信: 2005/04/01 午後 11時16分

« FOMAのクリーニング | トップページ | モスバーガーに喫煙部屋 »